来談者中心療法

カール・ロジャーズの言葉の体験的理解

こちらはLine@によって、黒田明彦がほぼ毎日配信した、カウンセリングの神様、カール・ロジャーズの言葉についての検討のまとめです。

内容はほとんど来談者中心療法についての内容で、ロジャーズの言葉について黒田の体験的理解を書いています。

カール・ロジャーズの来談者中心療法について理解を深めたい人は読んでみてください。

Line@では現在もほぼ毎日無料で配信中です。

Line ID:@pxe1

もっとみる

「なりたいキャリアコンサルタント像」について考えてみる

自分の仕事を通じた自分のなりたい姿といったようなことを考えることは重要だと一般的によく言われる。現にキャリアコンサルタント養成講座修了時に講師でもある先生に「なりたいキャリアコンサルタント像をもつことが重要だ」という話を聞いた。もちろんそういったことを考えるのはキャリア支援に携わる者としてもつべきイメージなのかもしれない。

たとえば営業職ならどうな営業の人になりたいかや、職人ならどういった職人に

もっとみる

受容され共感されたら - C.ロジャーズ

臨床心理の大御所、カール・ロジャーズ。(他国の事情は知らんが)日本のカウンセラーはその多くが、非指示的カウンセリングや来談者中心療法に軸足を置くロジャリアンなんだとか。”人は自分の中に答えを持っている”というやつだ。どこかで聞いたことあるね。

でも、経済学部を卒業してビジネス畑に直行していたわたし、フロイトやユングは知っていたけれどロジャーズは名前も知らなかった。

そんな肝心な人ならばと思って

もっとみる