森蘭丸

朝、まどろみの中で魔王に呼ばれた。お館サマ、である。呼ばれたからにゃ、参じねばなるまい──へし切られぬ様、茶坊主の摺り足で本能寺へ。宝物殿に、主と共に散った小姓──蘭丸の佩刀が妖しく鎮座していた。[森蘭丸][森力丸]。背後の戦没者位牌に、彼らの名。脚色抜きのリアルに息を呑む。

信長家臣を紹介

今日は本能寺の変が起きた日という事で織田信長家臣を簡単ながら紹介します。

まずは織田家臣の美少年の森蘭丸のこと森成利!信長の小姓(一番身近で信長の世話。主に癒しを与える少年達)ちなみに蘭丸は三兄弟で皆、信長に仕えています。信長様の為なら例え火の中水の中。

言わずと知れた羽柴秀吉。いわゆる豊臣秀吉。農民の出だが信長に見出され大出世!あだ名は猿🐵顔の面白さは家臣一だぎゃ!

明智光秀。本能寺

もっとみる