あなたも年間30万円以上を損している!?

昨日は、ある社長とお会いしてきたのですが
衝撃が走りました!

2時間ほどの話し合いの結果、
また副業ファミリーメンバー(私のLINE@読者)に提供出来る
案件を増やせそうです!

これは絶対にやったほうがいい!

自分が「知らない」だけで
年間30万円以上を損している!?

もしくは知っていても、やってないだけで
あるチャンスを逃してしまっています!

もったいない・・・汗

30万円で10年だ

もっとみる

英語で一日一善 (と妄想)

車両故障で横須賀線は上下ともに東京折り返し。

東京で折り返しの鎌倉方面行きに乗ったら、乗ってた【白人美女5人】が座ったまま。

僕: Where are you guys going?
This is gonna head back...

美女: Oh...(thank you so much! You saved us! Let’s go have a drink!)

注: ()内

もっとみる

従来の道に進むのをやめた方が人生成功する件

みなさんこんにちは、ひいろです。

まずはこちらをご覧ください。

過去の僕は、従来の道を歩んでしまい成功の道から、遠ざかってしまいました。

当時20歳だったので、少なくとも2年間は有意義に使うことが出来た。(現在、22歳)

しかし、実際は無駄に思考停止をして従来の道を進んでしまい、残ったのは、ただのローンと知識だけ。

結果や実績なんて何も残りませんでした。

「いや、従来の道を進んでも成功

もっとみる

貯金は機会損失

貯金するメリットを感じない。

貯金して何になるのだろう。子供がいるなら話は別だが、独り身で貯金している人には、理解に苦しむ。1年かけてバイトしながら貯金し、海外留学のために‥、世界一周のために‥、起業のために‥ってさ。

お金を集める方法は多様化している。クラウドファンディング等、自らの労働以外の手段でお金を集めることは可能なのに。

ある友人は「何かあった時のため」と答えた。確かに、貯金によっ

もっとみる

準備×チャンス(機会)=転機

あなたの日常の一つひとつの細かい行動や、
ステップはすべて、

【転機】となり得るような
『変化』につながっています。

そして、

あなたの人生に『現実的な変化』を、

ダイナミックに起こしていくためには、

人生を変えるための【転機】を、

利用していく必要があります。

【転機】とは、

「機会」(チャンス)と、
『準備』が出会うことで、
生まれてきます。

「機会」(チャンス)というものは

もっとみる

【取り残される恐れと不安】「FOMO」は○○の卦

うつ病になったり、借金をしたり、損を出したり、現代のSNS病(FOMO addiction(依存))と言われ、株などの投資家も感じるもので、実は昔から人々が抱いてきた嫉妬や不安の感情、取り残される恐怖、機会損失・好機を逃すことへの恐れ・不安FOMO(Fear Of Missing Out)を易(易経)で読み解く。

もっとみる

トランプSurprise @大阪+板門店 -予想と結果の検証

東京、アジア市場が開いたので、事前予想に対してマーケットがどう動いたか検証してみよう。朝の取引は以下の通り。

ドル円             108.20   +0.30

日経平均                                 21,591.72  +315.80  (+1.48%)

KOSPI(韓国株式指数)             2,131.43      +0.81

もっとみる

自分もかわいい子だとやってしまいがちなんだけど、ナンパって無理な子はどう頑張っても無理なんだから、無駄に粘らず諦めた方が良いんだよね。

時間も労力も無駄だし、機会損失に繋がるから、初期段階で見極めるってめちゃめちゃ大事。

観察力と洞察力。

伝言 20190624

心から、でてきた言葉。
私には、ふさわしくない。
私でなく、他の誰かなら口にできる言葉かもしれない。

あげてみなければ、
何もうまれないと思いあげました。

害を被っている人が、
害を加えてくる者に、
打ち勝つことの出来る
武器(作品)が、うみだせたら良いのにと思います。

#正当性のない
#いじめ
#村八分
#ストーカー #犯罪
#戦争
#自殺
#餓死
に、追い込まれない
#人格権
#生存権

もっとみる
スキをしていただき、ありがとうございます。良くなりますように⤴
6

コーチング セッション#6

最近、新聞を読むようになった。
社会から置いていかれないようにするため、知性ある人でいるために世の中の動きを知っておくため。
それ自体は正しい行動だったと思うし、これからも社会の一員としてそれは続けていきたいと思っている。
メディアの言葉が正しいかどうかは、判断しなければいけないとわかってはいても、そのために必要な情報は膨大だから、ひとまずここから始めてみればいいのだろう。

今日はそんな前回の振

もっとみる