身を捧げて身を守るゼロサムゲーム。

正しいことはただ正しいだけで正解とは限らないという話。

学校でも家でも「正しい」と思われるようなことばかり教えてくれる。あの役割、この役割。そしてあなたの役割。
模範的な行動、素晴らしい習慣、世界が変わる視点、追いかける夢。
【あれ】も【これ】もダメで、【それ】は正しい。
正しいとされる理由も正しいをするべき理由も何も知らない。
けれどそれは正しいのだ。
ほとんど理由はなくて、ただただ正しくて目

もっとみる

会わない理由

この間、ある人と久方ぶりに再会した。
疎遠になった理由をすっかり忘れていたのだが会って1分もたたない間に思い出せた。
もの凄く真面目な人だから一緒にいると息苦しくなるのだ。
その人の真面目さは、そうじゃない相手(私)を圧倒する。
マイペースに脱線人生を送る私にはキツイものがあった。

その人は何故か私と同年代かつジャンルの違う有名人を引き合いに出して「まだまだよ」と叱咤激励してきた。
あまりにトン

もっとみる
感謝の気持ちでいっぱいでございます✨
18

補足【正義自体が暴走】 ~「善・悪・正しい・正しくない」の観念で人が狂う時。それらの観念を、争いの元凶に「させてしまっている」人間。~

タイトル通り、昨日の記事の補足です。

「正義が暴走している」という言葉があるのですが、昨日の記事の通り、「正義」とはそういうこと(自然界に必ず存在するものではない、人間が作り出した観念)なので、正義そのものが「暴走」していると言えるのです。

「暴走」、この言葉、元々の意味自体には、正義という観念とセットにできる意味は無いのですが、「まともな状態ではない」を表している言葉で、それを表す為くっつけ

もっとみる
ありがとうございます

「善・悪・正しい・正しくない」の観念で人が狂う時。それらの観念を、争いの元凶に「させてしまっている」人間。

「善」も「悪」も「正しい」「正しくない」も、人間の「誰か」が作り出した「観念」。

ご存じの通り、どれも、状況に左右されます。

例えば、

「殴る」という行為は、「怒り」という感情任せに行われると、「悪」【正しくない】とされます。

しかし、ボクシングの試合では、積極的に行わなければ「悪(ダメ)」【正しくない】とされます。

どちらも殴る対象は「人間」、行為だけで見ればどちらも「殴る」という手段

もっとみる
ありがとうございます

今、NHKのあさイチで、発達障害について、やっています。発達障害のトリセツ。知識です。情報になります。習得になります。学びになります。

これからも、頑張って発信していきます‼︎
2

もう「ごめんなさい」しか言えなくなった

ぴよ🐥です!今日もありがとうございます(^_^)

最近、周りに同じことを言われてるなぁと思います。言い回しや言い方は違うんですが、言いたいことは一緒なんですね。言われることとは、「自分中心」ということ。ある時は、元彼に「自分、自分、自分ってそんなんじゃ一生相手のことなんて思えないよ」と言ってもらい。またある時は、母親に「そんな自分が世界の中心みたいな人と誰も結婚したいと思わないから」と言っても

もっとみる
いつも応援ありがとうございます(^_^)
3

”正しさ”の角が取れるとき。

「正しい」とか「正義」って、何かとげとげしいイメージがありますよね。
なぜなら、何かを正しいって決めるとき、他の選択肢は正しくないってなるから。自分の意見を表明するとき、他人と違った場合に軋轢が生じるから。

それでも、どの観点から”正しさ”を求めるかで、生き方も、印象も、変わっていくのかなと思いました。

ー・-・-・-

「The TEAM 5つの法則」によると、人間のモチベーションには以下の

もっとみる
愛なき時代に生まれたわけじゃない / 斉藤和義.
10

ぼくと正義の話をしよう

正しいって何でしょう?

正しいって言う言葉、英語ではJustice(正義)と言う単語になります。
この正しいと言う言葉は、英語で言うJusticeと同じなのでしょうか?

「正義」について、イギリスの著名な裁判官であるデニング卿は次のように語っています。

「わたしは、正義とは何か、の問題を尋ねてみる。この問題は、わたしや諸君よりもずっと賢明な多くの人びとによって尋ねられてきたが、いまだ一人とし

もっとみる

💮「正しさ」は時に人を傷つける刃にもなる 「正しさ」とどのように付き合っていったらいいか【BOOK・美女の正体/下村一善】

美女の正体
下村 一善
集英社文庫

◇私の母は完璧主義だ。
何でも完璧にこなすことができるひとだ。
そのために常に努力をできる人だ。

それは本当に凄いことだと、心から思っている。
「完璧」なことって凄く美しいから、誰もがそうありたいと願ったことはあると思う。
でも、そのための努力は大変だし面倒なこと。多くの人が怠け心に負けてしまったという経験をしたことがあるのではないだろうか。
それに負けない

もっとみる

「苦労を乗り越えたらいいことがある」って言う人いますよね。

でも、実は「苦労」すること自体、間違っているんです。

正しい努力の時は、やっていて自分も楽しいし、周りも認めてくれます。