「ま・ご・わ・や・さ・し・い 『わ』」

今日は「わ」 ⇒ ワカメをはじめとする藻類です。

実は日本以外の国では、海藻を食べる国は非常に少ないそうです。

そう考えると、日本では、
海苔は日常的にいただくし、
ワカメもよく食卓にのぼるし、
そもそも出汁は昆布でとるし、
ホントによくいただきますよね。

ほかにも、ひじき、もずく、海ブドウなど、美味しいものたくさん!

ざっとうちのキッチンを見ても、トップ画像に載せた、羅臼昆布、鳴門の糸ワ

もっとみる

「脂肪が激やせ」 海の宝石"フコキサンチン"

ダイエット(痩せる)にもいろいろな手法があります。
中でも、画期的なメタボな私たちのぽっこりお腹の脂肪細胞をグ~ンと小さくして、お腹をスリムにさせる方法が大人気。

 脂肪細胞には3種類あります。
①白色脂肪
 アブラ(カロリー)をため込み、メタボになるとガンや病気、認知症などの原因となります。
②褐色脂肪
 自身が発熱して、足らなければ白色脂肪を燃焼させて、脂肪細胞は小さくなります。
 高齢化と

もっとみる

『エチカ』 〜 涙の種

前回までのお話しはコチラ▶『エチカ』〜 シャークの森  
            ▶『エチカ』〜 FLY!FLY!FLY!
            ▶『エチカ』〜 空間と体は切り離されてはいない
            ▶『エチカ』~ 運命
            

::::::

「エチカよ、エチカ。目覚めるのです。あなたにはまだやることがあるのですよ」

白い光だけの世界に抱かれているような

もっとみる

新潟のうどん

日本橋室町にある
新潟県のアンテナショップ
「BRIDGE NIIGATA」
に行きました
 
「小千谷つるりうどん」
を買いました
小麦粉に
新潟産米粉と海藻を混ぜ
つるつる・もちもち感をだしているとのこと
http://www.niigataojiya.com/product/384
 
味というか食感は
うどんというより冷や麦です
 
小千谷は
「小千谷縮(おぢやちぢみ)」という
麻を原料と

もっとみる

海藻麹完成

先日投稿した海藻に麹菌をつけて、海藻麹を作るチャレンジ。

開発者の指導を仰ぎながら、これを邪魔者とされる海藻の活用の一方で、海の中では海藻が減り続け、それらを餌に繁殖するあわびやウニが減っている現実と向き合い、もう一度海洋資源と海の環境を見直すチャンスにしようと教えていただいています。

基本的に海藻ならなんでも大丈夫。

焼き海苔に麹菌をつけたのが4日前。

https://note.mu/m

もっとみる

菌活 海藻麹という新ジャンル

海藻麹の作り方を習いに行きました。

米麹は蒸したお米に麹菌を生やさせますが、最近は様々なものに生やすのが流行しており、今回は海藻に生やす方法です。

ハカリとお湯と海藻と種麹を準備します。

そして、きっちりと材料をはかり袋に海藻と種麹をカサ増ししたものを入れて綺麗に混ぜる。

お湯を加えてかき混ぜる。

うちに帰ったら湿度と温度に気をつけながら3日間加温する。

講座はここまで。

もっとみる

【ダイエット情報】脂肪細胞を小さくする方法

ダイエットの方法は様々であらゆる方面から痩身をして健康、美容に役立てようと注目されている。
その中で、ある食品を摂って、体内の中性脂肪の脂肪細胞を小さくする方法が注目されている。

太っている人と痩せている人の脂肪細胞

太っている人と痩せている人では、体内の脂肪細胞の大きさが違うと言われています。
下記写真はそれぞれの脂肪細胞の写真です。

ご覧頂いたように、脂肪細胞の大きさが違うのです。
この

もっとみる

ダイエット中でも罪悪感ゼロ!メカブのお吸い物|いろはレシピ

夜に食べても罪悪感なし。
今が旬のメカブのお吸い物。めちゃ簡単です。

メカブはいま旬で、スーパーでも、いろんな産地のものが並んでいますね。
今回のメニューは、我が家のヘビロテメニュー。
ここ2週間毎朝と、夜中にお腹が空いたときに食べています。

ヘルシーで、美味しくて、ほっとする味です。

<作り方>

イ)お椀に材料全て入れたら出来上がり

<材料 (1人前)>

・めかぶ 1パック
・いろは

もっとみる