瀬戸内国際芸術祭で鬼ヶ島(女木島)に住んでみた~島あるある5発~

2019年8月は瀬戸内国際芸術祭の夏会期真っ盛り。

瀬戸内国際芸術祭参考リンク:https://setouchi-artfest.jp/

思いきって夏休みをいただき、東京を飛び出して女木島で過ごすことにした。普段は都心で働き、生活している私の視点から、10日間の島生活を通して見えてきたあるある5選をここに提示してみる。

1. 良い意味でゆるい。笑

東京の朝の満員電車に乗っている人たちと比べ

もっとみる

vol.03 私が『はじめての1人旅』に出た理由

こんにちは、海外かぶれ大学生りりーです。
お久しぶりです。

前回の記事を書いてからすぐにパソコンが壊れてしまい、書けずに1ヶ月経ってしまいました💧

すると、私が初めて海外に足を踏み入れた旅 ウラジオストク編の記事を書く前に、次の旅に出てしまいました。

今、私は1人旅の終わりの電車の中でこの記事を書いています。

え?!女が1人旅?
と思われた方もいるかもしれません。

実際私が「1人旅に出

もっとみる

O(お仕事したくない)L(レディ)、瀬戸内国際芸術祭へいく

O(沖縄のほうが逆に涼しいのではないかと思う)L(レディ)、略してOLです。私は実家を出た時から、私の知っている涼しい夏は死んだものと思って暮らしています。

ところで瀬戸内国際芸術祭に行ってきたのでそのお話をしますね。
正確に言うと春会期と夏会期の間だったんだけど、行ったということにしてください。

関西に行くことになったとき「瀬戸内国際芸術祭に行けるじゃん!」と友達に教えてもらってから絶対に行

もっとみる

【たまに旅】直島と瀬戸芸

初めての直島。初めての瀬戸内国際芸術祭。
新たなアートと体験で、魅力を発見した直島のことを備忘録をかねて。

■「赤かぼちゃ」のお出迎え

高松港から宮浦港までフェリーで約50分。港に到着して下船しようとした。窓から外の景色を観ると、そこには草間彌生さんの「赤かぼちゃ」があった。

パンフレットや色々なメディアで「赤かぼちゃ」を見ていたので、『やっと会えたね』とどことなく懐かしく、ワクワクして写真

もっとみる

アリクイのブローチを作りました!

ブローチに新しくアリクイが
仲間入りしました。

春から瀬戸内国際芸術祭の
公式ショップにある
瀬ト内工芸ズ。のコーナーで
ポストカードやブローチを
お取り扱い頂いていたのですが
好評なので新しい種類があれば
とのお話になり作ってみました。

なかなか可愛くできて
作っていて楽しかったです。

瀬戸内国際芸術祭の
公式ショップにて販売中です◎

〈瀬戸内国際芸術祭2019公式ショッ

もっとみる

瀬戸内国際芸術祭

2泊3日で瀬戸内国際芸術祭に行ってきました。それぞれの島の特徴を紹介します。たまに暮らしも妄想しながら。

*直島

宮浦港に到着してそこからはバス移動。

空家が沢山あるけど人が暮らしている気配は感じられる島。家カフェと称してコーヒーや軽い軽食を出してるお家もちらほら。趣味と仕事の狭間かな。地方の観光地であれば空間と食べ物に少し工夫を凝らすだけで、期間限定でお仕事できるかも!という想像を掻き立て

もっとみる

ばいばい、瀬戸内

こんばんは。先ほどの続きですね。今は高松空港から成田に向かう飛行機の中で記事を書いていました。ジェットスターにWifiが入るのはしばらくかかりそうですね。ネット環境がなくてすることがなかったので記事を書いていました。すごく集中できて、成田に着く前にこの記事を書き終えてしまいました。今は京成線に乗って東松戸に向かっています。東松戸から武蔵野線で一本で最寄りまで向かうことができます。

 そうそうベネ

もっとみる

22歳、364日目

こんにちは。今、高松のサンマルクでこの記事を書いている。1時間前にフェリーで直島から高松に上陸した。2か月振りの高松。

 朝はセミがとにかく鳴いている。そんな直島の朝を迎えている。

 今日から8月。8月に入ると夏休みもあとわずかだなって感じていた高校時代。20日から学校で夏期講習が始まっていたから実質20日なわけで。まあ、そんなことはどうでもいいのです。むしろ来週から大学で夏期スクーリング(夏

もっとみる

直島へ

先日瀬戸内国際芸術祭開催中の直島へ行ってきました

フェリー内部

毎日異常な暑さです。とても日中ぶらぶらはできないので朝一番の便でフェリーに乗りました。さすがに6時だと人もまばらです。

島の美術館には以前に入ったことがあるので今回はただ散歩撮影だけです。

島に渡ってすぐのころはまだよかったのですが8時ころには暑くなってきて

10時前にははうはうのていで撤退いたしました。

もっとみる

第二回 今週の直島紹介

第2回目も赤かぼちゃと同じ宮浦港エリアから
今回紹介するのは、銭湯「I♥湯」。読み方はたぶんあいらぶゆ。場所はここ

宮浦港で船を降りてまっすぐ歩いたところのたこ焼き屋らへんから細い道で中に入るとそこにある。周辺の建物がごちゃごちゃしていて見つけにくかったりするが、ここだけ南国っぽい木が生えてるからそれが目印

「I♥湯」はその見た目からわかるように、建物全体がアート作品となっている。アート作品な

もっとみる