「秋の子」という歌で思い出すこと

童謡、唱歌を歌う講座の中で
「秋の子」のリクエストがありました。
サトウハチローさんの詩で、いろいろなことを思い出しました。
(残念ながらここには歌詞は載せられませんが....)
それについて、受講生の方ともお話をしましたが
歌は一瞬にして子どものときのあの時間に連れて行ってくれるのです。
たとえば
この歌の中では、子ども達が自分の背の高さより高いすすきの中を歩いている様子
川につり糸をたれて、魚

もっとみる

本当は怖い童謡 「いちかけにかけ」

祖母から教えてもらった手遊び歌ですが、明るい曲調の中に、西郷隆盛のお墓参りや幽霊がでてくる不思議な歌だと思っていました。童謡よりも、「一かけ二かけて 私は必殺仕事人」の時代劇の語りとして、覚えていらっしゃる方がおおいかもしれません。この歌が作られた背景を調べてみました。

四かけて五かけて橋をかけ

一かけ二かけ 三かけて 
四かけて五かけて 橋をかけ 
橋の欄干 手を腰に はるか向こうを眺めれば

もっとみる
00:00 | 00:30

去年の夏、奥田民生さんがYouTubeでやっていた「カンタンカンタビレ」という動画を見ていたら自分も宅録をしたくなり、それから所ジョージさんがこれもYouTubeに公開している「最近の唄」というのを聞いていたら、こんな風に自由に音楽を楽しみたいと思い、そんな事もあり、家でMacのGaragebandを用いてこんなのを作って遊んでました。
それが高じて結局オリジナルアルバムを作るに至ったのであります

もっとみる

本当は怖い童謡 「かごめかごめ」の謎

怖い童謡の代表格といえば、かごめかごめ。この歌の裏側には、どんなメッセージが隠されているのでしょうか。

籠の中の鳥

 童謡にはなぜか、遊女をにおわせるものが多くあります。「とおりゃんせ」、「はないちもんめ」、「指切りげんまん」しかり。持論ですが、童謡は遊郭で育てられる童女たちが誰かに習い、広まったからではないかと考えています。

かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 
夜明けの晩に 鶴と

もっとみる

ポリーちゃんのおにんぎょさん

ポリーちゃんのおにんぎょさん
びょうきになっちゃった
くるしい くるしい くるしい

だからポリーちゃんおいしゃをよんだ
はやく はやく はやくきて

おいしゃさまはやってきた
ぼうしをかぶってかばんをもって
とびらをたたく
こん こん こん

おにんぎょさんをみたおいしゃさま
くびをふってポリーちゃんにいうには
「ポリーさん すぐにベッドでやすませて
あげてください」

おいしゃ

もっとみる

むすんでひらいて!!

いつも当ブログを訪問くださり

ありがとうございます。

先日来から氣になってた

伊勢の父と呼ばれた

中山康雄先生の

対談DVDがようやく見つかった

その中の全てを

シェアできる物量ではないので

少しだけいつでも読み返すために

ここに残させていただきました

 やっぱり自分が

「みたま」

によって生かされている

そこを忘れないことだね

人間には意識と無意識ってあるでしょう

もっとみる

私の備忘録としてのメモ。
詩、作った歌、人生の中で感動したエピソードをこれから少しずつでもnoteに投稿していきたい。私が生きた証を、何か残したいから。

#備忘録 #詩 #童謡

探しています

キャンセルが出て、残席1ございます。
聴きに来て下さる方を探しています。

会場のBar THIRD STONE(梅田) さんのサイトです。
http://www.third-stone.jp/

大阪メトロ谷町線 中崎町駅 ③番出口より
徒歩約3分です。

シャンソン、カンツォーネ、歌曲、童謡、歌謡曲、オリジナル曲、朗読…
歌の師匠 辻野満理先生の「音羽優璃なんでも歌いますやな~w!」という教育

もっとみる

カレーの歌

ヒロシのカレーの歌 

カレーとかけまして 世の中とく そのこころは 世知辛いです(笑)


音楽も
料理も
愛情☆

gomatoyou

ヤマサキ ヒロシ

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(01:43)は購入後に視聴できます。

大好きなごまを
梅雨っぽく
歌いました☆