筋肉のほぐし方

首の痛みは、骨盤から来るメカニズム

「何回施術しても、首がスッキリしない人」や「交通事故でむち打ちしてから、寝違いをよくするようになった人」っていますよね。

けど、頚椎の矯正を覚えて施術しても、その場でスッキリしてもまた元に戻ってしまう。胸をひらけば首の可動域は広がるから、大胸筋や小胸筋を柔らかくして良くなったと思っても、また元どおり。

で、新しいセミナーにバカスカ時間とお金を使ってきました。

それで出会った膜や筋膜という組織

もっとみる

痛めない身体の作り方2

一生使える身体のためのメンテナンス方法です。基本は日々の生活の中で使わない筋肉たちを動かすこと。背中の筋肉をほぐしていきます。

仰向けになるのは、床との接触で背中を感じて欲しいから。意識できるようになれば、立っていてもできる運動です。

背中上部の筋肉のほぐし方

もっとみる

痛めない身体の作り方1

パフォーマンスをするにしても、長く笑顔で生きるにしても、日々の身体の使い方とメンテナンスが大切なのは同じです。

人は自分の思考のクセで体を使います。それは使い方のクセとなり、身体のクセになっていきます。どこかでリセットする機会を得ないとクセはどんどん酷くなってやがて痛みや損傷となって現れるのです。

自分の思考の中で物事を見ていますから、一人で解決は出来ません。必ず第三の視点が必要になります。自

もっとみる

無料公開中。ダイエット。1分でできるセルフ体操。

たった半年で-30㎏、1年で合計-50㎏のダイエットに成功した方法を無料公開中。

また、腰痛や膝痛、肩こりなどの原因も簡単解決する無料セルフ体操も無料公開中。

YouTubeでみる。

<今さら人には聞けないそもそも話⑤>老廃物ってなに??

「体の中を老廃物が…」「老廃物を排泄することで…」

セラピストの世界では「老廃物」という言葉を使う機会が多くあります。

しかしながら「実際に老廃物って何なの?」と聞かれると、意外とよくわかっていないケースが目立ちます。

皆さんはいかがですか?

今回は「老廃物」についてまとめてみようと思います。

<老廃物って何?>

もっとみる

超・強圧を求める人への対応方法

「もっと強く揉んでほしい!」「もっと、もっと、もっと。。!」

セラピストとして仕事をしていると、一定の割合でこういったお客様をお見かけする機会があると思います。

きっと今このnoteを読んでいる皆さんも「強圧対応」で悩まされたご経験があるのではないでしょうか?

今回は「強圧」をテーマにして原因と対策をまとめていこうと思います。

<どうして人は超・強圧を好むようになるのか>

もっとみる
スキありがとうございます!お役に立ててとても嬉しいです^^
15

<今さら人には聞けないそもそも話②>筋肉のコリとハリって何が違うの?

セラピストとして仕事をしていると、ふと「そもそも論」に行き着くことがあります。

それはお客様との何気ない会話の一部であったり、後輩からの純粋な質問であったりするケースも多いでしょう。

なんとなく知ったつもりになっている情報も、パッと聞かれた時に簡潔に答えることができるか…といわれると意外と難しいのが現実です。

今回は「今さら人には聞けないそもそも話」の第2弾として「筋肉のコリとハリ」について

もっとみる
スキありがとうございます!お役に立ててとても嬉しいです^^
8

<あるある疑問>どっちの筋肉をケアするのが正解…?

ふと、こんな疑問を抱いたことはありませんか?

「デスクワークで猫背気味のお客さま。首〜背中のこわばった筋肉に対してはストレッチをかけるべき?かけないべき?」

…意味がわかるでしょうか?

要するに、日常の中で”伸ばされる負荷”がかかっている部位に対して、さらに伸ばす刺激を加えるのは是か非か…というお話です。

いろんな現場にいっても、意外と理解できていない人が多いので、今回はこのことについて考

もっとみる

<+αテクニック>筋肉を伸ばしながらほぐす?縮めながらほぐす?

「なかなかほぐれてくれないなぁ」「もっと効果的に筋肉をゆるめる方法はないかなぁ」

そんな悩みをお持ちのセラピストは数多くいると思います。

今回は筋肉をゆるめるための「+αテクニック」を紹介していきたいと思います。

<筋肉をゆるめる基本スキル>

まず筋肉をゆるめるための基本スキルは、以下の3点です。

もっとみる

前屈動作ができないのはどうして?

皆さんは前屈動作ができますか?

(子供ならともかく)大人になると立った状態から床に指がつかない…という人もたくさんいると思います。

「体がカタイですねぇ。。」

その言葉で済んでしまう方(納得してしまう方)は、ぜひUターンして他の記事をお読みください。

今回の記事は

「どうして硬いんだろう?どこの筋肉が原因になっているんだろう?」

という疑問を持つちょっと”ひねくれた人”を対象にして書い

もっとみる