離職の意思を持つ社員への対応①

僕の知り合いにも、会社の代表としてやっている人や個人事業主、管理職と様々な立場でやっている人がいます。

その中で相談もよく受けるのですが、

退職願いや届を出してきた社員を食い止めたくて

「考え直してくれないか?」とお願いしても、なかなか留まってくれる人はいない。どうしたら良いものか?

と相談を受けました。

僕も一言で終わりにしました。

「無理だね!」

「考え直さないでしょ。普通」

もっとみる

管理職の不思議

プロジェクトの進捗とかで

報告会議のときだけ
焦る管理職困ります

進んでいないもの
進めてなさそうなものの
お尻を叩くのもそっちの仕事なのに

進んでいないのは管理不足もあるはず
そこの責任がない感じがするから
上司の方が暇そうに見えるのかね

お尻を叩くのも難しい
やる気も能力もない人間を動かせるなら
自分のことなんか完璧にコントロールしてるよね

それも困難なのに人をコントロールして
上手

もっとみる

「女性活躍」という言葉が、いつか無くなる日。

昨日、庁内で始まった検討会を傍聴した。
役所の検討会は、民間等の有識者や学識経験者の方々に委員として参画いただき数回にわたって議論、最終的に政策提言をまとめていただくというもの。うちの庁内だけでも、年間を通じて何本もの検討会が走る。

私たちは、そのようにまとめていただいた提言をもとに、新たな政策立案をしたり、それに関連する予算折衝を行ったりする。

今回のテーマは、「観光分野における女性活躍推進

もっとみる

既成概念にとらわれない!?最強採用戦略

思い込み、決めつけ、先入観をすべて取り払う

人事界隈でいわれている格言やいろいろな思い込み、決めつけ、先入観ををすべて取り払う勇気はありますか?

ほとんどの人事、経営者がそのことを捨てられないだろう。

なぜなら、自分たちの経験からモノゴトを判断することしかできず、新しい方法へ移行するというのはリスクを伴うからだ。

石の上にも三年ということ、新米はいつまでたっても新米、技術を教えることはない

もっとみる

マネジメントしている人に聞きたいこと

職場における「評価」というコトバについて最近考えることがしばしばあります。

そこでもしこれを読んでいるあなたが何らかの組織においてリーダーもしくはマネージャーの方に質問してみたいことがあります。

もしTwitterをやっている方がいらっしゃいましたら、上記のアンケートに回答いただけると嬉しいです!

あえて日々の現場で行うフィードバックのような「評価」を指すのか、
人事考課・賞与査定に関連する

もっとみる

平和主義って実はことなかれ主義のこと?

「わたし平和主義なんです。」

これはある部署の係長の発言。その部署には問題のある主任がいた。

 主任は感情の起伏が激しく、機嫌が悪い時は他のメンバーに対して怒鳴ったり、嫌味を言ったりしていた。
 その部署に所属している人はほとんどこの主任の被害にあっていたが、トップである課長は『臭いものに蓋をする精神』で、問題に向き合っていなかった。
 だから、みんな諦めモードで主任の機嫌を伺いながら仕事をす

もっとみる

昇進したい人は2つのことを意識しよう

昇進したい人は、今の時代どれぐらいいるのだろうか。

昇進するには、競争に勝つ必要がある。

もちろん、競争に巻き込まれず不変の価値を用意するテクニックもある。

それでも、少ない席を取り合うわけだから、それなりに苦労もある。

管理職のことは管理職に聞くのが一番はやい。

それでも、なかなか先輩をさて置いて抜け駆けしにくい人もいるだろう。

もちろん、管理職になっている人でも、

営業の延長でな

もっとみる

上を狙う人たちが休日にしていること

お盆休みも後半に突入。

台風の影響で、自宅で過ごす人も多いだろうか。

せっかく自宅で過ごすのだから、

テレビを観るのもいいけど、少しだけ勉強してみるともっといい。

上を狙う人たちは、妥協をしない人が多い。

できるだけの準備を整え、成果を最大化する努力を惜しまない。

もちろん、本人たちは成果を出すのが楽しいので努力とも思っていない。

(全員ではないと思うけど、僕の場合はそう)

趣味で

もっとみる

管理職で営業力以上に求められるもの

最近、管理職の人たちと話をしていると、

プレイングマネージャーのまま何年も働いている人がいる。

もちろん、今の時代、中間管理職は忙しいのが売りなのかもしれない。

でも、もっと上にいきたい人はちゃんと管理職の勉強をしたほうがいい。

営業から昇進して管理職になる人が間違えるのは、

営業の延長で管理職をすること。

営業の延長なら営業のリーダーとして活躍すればよくて、

管理職になる必要はない

もっとみる

選択と集中

世の中そんなに器用な人は多くない。
あれもこれもと複雑にいくつも同時にはこなせない。
結果を出せない人の多くが枝葉末節の話をする。
枝葉末節の枝葉について、「あーでもない」「こーでもない」と議論している。
そして、それが何となくやっている風にもなってしまう。
その結果、集中力が途切れて、パフォーマンスが落ちる。
同時にいくつものことが考え切れないので、それぞれが疎かになってしまう。
その為、まずは

もっとみる