致景

NovelJam’ [dash] 2019 著者参加:ポートフォリオ

NovelJam’ [dash] 2019 著者参加となりました。嬉しいです。

今回は著者としてアピールすべく、ポートフォリオを作成しました。

◆noveldays

全部9月に書きました。

テーマ:【嘘】, リベンジ, 茨城県
狂った歯車(4,103文字)
https://novel.daysneo.com/works/616347e022889a583417baff972f9c6a.ht

もっとみる
おすすめの南インド料理のお店:東池袋A-RAJ
20

夢見草

20歳最後の日。愛する人に連れられ公園へ行った。

待っていたのは、夢のように美しく愛らしい桜だった。穢れを知らない純潔の小さな蕾が、柔らかい桃色の花びらを一生懸命広げていた。

愛する人は、「桜は心を穏やかにしてくれるね。お前はこの時期に生まれたんだよ。だから見せたかったんだ!」と言った。

けれど、私は希望に満ちたその花が、風が吹くたびに脆く儚く散って行くのが、今隣にいる貴方が風の吹くと居なく

もっとみる

2時間サスペンス

オットのお母さんは、サスペンスドラマが大好きだ。全国を舞台にし、その土地の景勝地や名物を紹介しつつストーリーが展開し、犯人が崖っぷちに追い詰められていく。あのパターン化したドラマを楽しみに待っている。そんなに謎解きが好きなのかと思っていたら、どうやらそうではないらしい。

「行ったことのないところがテレビに映るやろ。それが楽しみなんよ。」
だったらサスペンスものでなくても、旅番組は山ほどあるし、自

もっとみる
q( ^ ^ )p ありがとう!
12

光、浮き出る影

夕日に照らされ黄金色に輝く雲間だったり

なんとも言えぬ青や藍が混じった海の水平線だったり

この上なく素晴らしい景色、というものは人の心を打つけれど

そうではなくて、ふとした瞬間に心をつかまれる時がある

旅の目的地ではない その途中で

家族で山城跡を見に行こうかと歩みを進め、山道に続くアスファルトが光と影と苔でなんとも言えぬ美しく思わずシャッターを切った

手前の柔らかい影と奥の強い陰影と

もっとみる
次も押して頂けるように頑張ります~
2

致景

「宇宙になんて行きたくない」と、彼女は笑う。
僕は行きたかった。いや、君と行きたい。
自分が片時も離れないこの星から離れるなんて、すごいロマンじゃないか。

「この星に両足をつけて見つけるロマンもあるでしょ」

僕は間違っているのかな。子どもなのかな。
「地球は青かった」って言ってみたい。
自分がその瞬間変わるような感動が欲しい。

ふてくされた僕を、彼女は初めて彼女の実家がある港町に連れて行った

もっとみる
今くださった「スキ」に、私がニヤニヤしましたよ……。
9

営み

見渡す限りに苔むした土地の上を、真っ直ぐな道がどこまでも延びている。
遠くに見える、もはやよく分からない高さにせり上がった大地からは、雪から溶け出た水が霧とともにスローモーションで流れ落ちている。

目の前は、ひたすらその繰り返し。
何一つ同じではない自然と、それに抗った、この土地に生きる人々の意思。

行かなきゃ、と呼ばれるように旅をすることがある。
そういう時は大概、何かを確かめたいと感じてい

もっとみる
棒アイスの当たる確立は2%と決められているそうです。
21

旅する日本語まとめ-エッセイとショートショート覚書-

旅する日本語、コンプリートしました。

noteで今年も「#旅する日本語」投稿コンテストを開催します。

ぶりぶりこさんと、
「これ、参加してみませんか?」
「書きました」
「ぜんぶ行っちゃいます」
みたいなノリで始めたのです。

対象作品は、400文字までのエッセイ、ショートストーリー、写真です。「旅する日本語展」で使われている、旅にまつわる美しい日本語を用いて、作品を制作してください。

テー

もっとみる
そろそろ、手相が変わる時期です。
6

タンザナイト・ブルー

私は美しいものが好きだ。

美しいものに触れるとき、

私が美しいものになったように感じる。

今、私の心にある美しい思い出の致景に触れてみる。

その瞬間、蒼く輝きを放つタンザナイトの世界へと導かれていくのを全身で感じる。

とあるアフリカの島に、日本語教師として赴任していた頃の話。

希望に満ちた眼でみる空はどこまでも高く澄み渡り、海は燦然と水面を輝かせていた。日本から遠く離れたアフリカの島で

もっとみる