蝶形骨

脳は氷柱のようなものを作りながら、頭部を分断する蝶形骨の上にちょこんと御坐す。
そこにあるのが下垂体。脳が処理した全ての情報のログが送られ、そのログに合わせ内分泌をコントロールするのが仕事です。
だから下垂体も蝶形骨も大事なんですね!

#脳 #下垂体 #蝶形骨 #ホルモン

19822_ 鎖骨について

1.骨

①:骨についてウィキペディアより引用です。

骨(ほね、英:bone)は、脊椎動物において骨格を構成する、リン酸カルシウムを多分に含んだ硬い組織。特に軟骨(cartilage)などと明確に区別する場合には硬骨とも呼ばれる。

動物体内での骨の機能は多岐にわたり、体の保護や姿勢の維持、筋肉を用いた運動のほかに、栄養の貯蔵や、血球を産生する場としての役割も持っている。ヒトの大人の体には、大小

もっとみる

19811_腎臓と耳たぶと神門と仙骨と

1.腎臓

①:以下のサイトより引用です。http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/201102/homeclinic.html

腎臓は腰の上の背中側に、左右ひとつずつある、ソラマメ型をした臓器。握りこぶしほどの大きさです。その主な役割は、血液中にたまった老廃物を身体の外に排出することです。では、腎臓に障害が起きると、私たちの身体に、どんな

もっとみる

しかし、鼻の通りも良くなったのは何故かしら? 特段不調とは思っていなかったのですけれど。

こうなると副鼻腔炎を疑ってしまうなあ。
鼻うがいを検討中。
精製水もあるし、生理食塩水つくってやってみようかしらん。

蝶形骨を少しずつ、じりじりじわじわと様子とMステを見ながら調整していたら、いつの間にか体温が上がった。

ぽかぽか。ありがたい。