要件定義

要件定義の失敗例

ディレクター、プロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダーを目指す人に向けに、業務工程を噛み砕いて発信しています。

前回の記事に続き「要件定義」がテーマですが、今回は失敗例を紹介していきます。

1.要件定義工数が見積りに含まなかった

デザインやプログラム開発する工数だけを見積りに入れており、要件定義にかかる工数をスケジュールにも見積書にも含んでいない…という初歩的なミスです。

「発注します

もっとみる

アプリ・システム開発における「要件定義」をフワっと知る

ディレクター、プロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダーを目指す人に向けに、業務工程を噛み砕いて発信しています。

業務工程の一覧はこちらの記事にあります。

今回のテーマは「要件定義」という業務について説明します。

1.要件定義って何?

何やら難しそうな単語ですよね。

堅い系の領域の人から怒られそうですが、、
ここでは簡単に言い表す事をモットーにしたいので一言で表すならば、

「こういう

もっとみる

[Puppeteer] mm botを作ろう、、と思って挫折しているあなたへ (01:要求はまとまらない)

要求はまとまらない

前回のまとめ的な部分に「要求をまとめよう」って書いておいて、今回のタイトルを見て「言ってることが違うだろ!」って怒った方もいるのではないでしょうか。

別に炎上商法にするつもりはないのですが、実は「要求をまとめる」も合っていて、「要求はまとまらない」も合っています。

かつて日本のソフトウェア企業がメインフレームで活躍していたころのソフトウェア開発手法の主流は

ウォーターフ

もっとみる

モデルベース要件定義手法RDRAの紹介

モデルベースの要件定義手法であるRDRAのワークショップに参加しました。

自社におけるアプリケーション開発の組織的品質向上を計る上で、ベースとする標準手法を模索していた折、アクティアの高崎さんのTweetをきっかけにこのRDRAを知りました。書籍を紐解いた第一印象で、複雑すぎず簡易すぎず、うちの組織と相性が良さそうに思い、まずは使ってみるべしと私が担当しているある社内PJで適用を開始しました。今

もっとみる

競馬キュレーションサイトを作るよ!#3

前回、開催レース情報と対象記事について調べ、どこから何のデータを取得するか決めました。
が、JRAのサイトをよくよく調べてみると、出走馬が公開されるのは金曜だと分かりました。
競馬メディアは1週間以上前から記事を出しています。
G1などの注目レースもっと前の2週間前からです。
こちらとしてもできるだけ早く開催レース情報を取得しておきたい。

というわけで、開催レース情報はJRAから取得するのをやめ

もっとみる

業務要件を引き出す方法は、当たり前のことを深く実施すること!

SEとしてもっとも楽しくてクリエイティブな工程は「システム化要件定義」ではないでしょうか。私はこんなに想定外のことが起こる工程は他にはないと思います。

本題に入る前に、言葉の定義を整理しておきます。

業務要件:業務として「こんなことをやりたい」というもの
システム化要件:業務要件をどうやってシステム化するかというもの

何が想定外として起こるかというと「業務要件が正確に出てこない」ことです。

もっとみる

できないことほど、捉えにくい

最近このツィートをみてハッとした。

否定より肯定。できないことより、できることのほうが捉えやすいんだって。むかし、社会心理学かなにかの書籍で読んだ。捉えにくいうえ、できない状態は想像したくない。「できる」と思っていたい。

心の声ならいいとして、相手がいる相談や検討でも同じでいいのかな。時と場合によって、よくないような気がする。自分なりに反証してみたい。

「できる」と話せて「できない」と話せな

もっとみる

エンジニアは"設計"ができてなんぼ

結論

ITエンジニアは設計ができないと上にいけない。給料的にも役職的に。

社会人3年目で気づいたこと

新卒でSES企業に入って、某Sierに常駐して3年目の春から転職しようと思っていました。

理由の一つに設計構築したい思いがあったから。これまでは設計書をもらって仕様通りに構築や開発を行ってきた。そして運用と。

おそらくエンジニアとして入社して、最初の数年はこうやって経験をつむパターンが多

もっとみる

要件定義書の考え方

※以下、箇条書きとなります。

要件定義書

毎度書いてるのでテンプレートをここに書き起こします、ご自由にご利用ください。

はじめに

誰が何をどのように求めているのか、これをまずは整理してみます。
要件定義書=5W1Hを語るドキュメントです。
下記をご参考までに。

もっとみる

子どもの名前を考えたときのこと

キラキラネームが話題になってから、ユニークな名前を聞いても以前ほど驚かなくなった。どんなものか調べて目に止まったのは

バクソウジャー…いや、これはないな。

いつか親になると決まったら、我が子が一生使うかもしれない名前付けがはじまる。チラホラと改名する方もいたりして、その人生で支障のある名前は避けたい。こんな大きなこと、どう決めたらいいんだ???

デザイン思考っぽいアプローチ

自分がはじめて

もっとみる