いじめを乗り越えた話①

トラウマ

もし兄が死んでもワタシは絶対泣かない。

ワタシは兄にいじめられていた。ワタシは兄と弟の男兄弟の間で育った。母は忙しそうでいつも疲れていて、弟をとても可愛がった。兄はいつの頃からか荒れていて、イライラの波に呑まれてワタシや弟もとばっちりをよくくらった。

小学生低学年のある日、家に帰ってお菓子を食べた。後から帰宅した兄も食べたかったらしく、空になった袋を見てキレていた。理不尽な態度にワ

もっとみる
喜びをあなたにつたえます!

自分の天職について

「自分のしたいことが見つからない」

という問いはどの人も抱いたことがあると思いますし、「好きなことを見つけるのにどうした良いのだろう?」とか、そういうのも真面目に考えるとけっこう難しかったりします。

今回、「仕事」というものに限定して「自分にとって天職となり得る仕事に就くためには、どういう感覚が必要なのか」についてお話していきたいと思います。

「許せない」という大事な感覚

突然なのですが、

もっとみる
2019年上半期ラッキーカラーは、ネイビー、ピンク、シルバーです
440

【2】「許す」ことと「諦める」ことは違う。

【1】の「夫を許せないと思っていたけど、許せると思った」という話を夫にしている時に、急にビビっと、「あれ? これは母にも当てはまることなのではないのか?」と感じた。

流石に昼食を作っている時だったので、即連絡、という訳ではなかったけれど。

ただ、その日は母の方が在宅しておらず、翌日改めて、「こういうことがあって、母のことに思い至った」という話をしようと思っていた。

と、言うのも、少し前から夜

もっとみる

許せないとき

あの人に傷つけられた

あの人は
自分を大切にしてくれなかった

あの人は
自分がほしいものをくれなかった

そうやって
「許せない」という気持ちがどんどん膨らみ
大きくなっていく

どうしても許せない
許したくない

生きていると
そういう感情に包まれることだってある

「許す」ことで
自分もそこから解放され
心穏やかに暮らせる

それを
理性や思考では分かっているのだけど
感情と中々折り合いが

もっとみる

「許せない」のストレスを回避せよ!  【悩みをなくす論理思考2.0 第1章 part1】

noteマガジン 悩みをなくす論理思考2.0

第1章 あなたは何を許せないのか?(規範の論理)

どんなに優しい人でも、「あの人のこういうところが許せない」と思った経験が一度はあるものです。さらに「なんであの人のことを許せないと思ってしまったのだろうか・・・」と、自分の許容量の少なさに自己嫌悪する、つまり「自分が許せない」と思うこともあるでしょう。

他人や自分に対して「許せない」と思う時、人は

もっとみる
ありがとうございます!!!
13

騒いでいる子どもをみると自分の心が騒ぐ

商業施設や公共の場などで
子どもが大騒ぎしているのをみると
どうしてもイライラしてしまうことがあった。

「あった」と過去形にしているのは
正確にいうと今でも少しはあるけど
昔に比べれば随分ストレスはなくなった。

で、このイライラっていうのは
その子どもに対してもそうだけど
実はその親に対してだったりもして
「こんなに騒いでるのになんで注意しないんだ!」
とイライラしてたんだな。

で、なんでそ

もっとみる

苦しい

中区役所3階生活支援課で阿部と永塚とかのせいで、
カウンターのあんな場所で周りに聞こえる席で阿部が何度もどうでもいい事を聞いてきて
答えさせて イライラさせて 嫌な思いにさせて 
ようやく終わったら 後ろにいたデブ中年男の警備員が俺の顔見やがったよ
👊👊👊

 本当に許せないな.
 記憶から消えない.

 関係者全員天罰下れ

(*´Д`)
2

嫌いな人って許せるものなの?【斎藤一人】

たまに「私には絶対に許せない人がいる!」という人がいて、そういう人が相手を許すことってできるのでしょうか。

どんなことをされたかにもよりますが、「人を許す」って、簡単なようでなかなかできませんよね。

少なくとも、その嫌いな人に会い続けているうちは不可能に近いと思います。

だから、それから何年、何十年と時間が経過し、自分の中でその人に対する考え方(解釈)が変わった時でしょうね。

相手を傷つけ

もっとみる

小さかった私へ 小学生編⑳

個人的に、ショックで強烈な出来事があった。
詳細はこちらから ↓ ↓ ↓

あれから、さほど日が経たないうちに、私は夫婦喧嘩を目の当たりにして、またショックを受けた。一体、何がどうしてそうなるのか、私はひどく混乱し、困惑した。

自分の居場所が脅かされる恐怖

喧嘩が始まったきっかけは、よく覚えていない。おそらく、父の無神経な言動に対し、母がブチギレしたのが妥当だろう。大人になった今でも、あのギス

もっとみる
私、ウルトラハッピー☆
3