調和と循環

全ての出来事は必要だから起きている。
災害すらも。死も。常に生と死。
自然は自然を保とうといつも脅威という愛を与える。
水は洗う。風は飛ばす。地は果てず。火は燃やしエネルギーとなる。穢れを祓う、祈る。
いま、変わるときなのかも。あと一年の猶予。準備するとき。備える。やることをやる。やり残していることを。
全ての次元、人にとって・・・
いろんな人に反応し、反応され、影響しあい、好かれ、嫌われ、それも

もっとみる

birthday

実は昨日
わたしの誕生日だったのです。
43歳になった。

夫とお祝い焼肉を食べていて
こんなことを言いました。毎年言うなあ。

『もう誕生日って、おめでたくないかも。この歳になると』

そこで夫が呆れたように言いました。

『誕生日って、生きてきた年数を積み重ねる日じゃなくて、生まれたことをお祝いする日にすればいいでしょ』

そりゃそうだ。ありがとう夫❤︎
私ってひねくれているんだな。

友達

もっとみる

娘が生まれました。

令和元年8月31日、12時40分。夏の終わりに、予定日より数日早く、第二子の長女が誕生しました。

体重3140g。身長50cm。今のところ、母子ともに健康です。

娘は生まれた瞬間から産声をあげ、2秒後くらいにはもうおしっこもしていました(笑)。誰にも教わってないのに、初乳もゴクゴク。人間の生きる力ってすごいなぁ。

ようこそ、世界へ。やっと会えたね。待ってたよ。

たくさん届いた、激励とお祝い

もっとみる

「広島の風」 #16

<烏合の衆>
 かつてカレル四世は、飢える民のために城壁を建設し、その建設を担った民には見返りとして褒賞を与え、食事まで与えた。後世に「飢えの壁」と呼ばれるようになった慈愛の壁は遺構となったが、「広島の夢を語る会」によって構想され、そのメンバーであり、その後市長となった浜井信三が中心となって推進、制定された「広島平和記念都市法」に含まれる、この建設中の長い道路は、いままさに広島市民にいかばかりかの

もっとみる

99%の日本人が知らない幸せなお産の選択肢

↓↓↓
 
FM79.7 ラヂオきしわだ
「吉本健一。のお志事RADIO」
8月5日(月)24:00の放送テーマは…
 
━━━━━━━━━━
「お産は氣持ちいい!?」
常識を覆す
幸せなお産の話
━━━━━━━━━━
 
をお届けします!
 
 
 
■私は絶対に大切な家族に伝えます■
 
 
 
衝撃を受けました。
 
私も常識を覆された一人です。
 
初めて知った時
すぐ家族に伝えました。

もっとみる

世界はじぶんが生んでいる

世界はじぶんが生んでいるのだ、ということが、今日、いきなり腹落ちしたのだった。

ふと、誕生時の記憶が蘇った瞬間に、その腹落ちの感覚はやってきた。

胎児の時の記憶によると、じぶんは暗いところにいるかんじがしていて、その時点では物質的身体の感覚はなかった。
ただ、既に「外側」に自分とは異なる「他者」の存在は気配として感じていた。

動きが起こり、何かに吸い込まれるような/押し出されるような感覚がや

もっとみる

【記事感想】ツクルバの誕生

人が出会い、想いや心を通わせることは、なんて素晴らしいことなんだろう。それぞれの想いを受け止め、それぞれの存在を肯定してくれる場。これからの時代の生き方にとって、「よりどころ」となるのはこういう場なのではないか、と。

記事元:ツクルバ上場に寄せて。未来の仲間への手紙。

原体験が東日本大震災が発生している時に入院していたなんて…思っていたよりも壮絶ですね。

記事を読むと、本当にツクルバという思

もっとみる

誕生

僕は母体から出て一人になった

1秒前までずっと100%守られていた

けど、今は100%一人だ

僕の眼に映るこの人間達にもし捨てられたら

僕は死ぬしか無い

皆んなが僕を見て優しい顔で笑ってる

うん。しばらくは安心だ

とりあえず眠ろう

まだ母体の匂いがするこの場所で

「広島の風」 #12

<便り>
「どうも報道記者たちは私の発言を曲解して伝える。困ったものだよ」
 そう老獪に笑い飛ばす大蔵大臣、池田勇人主催のパーティーには広島からも財界人が多数出席していた。
「池田先生。どうか我が広島にプロ野球チームを。池田先生のお力添えがあれば百人力。私は広島の可能性に賭けとるんです。ここにおる広島の財界人諸兄、広島市やその周辺の市区町村も、こぞって出資を表明しているそうですが、私はそれの誰にも

もっとみる