那智の滝

Reflection Journal 2019年7月16日 朝

昨日は、21時過ぎには就寝したが、6時ごろまで寝ていた。泊っている宿から出る水は利尿作用があるため、夜に何度もトイレに行く。朝起きてすぐに散歩に出る。携帯の電波も届かない田舎なので、誰に会うこともない。そして、熊野は本当に水の国だと思う。あちこちに水が流れて、苔が生している。

1.歩きながら考えたこと
以前のエゴ的な自分主義とは異なっているが、まだ自分軸を捨てきれない自分がいるように思う。質感と

もっとみる

那智に行きたい

「滝が見たいな」

 きっかけは、そんな思い付きだった。

 海でも山でもなく、滝が見たい。

 どうどうと流れ落ちる水が見たい。

 思い付きは、なかなか消えてくれなかった。

 最初に行先として思いついたのは、河津の七滝だった。

 伊豆の方は、子供のころに家族旅行や学校行事でよく行った先だったが、最近はご無沙汰だ。大きさも名前も違う滝を眺めながらぶらぶらと歩きたい。そして、温泉でも入ってのん

もっとみる

熊野古道を歩く(3日目)

2日目の宿は紀伊勝浦駅から近い港の宿に泊まりました。翌朝は駅から出ている熊野交通のバスに乗りました。
 まず那智駅で降りました。あるお寺に行きたかったからです。この日の目的は神社とお寺が隣り合っている場所に行くことです。その一つが補陀洛山寺[ふだらくさんじ]と熊野三所大神社[くまのさんしょおおみわしゃ]です。

 まず、熊野三所大神社から入りました。上の画像の奥に神社があります。九十九王子のひとつ

もっとみる

【DAY.31】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

この記事、連載は...
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予約なし、フィーリングファースト。

6:00、和歌山県 那智勝浦のゲストハウス、「Why Kumano Hostel & Cafe Bar」にて起床。

せっかくなので、朝の勝浦漁港を見に散歩。
が、今日はGWなので漁はお休み。

朝から足湯が開いて

もっとみる

【DAY.30】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

この記事、連載は...
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予約なし、フィーリングファースト。

5:30、和歌山県 本州最南端の潮岬キャンプ場にて起床。

ご来光には間に合わなかったが、朝日が昇ってきた。

この潮岬の隣には大島という道路でつながっている島があり、ちょっとだけ渡ってみることに。

7:00出発

もっとみる

火祭り人形(和歌山県・東牟婁郡)_20190419

「那智の滝」の熊野那智大社

高さ・水量ともに日本一の「那智の滝」があることで有名な熊野那智大社で、毎年7月14日におこなわれる例大祭「扇祭り」の一幕である「那智の火祭り」をモチーフにした木彫人形『火祭り人形』を張子でつくりました。

熊野那智大社は紀元前に神日本磐余彦命(かむやまといわれひこのみこと)ー神話・伝説上の人物で後に初代天皇となったとされる神武天皇ーが、大和朝廷を建国する前に熊野に入り

もっとみる

那智大社

正月に熊野本宮だけでなく
那智大社にも行きました
関東では
日光の華厳の滝が有名ですが
関西では
那智の滝が一番著名では
と思います
(写真は那智大社御本殿ではなく
那智の滝の下にある別宮飛瀧神社です)
大きなおみくじがあったので
買ってみました
「吉」でした
#熊野 #紀伊 #和歌山 #初詣 #正月
#那智大社 #華厳の滝 #日光 #那智の滝 #滝
#熊野本宮 #吉 #おみくじ #飛瀧神社

もっとみる

滝の話

日本三大夜景、三大名橋、三大花火…

人生で死ぬまでに見ておきたい景色、沢山ありますよね。

そもそも日本三大〇〇って響きがいいですよね。漢数字って、入ってるだけで強そうだ。

三銃士、四天王、五人囃子、六波羅探題、七人の侍。

というわけで、三大〇〇をひとつ、制覇する旅に出ました。

今年の6月、まずは栃木まで、三名瀑の1つ『華厳の滝』を見に行って参りました。

相変わらず俺は生きて

もっとみる