部長

コトブキタイシャの現実逃避

あ、私のデスクの上に
「花瓶に差した花」がおいてある。

寿退社をして、専業主婦となった私は今、
後悔していた。
二十三日前に入社し、
元気にスーツで出勤していた。
三日で部長に昇進し、
なんていい職場かと思った。
でも私は結婚を選んだ。

「花瓶に差した花」を
私のデスクに置いた人は、
わたしの昇進に嫉妬をした夫だった。
同じ職場で働いていた私達。
わたしのほうが早く出世して、
そしてすぐに辞

もっとみる

毛ガニくんと部長

20年前、働いていた会社で学生だった自分を採用してくれた人がいる。その人は部長で、若いヤツらの方がネットの世界をわかっているとよく言っている人だった。

その部長に自分は「毛ガニくん」と呼ばれていた。腕の毛が濃かったからで、身体的特徴を平気であだ名にするあたり、なかなか時代を感じさせる。

別にバチが当たったわけではないが、部長は程なくして業績不振の責任をとり倉庫勤務の島流しとなった。誰がどう見て

もっとみる

言葉のニュアンス:「愛」vs「恋」

小生のノートが毎回濃厚過ぎる、もっと短く爽やかなコーヒーブレイク的なのがあってもいいのではというコメントをいただきました。そこで今回の題材です。3冊の日本語単著の全てで、言葉のニュアンスを捉えることへのこだわりを示し、また、お笑いの重要性を強調しましたので、これらの成分を混えたコラムを今回お届けします。

 上の画像左は、改変後の商用利用さえ許可された直江兼続の全身鎧像の写真の頭部そのまま。画像右

もっとみる

サークルで団体をコントロールすることに疲れ、
僕が学んだのは、「放置」することです。
自分と他人の課題は分けて考えましょう。

その人が迷惑を振りまいても、その人が嫌われるだけで
僕には無関係ですよね。
こちらから近づかなければ問題はありません。

人をぶっちゃダメなんだよ。

先日、駅でこんなポスターを見かけました。

あいかわらず、駅員に対しての暴言・暴力が多いようです。

私がまだ会社勤めしていた時も、終電くらいの時間帯に、駅員に対して暴言を吐いたり、駅員にくってかかっている酔っ払いを時々見かけました。

だいたい、そういうところで暴れているのは、中年(会社の中間管理職をやっているくらいの年齢)の男性サラリーマンというパターンが多かったのですが、そういう場面に遭遇す

もっとみる

これまでとこれからと。

ほとんど記憶がないままこの1ヶ月が過ぎた。

ベトナムから帰り、世間の事情がわからないまま2ヶ月以上。

僕は転職した。

肩書きは部長だ。

「部長」というと、どうも「ホタルノヒカリ」を思い出してしまう。部下に綾瀬はるかがいない代わりに、僕も藤木直人ではない。そこらへんはトントンだと思っている。

天下の東西新聞の富井副部長はまぁまぁな歳だった。どうも、部長というと大したことないように思えてしま

もっとみる

部長のツイートを見返してると人柄が見えてくる

打ち合わせの合間や、時間を持て余しているときに習慣化していることがある。

なにかというと、部長のツイートを見返すこと。わざわざプロフィールページに飛んでから見ている。

「湿気オブジョイトイ」という聞き慣れない言葉は時間を忘れさせてくれる。

知り合いがリプをかぶせてきた。ヤバ・ディゾンは置いておくが、たしかに彼が言うように「部長職」ともなると重圧がすさまじいんだろうな。

そりゃ頭の中がぐちゃ

もっとみる

部長がほんっとにいい人で、いい人すぎて、感謝しかない。恩返しできるような人になりたい。ほんと大好き!

「何をしても変わらなかった」 あなたのモチベーションを保つ3つの方法

このノートを見ているあなたは、過去に一度は自分のモチベーションを上げようと、さまざまな方法を試したことだろう。しかしそれが続くことはなく、明日の朝には、寝不足の目をこすりながら、目覚まし時計を止めている。人生は一度きりだ。モチベーションが低いままでは、仕事も遊びも楽しめない。そこで今回は、「今まで何をしても変わらなかった」あなたのモチベーションを保つ5つの方法を紹介しよう。

① 過去5年間を振り

もっとみる
得た事ない物は、した事ない行動から生まれる。スキありがとうございます。
6

ポメ部長の叱咤激励(仮題) 第2話 『新しい祭り』

「田尻町のまちおこし企画やってくれてるの誰だっけ?」
「私です」
「こたつ君か。進捗どんな感じ?」
「ほぼほぼ出来上がってます。こんな感じでどうでしょうか?」
「えーっと、<田尻町に新しい祭りを作ろう、だんじり祭り>?」
「そうです。やはり人が集うのはなんといってもお祭りだと考えました。それと”たじり”と”だんじり”で踏んでます。」
「で。なにやるの、え? 何これ、木製の巨大な山車で街を駆け抜ける

もっとみる