鍼灸治療

そんなことまで喋っていいの?

定期的にかよっている鍼灸治療。

遠距離介護10年で卒業したものの1年のあいだに相次いで両親を亡くし、喪主を2回つとめ煩雑な相続事務に振り回されてヘトヘトです。

ようやく母の初盆を済ませるとすぐ一周忌と父の三回忌、しかも祖父母の二十七回忌も重なる当たり年なのを住職にしらされ急遽4人分の法要をする段取りになりました。

もう8年も痛む肩甲骨かど(膏肓)の痛みと、発症から2年以上経過してもすっきりし

もっとみる

陰陽論と並ぶ漢方はり灸治療の重要な理論「五行論」

陰陽論と並ぶ東洋思想の重要な理論に「五行」があります。

五行とは、「木」「火」「土」「金」「水」字の通り自然界を構成する要素です。
この五つの要素はお互いに影響を与えながらバランスを保っています。

それらの相互の関係には「相生」「相剋」「相乗」「相侮」などの規律があります。
「相生」は母が子を産む助け合う関係
「木は火を生み、火は土を生み、土は金を生み、金は水を生み、水は木を生む」陽的な関係。

もっとみる

漢方はり灸治療で用いる「陰陽論」とは

「陰陽論」とは、古代中国で生まれ、宇宙から与えられた自然界のすべての現象を「陰」と「陽」に分けてとらえる理論です。

森羅万象をさまざまな観点から「陰」と「陽」に分類します。

自然界の陰陽     人体の陰陽     生理機能の陰陽
陽 - 陰      陽 ー 陰      陽  ー 陰
天 - 地      男 ー 女      軽い ー 重い
日 - 月      上部ー下部      温

もっとみる

西洋医学と東洋医学のちがい

西洋医学と東洋医学との違いから「未病を治す」ということを考えてみました。

西洋医学では、からだの状態を数値でみたり画像で見たりして、健康状態を判断します。

体重や体脂肪率、血液検査や血圧、医学の進歩とともにMRIやレントゲンなどで体の内部を可視化できるようになりました。

数値には表れていないのにレントゲンやMRIなどの検査で異常を見つけることができたり、早期発見で適切に治療をすることにより健

もっとみる

「百会」のツボ、あなたはどう使う?(1)

頭頂部のほぼ真ん中にある、「百会」のツボ。あなたは、どのような症状に対して使っていますか?

ツボの使い方には、臨床家の個性が出ますが、百会について、いくつかの書物から、抜粋してご紹介いたしましょう。

きっと臨床のヒントがそこにはあるはずです。

ヒステリー患者には大方OK!?

まずは、沢田健氏から。

「大方のヒステリー患者には百会一穴すえておけば、頭の重いのがなおります。百会はすべての経脈

もっとみる

歯科の矯正治療と鍼灸のコラボ

肩こりが主訴の患者さん。実は、その原因は歯にあった――。

臨床で、そんな経験を持つ方も少なくないのではないでしょうか。歯科口腔領域の疾患は、局部のみならず、全身的な不調につながります。

そんな歯科領域に対して、西洋医学的な治療と鍼灸治療を組み合わせているのが、東京都大田区にある「みはる矯正・歯科医院」です。

院長の関根陽平氏が、歯科医師と鍼灸師の両方の免許を持ち、統合医療を実践しています。実

もっとみる

どう違う?「医療面接」と「問診」

多くの鍼灸、あんまマッサージ指圧師の専門学校で、副教本として授業に使われている『鍼灸臨床における医療面接』。

15刷という版を重ねたロングセラーが、このたび『改訂版 鍼灸臨床における医療面接』として、改訂されました。

医療面接はなぜ大切か

鍼灸やマッサージの治療院を訪れる患者さんのなかには、「3分診療」ともいわれる病院で「話を聞いてもらえなかった」と感じている人も少なくありません。

だから

もっとみる

私は針とバランスの人

はじめまして。
針とバランスの人、しょーじと申します。

現在元々の職とのダブルワークになりますが
鍼灸師の技を生かして、3年以内に皆さんの健康に役立つ
仕事一本にしていきたいと思って活動中です。(2019年6月現在)

今の仕事を10年続けた後に(畑違いの仕事)
なぜ鍼灸師を目指したのか

きっかけは友人が鍼灸師であり
そこで話しを聞いた事から始まります。

「この世界(健康)でひとつ武器を身に

もっとみる

風と筋肉と肝臓について

今日は、風が強い日です。

春の季節で風が強いときは筋肉に何かしらの症状が出ることがあります。

筋肉に症状が出る場合、肝臓に変調をきたしています。

東洋医学は、古代の中国の古典がもとになっています。
そのなかで『肝は筋をつかさどる』と書かれています。

肝臓は筋肉がうまく伸び縮みできるように働いています。

風がカラダの弱っているところに入り込むことで悪さをしたことにより、肝臓の働きが弱くなっ

もっとみる