アポ島バイバイ!行くぞ、シキホール島へ🇵🇭

どーもしむログです。

見てくださってる皆さん、こんにちは。

アポ島とお別れの時がやってまいりました!

って言っても、最終日は何もしてないのでアポ島にかかったお金やなどを話していきます。

飲食代1700ペソ(3400円くらい)

往復ボート代600ペソ(1200円くらい)

シュノーケリング500ペソ(1000円くらい)

ダイビング2000ペソ(4000円くらい)

宿泊代2泊500ペソ(

もっとみる

20代旅好きOLサキ*の自己紹介

はじめまして^^
旅好きOLのサキです。

普段平日週5日は都内の企業に勤める、
極一般的な20代のOLです。

旅行が大好きで、
特に沖縄をはじめとした
離島には目がありません。

最近は海外旅行にハマっています。
(気づいたら、昨年は海外旅行4回、
離島は仕事も含めると8回ほど行っていました)

普段はアメブロのOLジャンルで
いろいろ書いています。

ブログを書き始めたきっかけは、
2018

もっとみる

花火の匂いと涼しい夏。

7月も半ばだというのに涼しいまいにち。

今年は全国的にもあまり暑くないようですね。

島へ越してからはじめての夏。
天気がよければ日中は少しあついけど、夕方には涼しい風が。

東京の暑さが苦手だったので、今後の夏に期待しています。今のところクーラーいらず、寝苦しい夜とは無縁です。

東京に15年ほど住んで苦手な夏が得意になったけど、こちらが過ごしやすすぎてまた逆戻りしそう。

そんな先日は夫

もっとみる

アポ島2日目 in フィリピン

Good morning guys.

アポ島2日目を迎えました。

寝起きは悪かったです。

朝食を食べに行くと、ガイドが探してたよ〜と。

そうか、今日はダイビングか!

知ってましたが、忘れてたフリしました。

ガイド イズ カミング

ガイド「飯食い終わったらすぐ行くで!」

しむ「まじかよ!うんこしてぇな!」

ガイド「うんこは海中ですればええんちゃう?」

しむ「ナマコと間違えたら可愛

もっとみる

変更!ウミガメの島、アポ島へ

ちょっと経路変更します!!
こっちに住んでる人に聞いたところ、アポ島という世界有数のダイビングスポットがあるという!
この島はドゥマゲッティからじゃないと行けないので、行くしかない!

これが旅の醍醐味です!
最有力な情報は現地から!
だから僕はいつも一人で旅する時は基本的にギリギリまでホテルは決めません。
柔軟に計画が変更が出来るようにね!

というにも情報がネットにも少なすぎたんで、先にアポ島

もっとみる

この美しい島を一度は…

海の日です。
どこもかしこも、日本中が海の日。
泳ぐもよし、ぼんやりするもよし。
そんな海の日に、家に引きこもって掃除をしていました。
というか、沖縄の人は毎日が海の日じゃね?って感じで。
実家は海の近くで、塩害がすごくで湿気もすごくてパソコン壊れるし、ラジカセ壊れるし、車のマフラーは錆びるし...ってこんな日にネガキャンってなんだよ!!!
と、現実を書いておいて夢のように美しい海を紹介します。

もっとみる
ありがとうございます、サーターアンダギー32個もらうくらい嬉しいです!
6

離島オタクの私がおすすめする、なにもしない、贅沢な島旅。 【私の好きな世界の離島たち vol.2】

なにもしないつもりで、ノープランでいく旅。
旅先で惹かれるものがあったら、フラッと参加してみる。それ意外の時間は、基本的になにもしない。
(私はひたすら、誰にも邪魔されない妄想・空想の時間を楽しんでいます笑)そんな、「なにもしない」ための贅沢な旅こそ、いつもフル稼働している、私たちの頭の中を整理し、心からリフレッシュできる旅になるんじゃないかなあと思うのです。

「なにもしない」旅という贅沢。

もっとみる

そうだ、シキホール島へ行こう

なんかつまらないな。
なんかしたいな。
そうだ、離島へ行こう!

今からシキホール島へ向かいます!

シキホール島は
フィリピン人からは神秘的な島、白魔術や黒魔術の島として知られている。島ではキリスト教と旧来の土着宗教が融合した「魔術」が流行しており、薬草などを調合して呪力を高めるという多くの魔術師や心霊療法師、民間療法師がいる。また超自然的な現象が起こる心霊スポットとされ、「マナナンガル」という

もっとみる

20歳の時初めて親元を離れ、東京の離島のスナックで2週間働いたらどこでも生きていけると思った話

私は旅が好きだ。

旅をどう定義づけるかは自由だとは思うが、私は現在17カ国への渡航歴があり、そのほとんどが海に潜ることを目的とし、かつ1人で行っている。

1人で海、旅という形で国内外問わず行くようになったきっかけが、タイトルにある、東京の離島のスナックで働いた経験だった。

離島のスナックバイトを経て、「どこでも、何をしても生きていける」と自分の世界が広がったことと、単純に「海サイコー!」と感

もっとみる