カフェイン飲料の世界の王・長嶋は、O(大人のほろにが・ブレンディ)とN(生茶)だと、犇々と感じる。O(大人のほろにが・ブレンディ)はスティックコーヒーの粉末。で、N(生茶)はキリンのペットボトルのやつ。アッパーな気分になれること、間違いなし!アッパー界のONアベックホームランだ!

伊藤園の2019年Q1決算を読み解く

今回は伊藤園の決算をみていきます。

伊藤園については説明不要でしょう。

おーいお茶で有名な緑茶ペットボトル飲料を製造販売しているメーカーです。

また、緑茶の他にも野菜ジュースや麦茶など様々な飲料を展開するほか

傘下のタリーズコーヒーは日本各地にコーヒーショップを展開しています。

とりあえず、同社の説明はこのあたりにして、さっそく先日出てきた決算内容についてみていきましょう。

伊藤園 2

もっとみる

自販機でサブスクリプションサービス

JR東日本ウォータービジネスは2019年8月29日(木)、自動販売機のサブスクリプション(定額制)サービス「every pass(エブリーパス)」を10月から開始すると発表しました!!

同社によると、自販機業界で自社アプリを活用してサブスクリプションサービスを提供するのは日本初とのこと  利用者は、専用スマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」に配信されるQRコードを、JR東日

もっとみる

飲めないドリンク

どーでも良いことなんだけど、
私が現在、飲めないドリンクを発表します!

ただ単に飲めないだけです。
アレルギーとかではなく苦手…なのです。

匂いや味なのかな~

お茶

●太陽のマテ茶
●爽健美茶

その他のドリンク

●炭酸飲料の全て
●ミルク系のドリンク
 (カフェラテのみOK)
●パーセントの低いジュース
●甘ったるいもの

お気づきですよね?

ほとんど飲めないでしょ!って。

えぇ…

もっとみる

救急車がコンビニ立ち寄り - その他類似行為

極めて中立的な見地からの言及です☝
 【妙なクレームを発する人】も【「堂々と」という捉え方になってしまう】のも、社会全体を見渡して本質思考が伴えば、何だかスッキリしません( ˘ω˘ )

 ここ数年、同系の話題がネット等で取り沙汰されるのをしばしば見掛けます。とりわけ、汗水垂らして働く人への労いの気持ちが高まる暑い時季に増えているような気がします。
 それらの共通点は、「救急隊員などユニフォームで

もっとみる

1日3食って本当に必要なの? 食事回数とカロリーとは? 3食分のカロリーと1日の推奨カロリーを自分で調べて計算してシンプルに考えてみた件 (約5900文字)

常日頃、疑問に思ってることがあります。

「成人は、1日に3食も本当に必要なのか?」、ということです。

身体の健康としては、糖質・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維の六大栄養素がそれなりに摂取できていればいいわけです。
極端ですが、推奨量いかなくても、死なないです。

それなのに、「1日3食」「1日3食」と刷り込まれて、それが当たり前になっていることに、妙に違和感を覚えます。
1日2

もっとみる
え❔もしかして、もしかすると、キングオブ神❓なんとフォローまで⁉
4

「タピオカ・バブル」 20代女性がはまる"タピオカ"ドリンク

20代女性を中心に、女性全般に「タピオカ・バブル」到来。
台湾発祥のタピオカブーム。実はこの現象は世界的なものとか。

 「タピオカ」は、キャッサバ芋をすりおろしてデンプンだけを集め、いろんな加工を経て、デザートで使われる「タピオカパール」と呼ばれる粒状のタピオカが作られます。

 その製造過程を見ればわかりますが、タピオカはほぼ100%が「炭水化物(デンプン)」。食物繊維や栄養はほぼナシという(

もっとみる

違和感を持てますか? ~ 紙パック入り飲料

同一の「規格」の三本ですが、どこか違います。ちゃんと見てから買うようにしましょう☝
 差がつけられているのには諸事情があるのでしょう。でも、運搬や陳列のことを考えると、容器のデザインはこうなるようです😚

 中央のものはNETが異なります。1リットルではありません。大きく書いていあるので、ある意味”良心的”です😩
 これでも、妻は帰宅後に気づくという失態をしました(笑)
 容量表示以外には外装

もっとみる

障害者の「困った」をみんなの「よかった!」へ変える(カラー)アイディペンデント通信Vol.68

夏本番が近づいてきました。
水分補給が大切ですが、シニアの方などからは最近のペットボトル飲料は透明でも糖分が含まれているものがあり、ミネラルウォーターとうまく区別できないことがあり困るという話を聞きます。

外国人の方にも同じ問題があるそうです。

確かに日本語表記が読めない場合、外観から中身が区別できないと困りますね。

似たような外観のものをどうやって区別するかはバリアフリー、ユニバーサルデザ

もっとみる

バトルフィールドでの生存戦略──「コカ・コーラ エナジー」評(後編)

■前編はこちら

■バトルフィールドに生きるものどもとは?

早速。まずは、「コカ・コーラ  エナジー」の「エナジー」とはなんぞやと。そこから考えていきたいと思います。

結論から申し上げると、エナジードリンク界隈とは、IT業界の如きベンチャー企業が日々札束でボコボコに殴り合い続けるバトルフィールドです。

特に、日本国内での認知度の2強である「レッドブル」(2006年〜)と「モンスター・エナジー

もっとみる