人にお仕事を任せている人ってこの問題をどうしているんだろう

レストランに勤めていると時々思います。

売上金の横領問題。

個人店ではないレストランやお店ってこの問題はどう解決しているのでしょうか。

横領をされないような仕組みをつくるのは当然ではあるけれども、仕組みをつくっている人にされた場合。

人に任せると横領は発生してしまうかもしれない。という覚悟の上で人を雇うのか、されるはずはないと信じきって疑いもしないのか。

そもそも横領というのをする人の心

もっとみる

小さなレストランのウェイトレスはこんな事やってます

お客様のご来店
お出迎え、席へのご案内
おしぼりと飲み物メニューを出す

初めのお飲み物注文受ける→伝票出し→作り→提供
お料理注文受ける→伝票出し→伝達→提供

中間バッシング→おかわり注文を伺う
おかわり飲み物提供、料理提供

食後のお茶→お会計
お客様のご退店
お見送り→お忘れ物チェック
バッシング→拭きあげ
テーブルセッティング

(バッシング・・・食器やグラスをテーブルから下げること。綺

もっとみる

#26「私の夢」

飲食店経営をしてます。
「お前は何が成し遂げたいんだ!!」ってよく聞かれます。

最近までいかに上手く、すごい夢がある感じを誰かのためにださないといけないのではと思い、今ある小さい夢をとても大きく、声高らかに皆様に語っていたような気がします。

僕がやりたい事はあんまり大きくなくて、「周りの人のためになる事をすること」です。もはや就職活動中の学生の方がまともな事いいおるんじゃないかと思いますが、、

もっとみる

経済というのに興味があります。

最近、女性だらけの職場の仕込み中の会話は”経済”。笑

皆で話をしていると分かったこと。お金に関しての知識がないことが判明。

経済の仕組みというのは日本人のどれぐらいの人がわかっているのでしょうか。

私の働いているお店には名だたる社長さん達が御来店され、大成功されている方達を真横に感じる機会が多いのですが、ペーペーの私は、大成功されている方達は知っている人だけに限らず、知らない人にもとても良く

もっとみる

ケーキ屋さんをより良くするための100のアイデア[その5]

私が働いていたお店で実践して来たケーキ屋さんの改善ポイントを紹介するシリーズ。

その第5弾として引き続き[戦略編]を書いてみたいと思います。

ーーーーー

①ギフトの価格帯を見直す

ギフトはお店の売り上げを確保する大切なジャンルです。
お客様が選びやすいように価格をなるべく1000円、2000円、3000円…の様に1000円単位で揃えましょう。
500円くらいまでなら端数は出てもいいですが、

もっとみる

僕が「OPEN DISH」を作った理由

【新しいサービスはじめます】

誰でも各地の飲食店が一定期間使える月額サービスを始めます(新会社になるまで、ひとまず 東京ピストル で立ち上げます)。
サービス名は「 OPEN DISH (オープン ディッシュ)」。

まずはベータ版として、6ヶ月テスト形式で東京から2店舗でスタートいたします(プレスリリース)。
いいオフィス中目黒byabc店舗 のご協力のもと、中目黒(最強立地!)のキッチンと広

もっとみる

『カフェをはじめる』をネタに話しませんか?

『セミナー』について思うこと

なにかを変えたい人にとってセミナーってとっても便利です

自分がやっていることを
『話すために整理』することで
体系化することができて
理解が深まったり

雑談の中で、セミナーで話した内容を振られたとき
すでに頭の中でまとまったり
相手に伝わりやすいフレーズが既に選んであるので
信頼を勝ち取るまでの速さがあっという間だったり

たくさんの人数にむけて
一度に価値を伝

もっとみる

いま「鮪のシマハラ」に必要なのは、なんの特徴もない居酒屋で1,000万円を売る人間力だ。

「鮪のシマハラ」はマグロに特化した居酒屋です。マグロの魅力を伝えることで、多くの人とお金を巻き込み成長していきます。このビジネスの根幹が揺らぐことは絶対にありません。

 そのスタートにあたる神保町店がオープンして1か月がたちました。私を含めた従業員全員がマグロの魅力を伝えるために日々格闘しています。

 私はこのマグロに特化した業態に絶対的自信を持っています。この業態で「5年でサクッと30億円や

もっとみる

凡人のカフェ開業 ~天才のカフェ経営を真似てはいけない~開業前1-⑤

前記事はこちら

2015/6/18 Thu. pm7:00

紗季が『宮畑ありす』に『山下文七』を紹介してもらう少し前

cafe064で『樺山城平』はエスプレッソマシンの前にいた。

ホルダーに挽いた粉を丁寧に馴らしいれてボタンを押すと
蒸気を合図にしてエスプレッソが下のカップへ注がれる。

同時にミルクをスチーマーで温める

コォォォォォォ・・・・ブクブクククク・・

音が低くなったところで

もっとみる