INFP

INFPに贈る「自己尊重」

前回の更新から随分と遅くなりましたが、INFPに贈る5つのキーワードシリーズの第二弾です。

今回のキーワードは「自己尊重」。

前回記事はこちら。

INFPと自己尊重

「あなたが愛する人と同じように、自分を思いやり、より良い選択を与えてください。」

INFPは不公平や悪意に晒された人々を助ける時、最も自己を尊重することが出来ると言います。

彼らは他者を理解する力や、豊かな心とその洞察力

もっとみる

モテるINFPになろう

モテるようになるシリーズINFP編です。

INFPにだけ特別に初級編があります、こちらも合わせてお読みください。

それでは、今回は内面と性格の増改築をしてモテるINFPになっていきましょう。これを読んで実践すれば、恋愛のみならず普通の人間関係でもモテるようになりますよ。

今回も、ヨーロッパでもとてもモテる僕が責任をもって監修しています。さあ、一緒にINFPの内面を一新するよ。遅れないでついて

もっとみる

2550文字で語るおゆめの自己紹介

はじめまして、おゆめといいます。映画「おもいでぽろぽろ」が公開された年に生まれた道産子です。札幌に住んでいます。

発達障害ADHDの傾向と抜毛症があり、自らの特性とうまく付き合いながら生きていきたいと考えて個人事業主(フリーランス)をしています。おゆめはマンガと文章を書く仕事をする上での別名義として名乗っています。

おゆめの好きなこと・続けたいこと

絵を描くこと

幼少の頃から絵を描くのが好

もっとみる
ありがとうございます!おゆめは、やる気が1あがった!
11

24歳の7月、やっぱり自分は何者でもなかったということを知りました。

泥酔した恋人から言われた一言。「お前はいつも口だけ。何一つ態度で示さない。私だって口だけならなんとでも言える」

就職活動で自分の中に小さな「優しさ」や「素直さ」を切り取ってさも自分が人格的に優れた人間であるかのようにアピールする中で「自分という人間には一体何があるのだろうか」とずっと悩んでいたわけだけど、この恋人の一言で完全にはっきりした。やっぱり自分にはなにもないのだ。自分という人間は外面こそ

もっとみる
私の拙文を読んで頂き誠にありがとうございます。とてもうれしいです。
5

INFPは女らしいのか?

この記事はサポート方式です

世の中のINFPには、自分は女らしくて恥ずかしいと感じている人たちもいるそうです。あのね、そういう自分を痛めつけて感じるプレイはもういい加減ほどほどにしとけよと、僕は思いますけどね。じゃあ、まあ、INFPが果たして女らしいのか、ちょっと考えてみましょうか。

結論:
INFPは女々しい部分もあるが、女らしさがあるわけではない

どういうことかというと、INFPは俺なん

もっとみる

なぜ最弱はINFPではないのか?

僕は最近、天才的学者を除いたINTPの存在意義について深く考える機会を持ちました。それは、僕のサイトが攻撃されたというのもありますが、それ以上に色々と洞察を得る経験があったからです。一方、兼ねてから温めていた視点、北欧から学ぶ表現力INFPについても今回は話したいと思います。

記事は二部に分かれます。
これは、INTPとINFPの間に特有の親和性があるからです。長大ですがお付き合いください。

もっとみる

「暇さえあれば自分語り」

いまから、わたしの脳内トークをエンジン全開で文字おこしする。話したいのに話せないことを書く。これは誰かを説得させたり読み手の気分を図ったものではなく、完全なる自己満で一度書き出して自分が納得したいだけということを理解してくれると嬉しい。やりたいからやってるだけなのにそんなもの見せられてたまるかよ、とは言わず、お付き合いくださるとうれしいです。

今日はスペイン人の友達とカフェに行ってきた。わたしは

もっとみる

INFPと悪意の論理

INFPは闇があると簡単に踊らされます。何に踊らされるかと言うと、思考の親和性の高いタイプに踊らされます。踊らされて損をするのはINFP本人です。

では、まず、悪INTPに関する解説を以下から読んでください。

読みましたか?

じゃあ、この話をどうしてINFPは無視してはいけないかについて話していきましょう。

もっとみる

あなたのタイプは本当にINFP?

この記事は最後まで読めるサポート方式です

上の記事もよろしく!

あ、じゃあ本文開始ね。あなたのタイプは本当にINFPですか?違うと言われたことはありませんか?じゃあ、あなたは何タイプでしょうか。INFPに限った話でもありませんが、一応この辺で決着をつけておきましょう。

結論から言えば、あなたは自分のベストタイプを自分で選ぶ権利があります。それは、二つの決定的な理由があるからです。まず、自己の

もっとみる