見出し画像

今必要な「幸せな組織の方程式」はこれに違いない→幸せ(joy)=〇×〇

しゅんしゅしゅんです。

シンプルで、否定しようのない幸せな組織の方程式を知った。

マズローの5段階欲求で言うと、もちろん年齢毎、置かれている環境毎に必要な衣食住が整っている=安全欲求はクリアした後の話。

※マズローの欲求5段階…人間は自己実現に向かって絶えず成長すると仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したもの。(1)生理的欲求(2)安全欲求(3)社会的欲求(4)承認欲求(5)自己実現欲求。晩年はこの先に自己超越欲求があると唱える。

「貧すれば鈍する」とはよくいったもんで、やっぱりお金がなさすぎると、幸せだの云々は言ってられなくなる。

※貧すれば鈍する…貧乏をすると、毎日その生活のことばかり考えるようになるから、人は知恵や頭の回転が衰えてしまい、賢い人でも愚かになるという意味。 また、暮しが貧しくなれば、心までも貧しくなるものだということ。 

人間はどうしても、測定できるわかりやすい指標で、他人と比較して幸せかどうかを決めてしまう。この資本主義の世界において清貧は難しすぎる。あり得ないとは思わないけど、多くの人にとって難しすぎる。

なので、給与や勤務時間などの人事制度的なハードな部分が担保されていることを前提にした「幸せな組織の方程式」だ。

その方程式がこれ。


幸せ(joy)=信頼(trust)×存在意義(purpose)


存在意義ってのは、その企業が何を目指しているか、世の中に何で貢献するために存在しているのかってこと。

目的に心底共感できる組織で、世の中に対して日々貢献感を感じながら、信頼できる仲間と働けたら最高。報酬の多寡は関係ねえってこと。そりゃあそうなんだが、なんだか鮮やかな方程式だ。

出展はこの本。

「喜び」がない仕事は業務でしかない。信頼はオキシトシンとドーパミンの相互作用によって「喜び」になり、信頼されたチームのメンバーがそばにいるだけで気分が良くなるのです。さらに、社会のために組織が生み出す価値を理解するのも、オキシトシンの分泌を促すもう一つの要因です。他者を助けることは(それが遠くにいる相手であっても)強力なオキシトシンブースターの役割を果たします。「喜び」は、「目標」に向かって、信頼できる従業員とともに力を合わせた結果、得られる成果なのです。

仲間がすばらしくても、日々やっていることに意味がなければ、幸せは感じきれない。日々やっていることに意味があっても、殺伐とした仲間だと幸せは感じきれない。

僕の社会人人生。会社の仲間に対して「信頼」を感じなかったことはない。とても幸せなことだ。でも強い「存在意義」を感じたことも、ない。

ここまで走ってきたけど、ふと立ち止まって考えてみたい。これからどうするか。

---

少し別件ですが、最後にひとつ。

この本は組織内の信頼関係を構築するために何が必要かについて、ためになることがたくさん書かれているのですが、本書内にこんなくだりが。

欠点をかくさないリーダーが信頼をうむのは有能だと見なされている場合のみ、無能なリーダーが部下にたすけをもとめても、信頼感をそこねるだけ。


ぎくー。

最近、弱みは開示しよう。人に頼ろう系のリーダーシップ論が主流だ。字面だけ鵜呑みにしたら、危険ですね。

あかんやつは頼ってもあかん。あかんくないやつが頼ってはじめて信頼関係が生まれるのよ。

では。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださりありがとうございます!面白かったらスキ!超おもしろければサポートいただけると嬉しいです!これからもがんばります。

とっても良い1日になります!
24

しゅんしゅしゅん

白いごはんとビジネス書が好きな内省型ライター。本業は人材マッチングメディアの企画マネジャー職をやっています。収集欲が強いので、特定ジャンルを読み漁っては内省にふけるのが趣味。自分にぶっ刺さった本しか紹介しません。企画する人の思考のヒントを詰め込んでます。

しゅんしゅしゅん×ビジネス書

ビジネス書の内容と自身の経験を掛け合わせて、考えたこと感じたことを自由に書いたnoteをまとめています。超内省型人間しゅんしゅしゅんの真骨頂。1000冊以上のビジネス書を読んだしゅんしゅしゅんがお勧めするビジネス書達でもあります。学びがありまくりますよ、きっと。

コメント2件

>あかんくないやつが頼って
>はじめて信頼関係が生まれるのよ。

なるほど!響きました。
あかんくなくする努力も必要なんですよね。
なさじさん、おはようございます。そうですねー、努力からは誰も逃げられないみたいですね。今日も努力してまいりますー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。