けんかはしない

けんかをしたときの、仲直りって難しい。

難しいことを知ってるからか、そもそもけんかをしないように気をつけてきた。付き合いが長い相手なので、相手がどんなことで不機嫌になるのかを熟知していた。だからけんかになりそうになると、言葉を選んだり距離をとったりする。かといって、相手の機嫌をうかがいながら、ビクビクしていたということではないし、自分を殺して生活していたわけでもない。

2017年の春。けんかを

もっとみる

猫たちは今日も…

朝から窓辺で何やらやっている
にゃイドルのお二方

あらあら、リボンお姉ちゃんは妹の毛繕いをしてあげてえらいわね。

と思ったが

リボン) え?私たちお外の様子を見てるだけですよ。

はな) 仲良しっていうか、たまたまよ。

おやおや、なんだか雲行き怪しい感じ?

始まっちゃったね

あ~あー

女同士の闘いは、こうして時々繰り広げられたかと思うと、長くは続かない。
毎回お姉ちゃんの勝ちっぽ

もっとみる

そんなことが言いたいわけじゃなかった。

ぼくは結婚して、家族ではなかった人といっしょに暮らすことになった。
それは、ひとりの人の話を長期間にわたって聞き続ける、はじめての経験となった。

それまで、ぼくはお付き合いした人と口論やけんかをほとんどした記憶がない。いま思えば、どうしていたんだろうと思うが、言いくるめていたのか、相性がよかったのか、とにかくいつも関係は良好だった。

奥さんとは、違った。
ときどき激しいけんかになるし、いまでも

もっとみる

36 思春期の息子が学校で問題児になっています。

「スピリット・ガイドと見つける人生の答え」
 ~こころ・人間関係・子育て編

【お悩み 36】

「息子は、考えるより先に手が出てしまうタイプ。思春期に入ってから特に、学校で同級生とけんかをし、先生から連絡が来ることがたびたびあります。また、机に向かって勉強することが苦手なので、成績はガタガタです。以前はこれほどひどいことはなかったのに、親としてどうしたらいいか困っています。」

●魂が選んだ体を

もっとみる

けんか、した。

けんかをした。

自分の気に入らないことがあって、相手に突っかかって行った。
相手にとってもそれは不満に思うことであったらしい。

結果的にわかったのは、物事の考え方が根本的に違う、と言うことだ。
それに対するアプローチの方法が違うし、耐えられる限度も違う。

けんかをするたびに思い知らされる。

どんなに、誰より、近くにいると思っている相手でも、

つくづく他人なんだと。

久々に友達と喧嘩した。
まぁ、互いにプライドがあるぶん退かないよなぁ。面倒だなぁ。
さて、自然鎮火するまでラインの返信は止めとくかぁ。

「兄弟ゲンカの親の関わり方②」

も(ㆀ˘・з・˘):もやもやママ(と)か( ̄ー ̄):カウンセリングの師匠との会話

か( ̄ー ̄):そうだよね。じゃあ
どうしてムカついて怒るの?

も(ㆀ˘・з・˘):それは、自分の思っていうか、主張が通らないから‥

か( ̄ー ̄):相手は?

も(ㆀ˘・з・˘):相手も自分の主張が通らないから‥

か( ̄ー ̄):ということは主張と主張がぶつかり合ってることになるよね。

も(ㆀ˘・з・˘):確か

もっとみる

兄弟げんかの親の関わり方①

も(ㆀ˘・з・˘):もやもやママ(と)か( ̄ー ̄):カウンセリングの師匠との会話

も˘・з・˘):先生、ママ友から「兄弟げんかはどこから親が関わればいいのか」って相談を 受けたんだけど 私も、どこから仲裁に入って良いのかよくわからなくて・・・
うるさいし、聞いてて嫌な気分になるから「うるさい、やめろ!!」
って無理やりやめさせたりしてて・・・

か( ̄ー ̄):そうだよね。早いところ、やめさせ

もっとみる

誕プレは手紙がいいな

「今年の誕プレは手紙がいいな。」

「いいの?せっかくの誕生日なのに。」

誕生日プレゼントは毎度リクエスト制だった。

物欲がないわたしは、何をもらおうか考えあぐねていたけど(せっかくだから笑)

ある光景を見てピン!といいアイデアが思い浮かんだのだ。

手紙!!!

カナダやアメリカの街を歩いていて感じていたのだけれど、ポストカードを売っているお店が本当に多い。

スーパーや薬局にもお祝い別に

もっとみる

同じ時間を生きられるだけでうれしいなって思ってるよ。

長らくアメリカと日本で遠距離恋愛をしていた。

時差は13時間で、お互いに社会人だったから
1日に連絡を取り合える時間は1時間ちょっとくらい。その24分の1を楽しみに毎日生活していた。

けれども今月からわたしがワーキングホリデーでトロントに来たから、2人の間の時差は0になった。

同じ時間帯を生きられることが当たり前じゃなかった私たちはこれがいまだに新鮮でならない。

だって今でも同じ朝なのに「

もっとみる