ひねくれ

他人のことを心から綺麗と言える人は素敵だ

人と人との関係って難しい。

人がふたりいたら、何も起こらないことなんてない。

自分より有能な人、自分より魅力的な人…。他人と自分を比べれば、なにかしら思うところは出てくる。

あの人みたいになりたいと思う日もあれば、あの人がいなければと思う日もある。

思ったからと言って、行動に移すことは少ない。それでも、そういう気持ちが心から消え去ることはない。

そんなひねくれた考え方は、したくないと思う

もっとみる
嬉しくて泣いちゃいます…
2

ひねくれ

もう少し楽に考えられない?

それはできない。

なぜ?

そんな事はわからない。

もう少し手を抜いてみれば?

どうやって抜けばいい?

真面目過ぎはよくないよ?

自覚がないの。

疲れない?

体が痛むことはあるけど、それは疲れなのかわからない。

もっと肩の力ぬいて?

肩の力をぬくと他の場所に力が入るの。

たまにはボーッとしたら?

気づいたら考えてしまってね。

辛くない?

自分

もっとみる
楽しい1日になるといいですね。ありがとう。
7

高校時代のひねくれめもりー。

高校まで、学校生活においてあまりいい思い出がありません。

暗い話じゃないです、どうかお付き合いください。

というのも、いつも基本的にひねくれた考えで物事を見ていたように思うんです。

しかしそれは、自分のなかでは主流のロジックなのであって、ひねくれ者と言われようが、別に変わる気もなかったのですが。

たとえば。

休み時間にトイレに友達を強制連行する女がクラスに必ず存在することは皆さん周知の事

もっとみる

近況報告5

「きんきょうほうこくふぁいぶ」と読みます。勝手にそう言ってるだけだが。ちょっと「ひねくれ3」ぽく発音したくなった。

ゲストが好みの回だけ観ると楽しい。Tverでも直近のやつが観れるかな?

近況1 スノーデザート雪花 を購入

カキ氷屋に行列するのもツライから...家で美味いの食えないかな?と思って。まずはコーヒー豆乳でやってみました。

パッケージむいてセットするの楽しい!

味はまあ...悪

もっとみる
18「金はこやしのようなもので撒かなければ役に立たない」ベーコン
3

「エモい」って言葉が嫌い

お久しぶりです、fuzzy です!
今日は最近の若者言葉である「エモい」に関して思うことをつらつらと書こうと思います、

端的に言うと私は「エモい」と言う言葉が嫌いです。なぜならこれを使う時点で、全ての会話が終わってしまい、「自分の頭の中の語彙がないですよ」ないしは、「私はバカです」と表明しているようにしか思えないからです。多分これ使うやつらは脳の神経系をタピオカに侵されてると思ってます。あと音楽

もっとみる

あいちゃく【愛着】

えこひいきの肯定表現。
口説き上手な呪い、もしくは勘違い。

情動を増幅、複雑にし、判断力を鈍らせる。
なさ過ぎれば味気ないし、こじらせると膨大なコストを搾取される。
人にもらった趣味に合わないプレゼントと一緒で捨てづらいが捨てたらすぐに忘れる。

しばしば争いの種になり、争いによって強化される、社会性の欠点であり人間が真っ先に学習する社会性の一つ。

ポジティブ/ネガティブ

お世話になっております。
小林ぼっちです。

当方しがないピン芸人でございます。その活動の中で毎月「感じるな、考えろ」というトークライブを実施しております。

このライブは、たましいおおくす君という平仮名のみのピン芸人と僕とが、日ごろの生活の中から浮かび上がった違和感や発見を理屈・屁理屈で固めて吐き出し、哲学に明るいマザーテラサワさんという片仮名のみのピン芸人に聞いてもらって、あーだこーだそーだど

もっとみる

行列に並ぶのが恥ずかしい。

平成が最後。令和がはじまる。そんな節目の時期になるとSNSは「平成ありがとう!」と素直に楽しむ人と「令和とか関係ねえし」と尖ってみせる人のスクランブル交差点になる。

そしてその上のスタバから我関せずフラペチーノを飲みながらごった返す渋谷を見ているほんとうに何とも思っていない人がいる。

関係ないとわざわざ言った時点で反応してしまっていることに本人は気づいているのだろうか。

かくいう僕も多くの人

もっとみる
コメントもしてええんやで。
8

自分がプレゼントです

サイトのほうでレンズレビューブログ書いてたら、急にこれを書きたくなったので中断して書いてます。もう脳みそがおかしい。ちなみに内容がライトなのでこっちにしました。

前から思ってること。
恋人の誕生日にプロポーズする人いますよね。違和感感じるんです。
だってプレゼントが自分ってことですよね。えらい自分の価値を高いものとしてるなって。日本の謙遜文化を急に超えてくる感じ。
相手も嬉しいことが大半だろうか

もっとみる