もう一つの相棒

家を建てるにあたり雨風をしのぐためにガレージを建てたかった理由がこのスーパーセブンを所有したかったからです。

あれは私が20歳の頃のことです。当時、GT Romanという漫画があって、西風という漫画家が描いた本を夢中で読んでいました。今は連載中止になり廃刊になっていますがGT Romanという漫画は、特定の主人公やヒロインというものを設けておらずクラシックカーと呼ばれる趣味性が強い車と、そういっ

もっとみる
ありがとうございます。これからも喜んでいただける文章を書いていきます。
2

モータースポーツの舞台裏その2:「世界一過激」な現場で活躍するドクター

モータースポーツを舞台裏で支える縁の下の力持ちを紹介するこのシリーズ。「しゃべり」のお仕事に続く第2回は、レースドクターを取材しました。最高時速は300キロに達するスピードで、接触すれすれのバトルが行われるSUPER GT(SGT)。

マシンの安全性能やサーキットレイアウトの向上などにより深刻なアクシデントは減少している印象ですが、それでもレースの現場は危険が伴います。

SGTは、FRO(ファ

もっとみる

マツダの“執念とDNA”を乗り継ぐ夫婦

マツダ・サバンナRX-7 SE Limited(1981年型)

 2018年10月2日に、マツダはメディアと投資家たちを集めた新技術説明会を東京で開催し、野心的なプロジェクトが進行していることを明らかにした。
 それは、2019年にマツダ独自の開発によるEV(電気自動車)を発表するというものだった。マツダはその一方でトヨタと共同で次世代車を開発中だともすでに発表明していたが、独自開発のEVはそれ

もっとみる

写真職人プレゼンツ「渾身の一枚」その4 :伝統のテールランプ

ミニバンが流行っている昨今ですが、それでもニッサンといえば、「スカイライン」をイメージする方も多いと思います。このスカイライン、1970年代初めに発売された4代目の通称「ケンメリ」から、丸型4灯のテールランプが採用されました。スポーツモデルの「GT-R」も同様で、それ以降、GT-R=丸いテールライトというイメージが定着しました。

今ではスカイライン・ブランドと切り離されたGT-Rですが、市販車も

もっとみる

スーパーバイザーに会う

友人の桑田孝夫と互いを心理分析してみよう、ということになった。
「その前に、スーパーバイザーから指導を受けなくちゃね」わたしは言う。
「青森におれの知り合いの心理臨床家がいるぞ。その人に頼むとしようか」
 そんなわけで、わたしたちは青森へ向かった。

 レンタカー・ショップで、店員お勧めの最新車種を借りる。三菱のハイブリッド車で、ギャランドゥExcelという名前だった。
「なんだか昭和臭えネーミン

もっとみる

バッテリー(補機バッテリー)の交換時期について

長期休み前に確認して欲しいこと第4段❗❗
本日は圧倒的にトラブルの多い『バッテリー(補機バッテリー)』についてです🔋

そもそも、バッテリーの寿命は3年程と言われており、さらに使用環境によって寿命が前後するので交換時期がよくわからないのが正直なところではないでしょうか。。。
そこで私共は写真のようにテスターを活用します❗

「測定値」という項目があり、そこに「CCA」という単位が出てます。これは

もっとみる

「SUPER GT 2019」、第5戦レースレポート

アジア地域で最も人気のあるレースシリーズ、SUPER GT(SGT)。その第5戦が、先週末(8月4日)に富士スピードウェイで行われました。第4戦はタイでの開催でしたので、日本でのレースは5月末の鈴鹿以来。ちょっと久しぶりな感じがしました。

例年のことですが、夏場のレースは本当に暑い!この日も、気温33℃、サーキットの路面温度は51℃。アスファルトに触ってみましたが、危うくやけどしそうでした。レー

もっとみる

サーキットのプロフェッショナル達5-2

レースクイーンのみなさんに続き、SUPER GT第5戦・富士スピードウェイからサーキットの主役、レーシングドライバーの表情をご紹介します。予選やレース前の真剣な眼差しと、良い結果が出た後の開放的な笑顔のギャップがなかなか魅力的だと思います。

予選でトップタイムを記録し、GT300クラスのポールポジションを獲得した吉田広樹選手。マシンを停めるとチームスタッフのもとに走る!

まずは、タイヤエンジニ

もっとみる

サーキットのプロフェッショナル達5-1

「モタスポ!Park」がご紹介しているアジアで最も人気の高いモータースポーツシリーズ「SUPER GT (SGT)」。前回タイで行われた第4戦を経て、レースが日本に戻ってきました。今回は、まずレースクイーンのみなさんをご紹介。炎天下、アスファルトの照り返しで猛暑のサーキットでしたが、やっぱり汗をかかないんですね~。

まさに「クール」な立ち姿。マシンのボンネットは目玉焼きができそうにアツアツなんで

もっとみる