コーヒーのアタリハズレ

よくスターバックスでコーヒーを飲みますが、

どうにもケニアという種類のコーヒーが

口に合わないのです。

全部で何種類あるのだろうか。

一手間が幸せに

みなさんは最近何か嬉しいことはありましたか?

旅行に行ったとか、何か欲しかった物を買ったというタイムリーな人もいるかもしれませんが、ほとんどの人が日常生活で起きた些細な事を思い浮かべるのではないでしょうか。

僕は嬉しいという感情の9割以上は日常の些細なことが占めているのではないかと思っています。人は幸せを想像する時に非日常の出来事を想像しがちですが、実際は日常の「嬉しい」の積み重ねで幸せは構成

もっとみる

糖質制限なしの「太らない生活」:スタバとPAULをはしご

中村綾子です。

どーして、太らないの?

よく聞きれることです。

たぶん、前職のパン教室時代から、このご質問がとても増えていきました。

パン教室=パンを頻繁に焼く=パンを頻繁に食べる

という構図が出来上がっているんですよねー。

さらに、今も1番大好きな食べ物は、パンですから、やっぱり色んな人から「なんで太らないの?」と聞かれるのです。

実際のパン好き食生活は、結構パンに満ちています(笑

もっとみる

7/21 桃とカレー

19日から、スタバの新作フラペチーノが販売開始になっている。『ピーチ オン ザ ビーチ フラペチーノ』。桃。飲まなくてもわかる、絶対おいしいやつだ。

 で、今日の午後、飲んできた。やっぱりね。まちがいない。おいしい。ピーチネクターみたいな味。……あまりにも近いもので例えすぎだけれども。桃のとろりと甘い感じが似てる。桃の果肉もいっぱい入っていて、おいしい。

 いっしょに同じものを飲んでいた旦那さ

もっとみる
ありがとうございます! 毎日こんな感じで書いてます。読みにきてね。
8

できるできないは別として。

普段生活していて、この人いいな、できるな~って思う人って

たいてい、何かに秀でているがどうかは関係なくて

他人に対して配慮ができる人だと思っている。

自分の評価軸って結構そこに重きを置いている。

たとえ、能力が高くなくても、それを自覚したうえで配慮して、周りに頼れる人はむしろできる人と評価する。

逆に、いろいろできる人だとしても、周りを見下した様な態度で個人プレーばかりするような人は評価

もっとみる

Starbucks in China

背景

近年、中国ではコーヒー需要が高まっています。スターバックス(以下、スタバ)は、1999年に中国に進出して以来、3,600店舗まで拡大してきました。スタバにとって、中国はアメリカの次に、市場規模が大きく、急成長しているマーケットです。一方、2017年10月に創業したLuckin Coffee(以下、ラッキンコーヒー)が、中国のナショナルブランドとして、中国消費者にものすごい勢いで浸透していま

もっとみる

フラペチーノなんて、可愛い君としか飲まないよ

いつもホワイトモカとかばっかりだけど、600円するけど、季節ごとに楽しめるのなら良いね。

何が良いってレモンヨーグルト発酵フラペチーノはクッキーが入っていたり、ピーチオンザビーチ(正式名称を綴ってみる)は桃が入っていたりで、新しい味の出会いで話題になるところが良い。何度行ってもカフェで話をする時間が大好きなので、暑い夏は喉が渇く口実になって良いものやな

スタバブロック①

スタバに行く(お金)ブロックを外したお話です。

名付けて、スタバブロック🧱笑

以前は、年に1回行くか行かないかだったスタバ。

なぜか…?

「スタバなんてオシャレな人が行く所」
「スタバなんて高くて行けない」

って思っていたから。

スタバには興味ない、好きじゃないのだったらいいんですよ。

でも、本音は行きたかった!好きだった!

だから、「スタバに毎日行ってるとかカッコいい😍」と思

もっとみる

ブログ更新のお知らせ☆スタバの新メニュー、桃のフラペチーノ

こんにちは🌱

株式会社signの宮内です🌸

ブログ更新のお知らせ📢

桃🍑桃🍑桃🍑!(笑)
ずっと待っていました☺️

桃といえば、藤井桃子社長💓(笑)

ピーチ オン ザ ビーチ🏖フラペチーノ💕
みなさんも試してみてください🥰

株式会社sign
宮内 香澄

もっとみる

インスタこぼればなし(野帳とD3) 7/19

今日からスタバの新作ピーチ オン ザ ビーチ フラペチーノ®がスタート!それと一緒に夏らしいグッズも登場。「保冷トート&オリジナル保冷剤」も可愛いかったのですが、たぶん使わないだろうな〜と思い、今回はクリップのみ。クリップも大変、可愛い。

プラスチックのカップを持ち歩けるようにしていた商品はこちらです。タピオカ ドリンクホルダーとかで検索すると出てきますよ。

さてさて、測量野帳とフレックスノー

もっとみる