テキストサイト

「低価格ライター問題」 十数年前に経験したある出来事 #2

「低価格ライター問題」 十数年前に経験したある出来事
#1 https://note.mu/oharan/n/n2f783cd9b952
#2 https://note.mu/oharan/n/ne4e03c870812

前回までのあらすじ

さて、前回は私の古巣の探偵ファイルについて、WEBの広告業界に金字塔を打ち立てた ”手法” という面から再評価でもしてみようかと思ったのだが、気付けば個

もっとみる

「低価格ライター問題」 十数年前に経験したある出来事 #1

「低価格ライター問題」 十数年前に経験したある出来事
#1 https://note.mu/oharan/n/n2f783cd9b952
#2 https://note.mu/oharan/n/ne4e03c870812

スマホゲーが低価格ライターを生んだ……?

先日、TwitterのTLでこのような記事を見かけた。

「低価格ライター」の起用は搾取なのか?
ゲーム攻略サイトの労働条件を考え

もっとみる

令和のテキストサイト管理人になりました

ここ数日のうちに自分の中で何かが大きく動き出している。

タイトルの通り、私はまだ誰にも見つかっていないテキストサイトを開設した。なぜか?

それは……

「自分の管理下で、ほぼすべて自由な環境が欲しかったから」

に他ならない。

今の時代、テキストサイトという形態はせいぜいテキストブログに留まり、あるいは短文のSNS等がウェブ発信の中心になっているような気がする。

ところが遥か20年も昔はブ

もっとみる

最後まで正しく文章は読んでもらえない

最後まで文章を読む人は思ったより少ない。

昔から気になっていることがあって、自分でも色々試してみたことがあります。「最後の一行まで、正しく意味を理解しながら文章を読むかどうか」。

最初に気がついたのは20世紀末です。

199x年から21世紀初頭にかけて、Internet 老人会のみな様は、よくご存知のとおり「個人ニュースサイト」が流行っていました。その後に来たのは「テキストサイトブーム」です

もっとみる

はじめてのインターネット

はじめてのパソコンがうちに来た時の事は覚えている。

「大きな箱が来た」

それ以上でもそれ以下でもない。特別な期待があったわけでもなく、胸がワクワクしたわけでもない。
私はそれから何十年たった今となっても「ガジェット萌え」とは縁がない。既に当時から新しいものに対して、ちらりとも心躍ったりはしなかったということなのだろう。

とにかく、そこが私とインターネットの出会いであったことは間違いない。

もっとみる

我をわーい^^vってならせし者達へ

あー、アナタは、自分の書く文章とか創作物が好きか。
 あの、ぼくは割と好きです。自分から出てくる、なんか、思考のまろび出モン。例えば、ブログやnoteで書く文章とか。

 なんでしょうね、ハードルが低いんですかね、たぶん。ちょっと、なんか、日本語を駆使して意味のある文章を書くと、えらいね、ってなる。なかなかできませんよ。日本語を駆使して意味のある文章を書くこと。
 いや、違くて。違くないですが

もっとみる

パソコン電源交換全記録

「電源!おまえ本当に行っちまうのかよ!」

「あぁ…どうやらここ最近の異音。原因は僕だったみたいなんだ。」

「そんな!お前さんから流れてくる電気は何も変わらないではないか!」

「僕の身体に埋め込まれたファン…。どうやらこいつがもうダメみたいでね…」

「やだやだやだ!わたし電源くんがいなくなるなんて嫌だよ!」

「わかってくれよメモリ。これは僕たちのあるじ様が決めたことなんだ。僕達はみんな揃っ

もっとみる

テキストサイト仲間の童貞喪失をお祝いした日

どうも、駄文置き場の主です。5年ほどお風呂に入ってないです。

かつて、テキストサイト界に「断崖絶壁!」というサイトがありました。

管理人は必殺!年賀状マニア氏。同い年でした(たしか)。

彼が自分のテキストサイトのファンである風俗嬢と伊豆だか熱海だかの旅館に宿泊して童貞喪失をしました。

その直後の、お祝い日記です。お祝いに見えないかもしれませんが。

2003年6月29日に僕のテキストサイト

もっとみる

テキストサイトの時代~むかしばなし~

唐突ですけど、2ちゃんねるの管理人って、名前分かります?「2ちゃんねる」当時の。侍魂って言われて、SNKじゃない方思い浮かべる人います?(いや、それももう古いのか)。兄貴の館って言われて何かわかります?
わかる方、オールドユーザーですよね。僕と同じ。テレホーダイの時間待ってネットを徘徊していた人ですよね?そんな人と思い出を分かち合いたくて始める「むかしばなし」シリーズです。知らない人にもわかるよう

もっとみる

平成のオタクに捧げる鎮魂歌

個人史の中のオタクの話。2000年から2010年ごろにかけて、学生だった自分の周囲に次第にオタクが増えていった実感があるので、当時の有り様を書き留めておくのも面白かろうと思って書く。都市部のオタクの自分語りだと思って読んでもらえれば。

 自分は平成生まれで、小学校に入った頃にはすでに家にWindows98の入ったPCがあった。家族共用のPCだったので、自分は時たまゲームの攻略サイトを覗いたり、P

もっとみる