失敗しないダイエット!目標設定のススメ!

Lead代表の阪本です。

ダイエットについて投稿します。

これまで、様々なダイエットとリバウンドを繰り返しているかたは多いと思います。

そんな方に読んでもらいたい内容です。

とにかく簡単で、実用的です。電卓とメモのご用意を!

目次|

・本当にダイエットは必要?
・ダイエットを始める!と決めたらはじめにすること
・現状の把握
・理想の設定
・理想と現実のギャップ
・必要消費カロリーの計算

もっとみる

はじめました

Profile|

アスレティックトレーナー養成校を卒業後、病院やフィットネス、陸上、サッカーを中心にスポーツ現場で活動しています。2018年〜はフリーランスのトレーナーとして活動。Lead -Conditioning for High Performance- の代表を務めております。

資格|

・日本スポーツ協会公認 アスレティックトレーナー・日本健康予防医学会 関節運動指導士Level2・

もっとみる

マラソン&競歩の「札幌開催案」は果たして本当に選手ファーストなのか?

衝撃のニュースが飛び込んできたのは移動の電車の中でした。

「マラソンは札幌開催か?東京五輪、猛暑を懸念」

一瞬目を疑いましたが、速報に目を通して見ると、どうやら”決定”というわけではなく、IOCが大会組織員会や東京都などに”提案”するらしいとのこと。ただ、IOCからの提言なので、当然ながら軽いものではなく、十分に重く受け止めてほしいという裏のメッセージが隠されているんだろうなということはすぐに

もっとみる
いろんな発信をこれからも継続していきますね!!
5

いよいよ始まる箱根駅伝への挑戦〜後輩たちの戦いを応援する今の心境〜

出雲駅伝が終わって、次は全日本!

世間の駅伝ファンの目にはこんな風に映っているかもしれませが、その間に「箱根駅伝予選会」があるということを忘れてはいけません。

「予選会」といえど、今ではテレビ中継されるほどになりましたし、本戦に匹敵するんじゃないかと思うほど、注目度は年々増しています。大学生のスポーツですが、様々な人々の思惑が交錯する状況をどう見るかは立場によって議論が分かれると思います。箱根

もっとみる
このワンアクションが文章を書く原動力になります。
4

NOTE Vol.56 【動画解説】 ブレない"哲学"を持っている人間に、人は集まる。

NOTE Vol.56 【動画解説】 ブレない"哲学"を持っている人間に、人は集まる。

同じ内容のNOTEを、月額マガジン(¥980/月)でもお届けしています。 月2本以上ご購入していただいている方は、そちらの方がお得です。どうでもいい飲み会を一回我慢したと思ってぜひ。↓

皆さんこんにちは。Kentoです。

「今後、価格競争に揉まれるパーソナルトレーナー業界で、どんな人が生き残るのか?」

もっとみる

自己紹介

Profile

高校卒業後、トレーナー養成専門学校に進学し、日本スポーツ協会アスレティックトレーナーを取得。

専門学校卒業後は整形外科でアスレティックトレーナーとして臨床に関わる傍ら、パーソナルトレーナーとしても活動。

学生時代からソフトテニスに明け暮れ、同競技にトレーナーとして関わりたいという想いから、2016年4月より「Tennis・soft tennis Physical Measur

もっとみる

2019.10.16 メモです

2019.10.16 メモがわりに。

数年前から

『パーソナルトレーナーとして生計を立てることから脱却』

というテーマを持ってまして、、というのも、フと思ったんです。

パーソナルトレーナーで生涯生きていける人ってどれくらいいるんだろう。って。

そもそも定年退職って概念がないわけだし、というかそれより、定年を迎えるような年齢のトレーナーさんてどれくらいいるんだろうか。

基本的にトレーナー

もっとみる

國學院大学初優勝に見た組織の「成長」と「成熟」

出雲駅伝が終わりました。

この駅伝は台風と重なることが多く、2014年に台風で大会自体が中止になったことがありました。この時も台風19号。自然災害はどうしようもならないとはいえ、色々と考えさせられる問題です。

そんな中、見事に初優勝を飾ったのが國學院大学!また一つ新しい歴史を作りましたね。國學院大学といえば、駅伝で目立つ存在ではなかった(・・・というと失礼ですが)のですが、今回は前評判も高く、

もっとみる
いろんな発信をこれからも継続していきますね!!
3

運動継続のための4原則①

運動を継続するって難しいですよね(>_<)

運動だけに限らず、どんなことにおいても継続は難しいと思います

こんな経験はありませんか?

スポーツクラブに入会したけど、長続きしなかった

帰りは、一駅前から歩いて帰ろうと決めたけど、仕事で疲れたからいーや

などなど

私は、こういう経験がありました(>_<)

そして、出来なかった自分に対して意思の弱い人間だなと自分を責めてしまいました。

もっとみる

INEOS159〜キプチョゲの「フルマラソン2時間切り」を振り返る

すごい記録が誕生しました。

およそ10年前の論文では、「人類はフルマラソンで2時間を切ることはない」と結論づけられていましたが、まさかその記録をこう言う形で破られるとは、マーク・デニー教授も想像していなかったでしょうね。フルマラソンの記録が2時間1分台に突入した時点で、何かしらが起こるんじゃないかと言うそわそわした感情が湧き出てきていましたが、それが現実のものになりました。月並みですが・・・「す

もっとみる
このワンアクションが文章を書く原動力になります。
3