ビエンナーレ

BS世界のドキュメンタリー
NHKBS1 9月27日(金)17時

南極で行われた前代未聞の大型アートイベント「南極ビエンナーレ」に密着。
各国のアーティストたちは、凍てつく大地で野生動物たちに囲まれ、どんな作品を作り出すのか?
https://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=190109

ありがとうございます!
1

ある日突然天国に行っちゃって

2018年8月29日 入り口のゲートを見てってよ。僕の自慢のスタッフが作ったんだ。

3年前の今日の話。
狙ったわけじゃないけど、明日は『おとぎ町の素敵な音楽会』ずっと続いてるな。

2015年8月29日
「町を作らなきゃ意味がない」と言い出したのは、何年前だっけな?
もう忘れた。
覚えているのは全員から鼻で笑われたことと、何度もテレビ番組でイジられたことと、高橋ジョージさんから「でも、本当にやっ

もっとみる
僕もスキです!ありがとうございます!
2

至高の弾丸その3

おはようございます。
もうこの冒頭で書くようなことがなくなってきました。何かしら思いつくときはあるのにそのまま特にメモも取らず放置するから忘れちゃうんだよ~、頑張れよ自分。

それはそうと、今めちゃくちゃ眠いです。
仕事してて、夕方くらいの時間がピークに眠い気がします。
電話のコール音で寝落ちしそうになるレベルで。それとともに語彙力も失われていく、、、

そんな眠気を飛ばすためにも、大阪3日目、書

もっとみる

現在の小学生・中学生 約200人が描く青写真とは?「現在の青図-中之条 2019-」@中之条ビエンナーレ2019

【中之条ビエンナーレ2019】

群馬県中之条町で8/24より開催されている「中之条ビエンナーレ2019」にエデュケーショナルプログラムアーティストとして参加しています。

展示している作品は「現在の青図-中之条2019-」

(現在の青図-中之条 2019- Cyanotype 2548mm×7725mm ©Shunya.Asami)

中之条小・中学生約200人と制作した作品と、前回2017年

もっとみる

撮影禁止でポスターしか載せられなくて残念です。偶然隈研吾さんの講演を聞く機会がありました。六本木のビジネス図書館で隈研吾さんがおすすめの本を偶然手にすることが多く、北イタリアのPadovaの建築系財団の由来や世界各国の建築事務所の話、すべてがとても腑に落ちる内容で清々しいイベント

イタリアというと観光立国と美術とビエンナーレと建築と思っていた。最近はfintech分野が強いと知りました。現地の人いわく治安が悪い国は現金を持ち歩くのは危険だからと。しかし歴史が長い国フィレンツェのメディチ家だって銀行一家だし金融に強かった歴史も長い。イタリアITで復活する?!

好きありがと
5

【気になるプレスリリース】
「私たちに未来を語るのは“アーカイブ”である」というゴダールの考え方に共感する。

堂島リバービエンナーレ2019 2019年7月27日ー8月18日 開催決定 https://kyodonewsprwire.jp/release/201906097315

ありがとうございます!地道に発信していきます!!
2

たいちゃん ってるよ

画像は、荒井さんの絵本「こどもる」だよ。

元気がなかった時に、イベントでたいちゃんれ!って書いてもらった。

イベントには、多分保育士さんとか、子供と仕事で関わりつつ、仕事のやり方と子供達の間で色々と考えることがある人も集まっているようであった。

なんとなく、ちょっと違う、って感じる時にこういう本から感じるものを大事にすれば、私の感覚大丈夫って思えたり、近い感覚の人たちに出会えたりする。

もっとみる
ありがとう〜(o^∇^o)ノよかったらまた、たまに来て下さいね♪
1

今月行きたい北陸のコンサート・催し情報(2018年9月)

あっという間に芸術の秋もすぐそこ。連休の多い9月は各地でイベントが目白押しです。ちょっと出遅れましたが、今月も行きたい北陸のコンサート情報を独断と偏見で選びました。

《音楽》
9/8(土)・9(日) @福井県鯖江市・越前市
Tannan JAZZ Street 2018
鯖江商店街で催される秋の夜市に合わせて、JAZZイベントも。私も先月、はじめてJAZZセッションに行ってみました。いやはや、涼

もっとみる
ありがとうございます!
6

Biennale of Sydney 21st / Cockatoo Island vol.2 /シドニーで週末を

ゆっくりとした更新をしております。もうそろそろSydney Biennaleも開催終了ですね。まだ2つ3つ週末が残っていますのでこの写真が誰かの移動モチベーションの喚起になれば幸いです。



Suzanne Lacy

イギリスのペンドル地区で2016年と2017年に行われたプロジェクトのアーカイブ展示が行われていました。1つの会場では《The Circle and the Square》が展

もっとみる