マネー教育

金融用語を学ぶのですか?回答編。ユニバリスト式インターナショナルファイナンス教室

ユニバリスト式スクールについてご質問を頂きました!

Q.金融用語がたくさんあって難しくないですか?

A.よく言われます。(笑)
しかし、ユニバリスト式インターナショナルファイナンス教室では難しい金融用語を学ぶのではなく、欧米の幼稚園児からでも理解できる、もっとカンタンな用語を使って金融用語の意味を理解していきます。

たとえば、「お金と時間のバランス」について、学ぶ時には 「お金を稼ぐことだけ

もっとみる

キャッシュレス対応・親子でつながる おこづかい帳サービス「omamoly one」

こんにちは、THE GUILDの大宮(@we6tr0n)です。

ぼくが運営しているFintechベンチャー MoneySmart Inc. で開発中の新サービス「omamoly one」が、今年の夏〜秋のリリースに向けて現在パブリックベータテストを行っています。今回はこのサービスについて少し書いてみたいと思います。

omamoly one とは?

omamoly oneは中高生のお子さ

もっとみる

次世代貯金箱がスゴイ。子どものお小遣を考える。

昨日みたノート記事。めっちゃ可愛い貯金箱でした。欲しいけど日本にはないみたいです。

パパの時代は貯金箱といえば「豚さん」。お金がチャリンという音が心地よい。そして、豚さんのおなかからすぐにお金を出せてしまう。

そんな問題を解決し、デジタル世代に対応したのがこの貯金箱。こんなサービスが日本であればパパは速攻で契約しますね。

パパ銀行を開設するために、こうちゃんの銀行口座を開設しました。もうすぐ

もっとみる

娘たちへのマネー教育について。

我が家の8歳と5歳の姉妹では今、あることが流行っている。

それは、

「アルバイト」。

毎日、洗濯物をたたんだり干したり

夕食の配膳をしたりすることで

10円〜200円単位で彼女たちはガッツリと稼いでいる。

まるで、家庭内クラウドワークス状態。

わたしから、家事をしてほしいときに

「バイトしたい人〜!」と求人を募るときもあれば

娘たちのほうから

「100円のお仕事ない?」

と言

もっとみる

31年間お金としあわせに付き合うことができなかった私が、学んだこと、考えたこと、変えられたこと

~この文章は、2013年に執筆した文章に加筆修正したものです。現在は当時とは考えや行動も変わっているのですが、このときの取り組みが誰かのお役に立てばと思い、再度公開することにします〜

〜これは、私が持っていたお金に関するネガティブな観念(思い込み)を手放し、書き換えた経緯とその過程で学んだこと、その後のこと、そして、すべてにおいて気づいたこと・考えたことをシェアするものです~

◆お金と健康的な

もっとみる

おこづかい金額の決めかた・メリットについて【おこづかいプログラム実践編①】

■最重要項目

家計の中で実際にかかっている子ども費の金額を把握すること。
おこづかいプログラムを導入しようと決定できたのは、その前の1年間、きっちり家計簿をつけて、子ども費にいくらかかっているのかを把握できていたから。
習い事や教育費以外の、おかしや肌着などの消耗品類などの1年間の総額と比較して、この金額だったら子ども自身に管理してもらってもいいと思えたので、導入することにしました。
1年間きっ

もっとみる
きょうも、自分にていねいに。よい一日をお過ごしください!
2

お金と仲良くなるために。【おこづかいプログラム】に取り組む理由。

2年前、娘が小学校にあがるタイミングで、この本を参考にしておこづかいプログラムを始めました。

■おこづかいプログラムとは

・おこづかいを5つの目的別に管理する。

1.ほしいもの(20%)おやつや、カードゲームなど
2.ひつようなもの(40%)靴、肌着・靴下などの衣類など
3.短い貯金(15%)1.2が足りなかった時の補填用
4.長い貯金(15%)高額なものが欲しい時の為の貯金
5.寄付・社会

もっとみる

子どものマネー教室を始動しました。天王寺校、帝塚山校

みなさんこんにちは!
ユニバリスト叶レイ華です。
今日はご報告があります(*^^*)

いつもたのしみに『こどもに教えたいお金の授業』を読んでくださる方にお知らせです。

この度小学生からの金融教室『ユニバリスト式インターナショナルファイナンス教室』をスタートします。

ヨーロッパやアメリカの子どもたちは幼少期から金融教育が取り入れられていることをご存知でしょうか。3歳でおカネの概要を理解、7歳ま

もっとみる

4歳児かえちゃん、クラウドファンディングのお金を握りしめて世界堂へ行ってきた!

以前、4歳の娘がpolcaで集めた¥16,100。ご支援くださった13名のみなさん、シェアや応援くださったみなさん、本当にありがとうございました。本来、フレンドファンディングというかたちで、身近な友達同士でお金を集める「polca」。でも今回は、BAMPの記事を読んだり、SNSで拡散してくださった方がたくさんいらっしゃったおかげで、友人知人の枠を超え、ご支援いただくことができました。親子共々、本当

もっとみる