ブレードランナー 2049の感想/前半と後半で流れが変わりすぎ

ネトフリにあったので観たけど、長いし微妙な気持ちにしかならなかったわ。この作品は続編らしく、前作は1982年のハリソン・フォード主演の映画だそうです。前作観てたら面白かったのかもしれない。

でも前半は面白かったのよ。人間に差別されながらレプリカントとして生きているライアン・ゴズリング、唯一心を許せる相手がホログラムの女の子。つまり、実体がないから触れ合えない。このあたりの切ない恋愛要素とか、実は

もっとみる

早川文庫SFは2020年代の必修科目テキストだ(2)

*映画館にいた「ブレランおじさん」
 

筆者は『ブレードランナー』直撃よりもだいぶ後の世代なので、「(おにぎりは)1つで充分ですよ!」のハリソン・フォード版はオトナになってからDVDで観た。なので最初に映画館で観たのがあのライゴズ主演の『2049』だったわけであるが、上映前の客席を見渡すと、だいたい40〜50代くらいのいかにもSF映画好きなおじさんたちが占拠しているという、個人的にはとても和む空

もっとみる

ブログに「ファースト・マン」(2019)の感想を書きましたー!
「ラ・ラ・ランド」のデミアン・チャゼル監督最新作で、人類で初めて月面を歩いた男の伝記映画です。
http://aozprapurasu.hatenablog.com/entry/2019/08/02/224137?_ga=2.23637178.1043685913.1564458108-1906099834.1397489967

トーク版
https://radiotalk.jp/talk/164240

映画「ラースと、その彼女」青年とリアルドールの純愛の行方とは

#発掘良品 #感想文 #映画 #備忘録

これから、ちまちまと
#映画の感想文 のタグとともに発掘良品的(単純に私の好みの)映画を投稿していこうかな。

あくまで感想文なので、ネタバレも込みになります。ご了承ください。

今回、私が独断と偏見で選ぶ発掘良品映画は

「ラースと、その彼女」(2007) です

今作は、「ラ・ラ・ランド」でも知られるライアンゴズリングが主演をつとめる作品である。

もっとみる

Drive

”ドライヴ”

想像と違って、なかなかグロくてバイオレンスでした。

数回、目を背けてしまった。

寡黙なライアン・ゴズリングに惚れ惚れ。たまに見せる笑顔にさらに惚れた。

見え隠れする純愛、時には人間らしく、かと思えば淡々と表情を変えずに血まみれになる。

ちょっと苦手な映画だったけど、ライアン・ゴズリングは素晴らしくかっこいい。

48本目

ハードボイルドかつ繊細な映画『ドライヴ』

おそらく、この映画が公開されるまではライアン・ゴズリングの代表作は『きみに読む物語』だったでしょう。
泣ける恋愛映画の決定版として人気を博した作品でしたが、ごく個人的な好みでは、あまり好きなタイプの映画ではありませんでした。
『きみ読む』のヒットにより、おそらくは大作への出演のオファーが殺到しただろうゴズリングは、しかし、その後は『ハーフネルソン』や『ラースと、その彼女』など質の高い小品への出演を

もっとみる
thx!今後も面白い記事を届けられるよう頑張ります。よろしく!

ライアン・ゴズリングの「感情」も「キャラ」も演じない演技法。

『ファースト・マン』はボクの2019年度暫定ナンバー1映画なんですが・・・宇宙ってあんなに怖い場所なの!?宇宙船ってあんなに頼りない乗り物なの?という怖い怖い映画でしたねー(笑)。

荒れ狂うエンジン音、大音響できしむ宇宙船・・・宇宙船のシーンはとにかく騒々しくてエキサイティング!
それに対して人間ドラマのシーンは総じて静かで、ライアン・ゴズリングの演技も淡々としていて・・・でもエモーションが荒れ

もっとみる

最近見た映画-ファースト・マン

宇宙や月面着陸をテーマにした映画、ファースト・マンを観に行きました。久しぶりに映画館で全身鳥肌が立ちました。宇宙に詳しくないため、宇宙のことや月面着陸の実話に基づいているかはよく分かりませんが表現がすごかったため感想を語っていきたいと思います。
※以下ネタバレもあるので注意です。

宇宙を描くデイミアン・チャゼル監督

ファースト・マンは「セッション」や「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼルが監

もっとみる

それでも結局、人間は無力

作品:「ファースト・マン」 
◆人類初の月面着陸をしたアメリカ人宇宙飛行士、ニールアームストロング
◆彼を宇宙飛行士にしたのは、亡くした娘の存在
◆アメリカ史上最大の偉業とも言えるアポロ11号のミッションの裏にあった、美しくも儚いストーリー

ララランドのデイミアン・チャゼルとライアン・ゴズリングが再タッグを組んだことで話題になったこの作品。

アメリカ人なら知らない人はいない、アポロ11号船長ニ

もっとみる

思い出の答え合わせ

答え合わせの結果は、

「ただ懐かしくて」

だった。そうだと思ったけど、気が抜けた。

懐かしいことばかり増えて、やりたいことばかり増えて、叶わないことばかり増えていますよ、とお伝えしておいた。

人生を動かすのにはパワーがいる。

もちろん、パワーだけではどうにもならないこともある。

お金も時間も、当たり前にかかる。

だから、今はそのパワーを溜めてるんだ!! って思っているけれど、3年は溜

もっとみる