貴船の川床に行ってきた

本日は貴船の川床に行ってきました。

京都駅から出町柳駅に出て、叡山電車に乗って貴船口駅へと向かいます。

上の写真は貴船神社。お盆を過ぎていたこともあってか、観光客はあまり多くなく、快適に過ごすことができました。

貴船神社のおみくじは変わってまして、水に浮かべると文字が滲み出てくるというタイプのおみくじです。

京都は盆地なので死ぬほど暑いのですが、それに対して貴船はとても涼しかったですね。

もっとみる

有料記事についての雑想

私は少し前から、有料記事をひとつ投稿してみたいと思っている。

別に有料記事で生計を立てようとか、お金儲けをしようと思っているわけではなくて、何というか、「有料で出したコンテンツが売れる」という経験をしてみたいのだ。

特に日本はこうした「お金儲け」的な行動に厳しいところがある。読者の方でも「有料記事を出してみたいけれど、周囲の目があるし、なんとなく気が乗らない」という人はいらっしゃるのではなかろ

もっとみる

それでも私は「逃げていい」と言いたい

人間は、時々、負の感情を抱えることがある。

そして仮に原因が取り除かれたとしても、その感情は衰えることなく、取り返しのつかない悲劇をもたらすことがある。

例えばうつ病。

仕事が原因でうつ病になった人は、その原因である職場から離れても、それが即座に回復するわけではない。

それどころか病状が悪化し、それこそ自殺に繋がってしまうという例も少なくない。

ところで、アメリカの小説家であるウィリアム

もっとみる

noteを始めて1ヶ月毎日更新した結果

今回は例によって報告記事になります。

私は7/18、つまりちょうど1ヶ月前にnoteを始めました。

特に方針も決めていなかったのですが、割と書きたいことが溜まっていたので、一応毎日投稿することができました。

今回は1ヶ月続けた結果の報告をサラッとやりたいと思います。

全体ビューは33203、スキは1190ありました。現在、フォロワーさんは現在286人いらっしゃいます。読んでくださった皆様、

もっとみる

本当に自由な働き方を考えてみる

最近、ふと、仕事と休日が渾然一体となっている日常に興味を抱いている。

大抵の人は、月曜日から金曜日まで仕事をし、土曜日と日曜日は休みである。

しかし世の中には、それこそ仕事をしているのか遊んでいるのかよくわからない人がまあまあいる。

そしてそういう人は、決まった休みを取ることなく、仕事なのか趣味なのか遊びなのかよくわからない日々を、ずっとずっと繰り返している。

かつての私は、仕事と休暇は

もっとみる

ひどく落ち込んだ時に少しでも楽になるには

私の場合、夜は集中力が切れている。

というのも、朝から色々と気を遣って過ごしているので、夜になる頃にはもう頭が疲れてしまっているのだ。

だか、時折、何かを終わらせなければいけない時がある。

私はウンウン言いながらそれに取り組むが、全然はかどらない。寝てしまおうか。いや、でも朝にやる気が起こる保証もない……

しかし結局、私は、誘惑に負けるようにして、布団の中へと潜り込んでいく。ことに寒い季節

もっとみる

「子どもを作らない」という選択

DINKsという言葉があるのをご存知でしょうか?

DINKsというのは、Double Income No Kidsの頭文字などを並べたものです。つまり、共働きで、意識的に子どもを作っていない夫婦のことを指します。

最近は少子化だなんて言われていますが、今、こうした、共働きをしながら子どもを作らない夫婦というものが増えているのですね。

上図のオレンジの線が所謂DINKsなのですが、段々と増えて

もっとみる

子持ちvs独身者という構図

本日は少し難しいテーマを書いていきます。

最近になってようやく育児・出産などの支援が整ってきており(とはいえ浸透したかと言えばまだまだですが)、段々と改善されてきているように感じます。

さて、しかしここで大きな問題が発生してしまうんですね。例えば、誰かが育休を取ったとする。するとそれまでその人がやっていた仕事は、果たして誰が担当するのか。そう、独身者や子無しにしわ寄せがいくのですね。

もちろ

もっとみる

今後の方向性について

皆さんこんばんは。今西と申します。

本日、記事のほうはお休みさせていただきまして、今後の方向性について短くまとめていきたいと思います。

まずどうして今日の記事がお休みなのかというと、ちょっとしたトラブルに巻き込まれているからなんですね。

何かと言うと、三日前くらいから、自分の記事がちょくちょく削除されるという現象に悩まされているからなのです。

可能性としては①運営に消されている②バグで消え

もっとみる

「お客様」があまりにも強すぎる世の中

今回は、CSだけでなくESも気をつけなければいけないよね、という話です。

CSは、Customer Satisfaction(カスタマー・サティスファクション)。つまり顧客満足のことですね。

対してESは、Employee Satisfaction(エンプロイー・サティスファクション)。つまり従業員満足のことですね。就活でよくつかうエントリー・シートもESなので、ちょっとややこしいんですが、今

もっとみる