レジスタンストレーニング

《講座(7)》レジスタンストレーニングの基本

今回は「レジスタンストレーニングの基本」についてです。

レジスタンスとは”抵抗・負荷”を意味する言葉であり、いわゆる器具等を活用した筋力トレーニングのことです。

何事も基本の理解は重要になりますので、ぜひ最後までお読みください。

<トレーニングの前提>

前提として、トレーニングにおいて重要なのは「強度」であって「運動様式」ではありません。

自重トレであろうと、バランスボールトレであろうと

もっとみる

バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮する(不安定なレジスタンストレーニングは、安定的なレジスタンストレーニングと比較すると、より大きな神経筋適応を促すことが明らかになっている)

バランストレーニングと不安定なレジスタンストレーニング
多くのスポーツ活動では、バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮することが必要であるため、不安定なレジスタンストレーニング(BOSU上でのスクワットなど)は、安定的なレジスタンストレーニングと比較すると、より大きな神経筋適応を促す(体幹の筋の活性化、共収縮、四肢筋群の活性化をより高める)ことが明らかになっています。

さらに、不安定性トレーニン

もっとみる

主要栄養素と微量栄養素の欠乏と免疫機能(例えば、タンパク質の欠乏は免疫系の機能にも重大な影響を及ぼし、感染の可能性を高める)

主要栄養素と微量栄養素の欠乏
ある特定の主要栄養素と微量栄養素の欠乏は、アスリートの免疫機能障害に大きな影響を及ぼすおそれがあります。

体重がパフォーマンスの抑制因子であると思われるスポーツや消耗の激しい持久系スポーツ、その他1日に何時間ものトレーニングを必要とする活動では、栄養不足が起こることも少なくありません。

アスリートは適切な水分補給を維持することを心掛け、また、パフォーマンスの向上を

もっとみる

ホルモン仮説と女性の筋肥大(ホルモン仮説に関連する興味深い知見として、女性においてレジスタンストレーニング後のT濃度上昇は男性に比べるとより短時間かつ小さいものであるにもかかわらず、相対的に筋肥大と同様の反応を示したことが挙げられる)

ホルモン仮説と女性の筋肥大(ホルモン仮説に関連する興味深い知見として、女性においてレジスタンストレーニング後のT濃度上昇は男性に比べるとより短時間かつ小さいものであるにもかかわらず、相対的に筋肥大と同様の反応を示したことが挙げられる)

ホルモン仮説における女性の応答
ホルモン仮説に関連する興味深い知見として、女性においてレジスタンストレーニング後のT濃度上昇は男性に比べるとより短時間かつ小さいも

もっとみる

「アスリートに筋トレは必要?」第1章を無料公開しました!

加筆などのアップデートに伴って、5万字くらいになりました。まだまだ書いておきたいことがありますので、少しずつアップデートを続けていきたいと思います。

今回のアップデートに伴って、無料部分を大幅に拡大しました。内容やどんな感じで書いているかの参考になればと思います。

お時間がございましたら、読んで頂ければ嬉しいです。よろしくお願い致します!

「アスリートに筋トレは必要?~コンディショニングの観

もっとみる

バッターのスイング速度向上のためのトレーニング~トレーニング効果の転移~

※このnoteは『アスリートに筋トレは必要?~コンディショニングの観点から~』の内容から、トレーニング効果の転移の章を中心に抜き出したものとなります。既にご購入頂いている方は内容が重複するため、新たにご購入頂く必要はありません。

目次

はじめに/スイング速度が速いメリット/競技練習を行うのは前提/そもそもトレーニングとは何か?/さまざまな体力要素/biomotor abilities/各体力要

もっとみる

レジスタンストレーニング×REVOIST

こんにちは!

レジスタンストレーニングを聞いたことありますか?

そもそもレジスタンストレーニングとは「筋トレ」のことです。

筋力は一定の負荷を書けることによって維持、向上します。筋に負荷をかけたトレーニングをレジスタンス(抵抗)運動と呼びます。チューブや、ダンベル、バーベルなどを使用して行うので方法は多岐にわたります

そのレジスタンス運動は主に筋力を向上させる事を指します。負荷や回数、セッ

もっとみる

筋トレは昔より受け入れられている

別のnoteにも書きましたが、昔と比べて筋トレ(※ここではレジスタンストレーニングとイコールとします)は随分受け入れられていると感じます。それは、有名なアスリートが実践して、その選手が活躍する姿をメディアで取り上げられたりすれば、反響は大きいですね。

ただ受け入れらているとは言っても、「筋トレは意味がない」「筋トレはむしろ害だ」といった主張も時々見かけるわけですが、今は科学的にトレーニングの効果

もっとみる

アスリートに筋トレは必要?~記事のアップデートに関するお知らせ~

『アスリートに筋トレは必要?~コンディショニングの観点から~』

既にご購入頂いた方々には御礼申し上げます。内容の充実を図っていきたいと思います。なお、全てを詰め込もうとするのは不可能なので、適宜記事内には引用文献を明記していますので、そちらを参考にして頂ければ幸いです。

さてお知らせですが、1月15日0時に有料記事のアップデートに伴い料金を少し引き上げます。この記事は少しずつアップデートする予

もっとみる

アスリートに筋トレは必要?~コンディショニングの観点から~

はじめに

アスリートと筋トレの話題について、メディアでよく取り上げられるようになりました。一昔前は、「筋トレをすると身体が硬くなって動けなくなる」「筋トレで鍛えた筋肉はスポーツでは役に立たない」といった説は、あたかも信憑性が高いかのように伝えられていました。

今でもそういった話はありますが、有名なアスリートが筋トレを行っていることを取り上げるメディアも増え、またアスリート自身がSNSなどで発信

もっとみる