小中学生がビームライフル射撃を体験 【安値な懐中電灯で防犯にもなる】

子供は銃を使ったら駄目にだ!と子供差別をしている奴がいるが、
大人の暴漢よりも弱い子供や高齢者や女性こそ銃に慣れて防犯だ。

普段も犯人の目をくらます、まぶしい懐中電灯を持っていれば、
防犯にも、地震や台風などでの防災にもなる。

軍用な小さな懐中電灯はネット通販で送料込みで約200円と、
かなり安値で買える。

銃剣道も懐中電灯のコントロール訓練や、傘で棒術で防犯になる。


ライフル射撃 |
もっとみる

【正確な言語化だいじ】 バスケあるあるフレーズに警鐘。「球離れが悪い」ってなんだ?

コラム的な記事です。

「球離れが悪い」

あ〜もうアイツ早くパスしろよ。ボール持ちすぎ。

という場面で使われるフレーズ。

早速「球離れが悪い」に関する私の見解を書くと

これはボールを持っている時間が長いと認識されがちだが、実際のところはチャンスができているのにも関わらずパスしないでいる時間が長いという状況のことを指している。

つまり球がその人から離れないのが問題なのではなく、チャンスが潰

もっとみる

私も体育が出来ない

私は学生時代体育の授業が大嫌いでした。なぜなら私は運動が大の苦手だったからです。正直体育の授業は思い出よりもトラウマの方が多いし、それをnoteに書くつもりもありませんでした。しかし、そんな時でした。この記事に出会ったのは。
ALISに投稿されていたSakkyさんの「ぼくは運動が出来ない」という記事。こちらには私が共感できることが沢山書かれていました。なので、私も「Me too」の精神で体育の授業

もっとみる

子どもの運動能力を高めるには その2

子どもの運動能力を高める為に必要な要因。

環境と経験

これが必要不可欠なんですね。

例えば、こういった経験ありませんか?

お父さん、お母さんは子どもの頃とっても運動ができていました。

そして、我が子にも期待します。

自分が運動できていたから、この子も運動できるだろう。

しかし、、、

案外、自分の子どもの頃より運動できない我が子をみて

「なんでできな

もっとみる

体育だけ「教科書」が無い。【なぜ小学校の体育の指導は難しいのか?#2】

前回は「小学校は学級担任制」であり、担任の先生が体育を教える大変さをお伝えしました。

今回は「体育には教科書がない」ことに関してお伝えします。

■体育には「教科書」がない。

小学校の教科の中で「体育」の運動領域だけ、検定教科書がありません(※保健領域には、検定教科書がある)。

小学校用教科書目録(平成32年度使用)/文部科学省

そもそも学校教育において「教科書」とはどういう存在なのか? 

もっとみる

子どもの運動能力を高めるには その1

毎日子どもたちと関わる中で、よく保護者の方に言われることは

「どうしたら運動神経よくなりますか??」

確かに我が子の成長を考えると、運動できるようになって欲しいという思いが強くなります。

そして、「やっぱり遺伝だからですよね〜、私が運動神経悪いから〜」と言われることも多いです。

でもね。。。

そもそも運動神経って遺伝じゃないんですよね!!

「えっ、そうなの??」と驚かれる方も多いです。

もっとみる
ありがとうございます!今後とも、よろしくお願いします!
6

運動がトラウマで。

物心ついたときから運動が大の苦手。
足は遅いし、どんくさいし、おまけに高いところは苦手だし。

◆運動がたのしくない
◆運動は勉強のように教えてもらえない
◆学校から解放されても解決ならず
◆そもそも私は社会不適合?

幼稚園のときのお外遊びや、お遊戯、
小学校に行ってからは、体育の授業や体育大会、クラス対抗球技大会というものが本当に苦痛で苦痛でたまらなかった。
今思い出しても、惨めで恥ずかしくて

もっとみる

担任の先生が、全て教えなければならない。【なぜ小学校の体育の指導は難しいのか?#1】

いままで我々が行った学校現場でのヒアリングやアンケートの中で、「他の教科は自信を持って授業ができるのに、体育の授業には自信が無い」といった声を多く聞きました。

なぜ小学校の体育の指導は難しいのか。
その理由をこれから何度かに分けて分析していきたいと思います。 

小学校は「担任の先生」が体育を指導する。

日本ではほとんどの公立小学校は「学級担任制」であり、1人の学級担任教師が、その学級の学習指

もっとみる

学校という船を、「体育」から動かしていく。

ENGINEは「学校という船で、未来への航海に出よう」というビジョンを掲げています。

学校という場所は昔から変わらずに「ずっと動かないもの(=ずっと変わらないもの)」ではなく、子どもと先生のわくわくしたエンジンが稼働すると、船のように動き出し、「次の港(=未来)」へと進んでいく。

では、学校が未来へと進んでいくためには、どうすれば良いのか?
なぜENGINEはいまこのような取り組みを始めたのか

もっとみる

運動っていいなあ・・・

久々に前職の学校の生徒と会う機会があって、『ポエマー!』と何人もの方にいじられ、少し更新が滞っておりました。笑

さて、先日は体育祭を見学しに伺ったんですけれども、元教え子たちが必死に頑張っている姿、盛り上がる姿、悲しむ姿を見て、ああ、教員って仕事はやっぱり最高だなあ、、、と感じていました。

それと同時に思ったのが、『運動って最高だなやっぱり』ってことも同時に思いました。

元体育教師としては当

もっとみる