禅を仕事に取り入れる 苦しみとどう向き合うか 人は傷つくから優しくなれる

人生における大きな2つのテーマ。

「幸せ」と「苦しみ」

幸せになりたいという願い。

若い頃は、幸せになりたいと思って生きていました。

どうすれば幸せになれるのか?

様々な本を読みましたし、幸せになるためにいろいろチャレンジしてみました。しかし、どうも私には不自然な感じがするのです。

そして、仏教に出会い、「苦しみ」とどう向き合うかという生き方があることを知りました。

仏教には「一切皆

もっとみる

伝えたいこと伝えること

私の気持ちを察してほしい
私の助けてほしいという気持ちをどうしてわかってくれないの?
あなたにこんな風にしてほしいと思っている私の気持をあなたはどうして汲んでくれないの?
あなたはなんて鈍感なんだろうか?
世間の人はみんな自分のことさえよければいいんだ
人のことなんてどうでもいいんだ

「人のこと」というときの「人」とは自分、つまり私のこと
身勝手ながらそれは他人自身ではなくて今こうして書いている

もっとみる

血が出ないところ

今日もまた1つ、グサリ

平気な顔をして街を歩く

誰も分からないだろう

私の心に複数の刃物が刺さっていること

仕事での失敗、失恋、親との不仲、友達の裏切り

悪いことは重なるらしい

思い返してまた、グサリ

何かと謝れなかった自分が悪いのかと嫌悪をいだき、また深くのめり込む刃

平気な顔をして電車に乗る

もし心も血を流すなら、とっくにそれの紅に染まっているはず

顔を背けたくなるほどに

もっとみる

執着から離れる

2017/7/11

かなしくなったり

イライラしたり

ああ今私執着しちゃってるな

と思ったらとりあえずその対象から離れて、物理的にも触れられない、視界にも入らないように、見えないようにする。少なくとも気持ちが落ち着くまでは。

これからはそのやり方でやってみる。

やってみてどうか試してみる。

インスタ再開はどうしようかな。

また純粋に好きなものを撮って文を添えて載せてを楽しみたい気持

もっとみる

第7稿 「き」ずつく(傷つく)

ここでは、「あ」から順番に、それを頭文字とする言葉をテーマとして文章を書いていきます。

今回は、「き」ずつく(傷つく)ついて書いていきたいと思います。

ー目次ー
▼私も傷つくよ!
▼傷ついた思い出1
▼傷ついた思い出2
▼それゆえの抵抗
▼でも本当は?
▼自分だけは

▼私も傷つくよ!

傷つく。
私は傷つかないとでも思われているのではないか?そう思うことがある。

いや傷つくし!
痛いし、悲

もっとみる

傷ついたって言えない理由

あの時、自分の気持ちが踏みにじられたみたいに心が痛くて、悲しくて、どうしてこんな気持ちにならなきゃいけないのって悔しくて、心が傷つくというのはこういうことかと思った。原因ははっきりしていて、でもその原因になった人にわたしは傷つきましたと言えず、黙って離れてしまった。

言えなかった理由はいくつかある。

ひとつは、前に同じようなことで傷ついていて、その時には傷つきましたと伝えていたので、もうこんな

もっとみる

必要なとき必要なだけ交わる

少し片付けをしていた。
スマホに変える前に使っていた最後のケータイにたどり着いた。

そこには、私にとって最高に幸せだったときの記録と、最高に辛かったときの記録が両方残っていた。

普段の生活では、それらを思い出さないようになっていた。でも、一度それを目にすると、いろんな思いがぶわーって溢れ出た。苦しくなるくらい。

私は今まで、いろんな人に愛されて、いろんな人を傷つけてきた。一緒にいることで幸せ

もっとみる

【女心マニュアル】いじられキャラではなく大事にされたいの

すごくお久しぶり♡蓮水です^^

▼本気で変わりたい方!年内最後の
蓮水の本格恋愛・マインドコンサルサポート
受けませんか?【残4名のみ!】
https://ryonsu22.wixsite.com/hasumi

note復活します、ちゃんと(笑)

復活記事の今回のテーマはこちら⇩

”いじられるよりも大事にされる女でいたい”
について

蓮水の見解を好き勝手に
書いていきます!

実は今回の

もっとみる

ぐらしあすの「SNSと対人関係」

世の中便利になってきた。今朝がたすき家に行ったら、会計の時に機械にお金を入れると自動的におつりが出てきた。スーパーでも無人会計が多い。コンビニでもそうだが、買いたい商品を持っていき、誰とも一言もしゃべらなくても事足りる。ぐらしあすの子供の時はコンビニもなく、なんとか商店街(名前を忘れた)という大きな平屋の建物があって、そこには、うどん玉屋、肉屋、魚屋、八百屋、金物屋などそれぞれが店を開いていて、買

もっとみる

【変人に贈るラブレター 92/100】お母さんの喜ぶ顔がみたい 続き

心で感じたことをまんま描き出す 【変人に贈るラブレター 92/100】

スワンナプーム空港で、チェックイン待ち。毎回早く着きすぎる。でも早く家を出ないと、道が混む。混んでなきゃ、空港まで30分くらいで来れるのに。。。帰宅時の渋滞に巻き込まれると、動かない。。しかも今日金曜だし。タイの道路は予想不可能。今日だって、会社からの帰り、VIPが寺に行くらしく、道路がVIP待ちの通行禁止になるとこだった。

もっとみる