即戦力

Wantedlyのイケてる求人を分析してみた Part7

どりゃあああ!!どえりゃあああ!!

僕はどりゃああという言葉が好きです。

どうでもいいです。

今回もするのですよ。求人分析!!!!

今回分析するのは、2019年7月19日時点での、ライター部門の中で人気1位の求人です。株式会社Journeyさんのです。

【タイトル】旅行に関する新メディアのライター/ディレクター募集!学生/未経験者も歓迎
【掲載日時】2019年04月26日
【職種】企画・

もっとみる

#21 積極的に動くほど損をする

おはようございます🐙
この歳になって選挙に行くようになり、
政党一覧を見て笑いそうになる🐙です

「NHKから国民を守る党」デデ-ン

NHKから国民を守る党ってw
NHKに親でも殺されたんかよwww

笑いを堪えながら、会場から帰宅途中に
雨が降り、コンビニにてブログを書いてます

あ、サムネは詐欺だからね?
今日、Tully's行ってないからね?
だって雨だもん…遠いもん…( ˇωˇ

もっとみる

新・大学入試の国語の問題に契約書の読み取りが入るようですね。週刊誌で知りました。文学に重きを置かなくなるとは知っていたけど、朝から引くわ〜。実用的ですけどね。即戦力を社会が求めているもわかりますが。もはや、文学は学ぶも創るも趣味にしなはれ、てことなんですね。センスのない国だこと。

求める人材とは!?【名もなき社会人論】

最近ありがたいことに一緒にビジネスをしたいとお声をかけてくださる人が増えてきました。
 ですが未だ『この人と一緒にビジネスしたいな』と思う人はいません。
 本記事では私、名もなき社会人がどのような人材を求めているのかを具体的に書き出しておこうと思います。

【目次】
1. 1時間話せるだけの準備をしている人
2. 一緒に仕事をしたいと思える人
3. 無茶ぶりへの対応能力がある人
4. 最後に

もっとみる

Vol.2 アパレル業界をめざす君へ「店舗運営の業務とは、」

即戦力として採用される教科書には載っていない知識を身に付けよう

まず、はじめに

今日の授業は、「店鋪運営業務とは」というテーマですが、その前に皆さんが就職活動をはじめる時に、少しでもお役に立てるお話ができればと思っています。

先日、ファッションビジネスを学んでいる専門学生の皆さんに、将来やりたい仕事はなんですか?という質問をすると、1位 販売スタッフ、2位 バイヤー、3位 MD(マーチャンダ

もっとみる

あっ!やっちまったなぁ~7つの勘違い!

転職したのはいいけれど、大失敗!

転職することが当たり前になった時代ですが、転職には事前準備、質問をちゃんとして見抜かないと、入社してからすぐに転職だ!ということになってしまいます。

企業人事、経営者からすると、おいおい!高っけ〜買い物してしまったなぁ〜というときがあります。

この状況はお互いにとって不幸になることは間違いありません。

30歳以下の場合であれば、育成をしていくことを考えます

もっとみる

求人広告からサインを読み取る!?

求人広告を見ていて気になること

求人広告を見ているといろいろな条件が書かれています。

それは同業他社をターゲットにしているのか、即戦力となる異業種からの人をターゲットにしているのかよくわかります。

最近増えているのが未経験者歓迎という文字と年収の低さが多くなっている求人広告が増えています。

30歳前後を採用したいという気持ちはよくわかります。

なぜなら扱いやすい人が多く集まる傾向があり、

もっとみる

今後の日本企業の【転勤】あり・なしによる採用の変化

就職、進学情報の提供や調査等を行う「ディスコ」が2019年卒業の就活学生に 

「あなたが理想としている働き方」についてアンケートをしている(18年3月調査)。

これによると、「ひとつの場所で働きたい」

「どちらかというとひとつの場所で働きたい」と答えた大学生が67.6%

(5671人が回答)と、約7割が転勤のある会社で働くことへの抵抗を示しています。

日本の終身雇用制度によって生まれた一

もっとみる

即戦力フリーランスエンジニアへの頼り方

即戦力フリーランスの人に頼る局面があります。週3-5の働き方前提で、まず最低でも3ヶ月以上助けてもらう前提があると、大きく開発も進みます。

受託開発の事業を行なっている会社の場合は、お客様への納品確率を上げることができ、受注できている仕事を確実に遂行することができます。

自社サービスの事業を行なっている会社様の場合は、なかなか手が空いておらず、実装していきたいものが溜まっているのに困っている問

もっとみる

「シューカツ。」
と「就活」がカタカナ書きされ始めたのはいつからか。書籍整理で出てきた2015年11月10日の「日本経済新聞」朝刊/春秋に、そのカタカナがある。いま就活生らしき学生が駅に駆けていく姿は微笑ましいが即戦力養成に堕した「大学」の2文字は改名してほしい。