積ん読中にブックガイドを買うという功罪

ブックオフの活字単行本200円コーナーでブックガイドを発見。普通なら気軽にカゴに入れるのだが、現在我が家の積み本の数は漫画、活字本合わせて数百冊‥(150を超えた辺りから数えるのをやめた)さらにこのところ激務が続いていて本を読むペースはめっきり落ちた。

そんな状態でブックガイドを買う事など積んである本たちが許してくれるわけがない。でも‥これ200円は安い。ここでスルーしたらもうこの値段で二度と遭

もっとみる
ありがとうございます!この「スキ」で今日も頑張れます!
1

『ビブリア古書堂の事件手帖』で思い出した、カタリストの話。

令和最初のお盆シーズンが明けました。

夏休みらしく?
今回は読書感想文です。

お盆を迎えたのは、じぶんが立ち上げた新しい住まいの形「ギルドハウス十日町」では5回目。

そしてお盆まっさかりの8月15日には《48歳の誕生日》を迎えました。

その日、とくにイベントとして企画したわけでもないのに、みんなが手握りのお寿司やアジフライ、お酒、花束などを用意してくれて。たまたま居合わせた冒険者も交え、と

もっとみる

暑中お見舞い申し上げます。
古本屋しろくま堂、お盆も古本買取実施中です!
詳しくはホームページ(https://huruhon.tokyo)にて。

100円や200円の中古本がメンヘラの心を癒してくれる

古本を買い集めるという趣味

古本は良い。100円や200円といった少額で買う事ができるし、古本屋へ行けば在庫は常に潤沢であり、選び放題ときている。古本集めというのは、私の物欲や購買欲、知識欲、果てはコンプ欲などといったものを、お金をかけずに満たす事ができる事から、私にとってはまさに願ったり叶ったりの趣味なのだという事が出来るであろう。

家で暮らす病人の『社会的孤立』

私のようにメンタルをやら

もっとみる

ヌートンさんで古書ネタで記事書いたよ

ヌートンさんで記事を書かせてもらったぜ、古書ネタだぜ。面白いから読んでくれよな。

 いいよなこれ。

 あと編集部のOKが出たら近いうちにもう一発古書ネタが公開されるんだぜ。

もっとみる
嬉しくて花が咲き乱れ小鳥が歌い俺は小躍りします。ありがとう。
6

別府の人皮装丁本はゲンシシャにあり

書肆ゲンシシャでは「人皮装丁本(Anthropodermic bibliopegy)」を扱っています。

 スペインで1694年に出版された人の皮で装幀された書物です。中身はローマ教皇による宗教書です。

 傷口を縫合しており、皮はしっとりとした質感になっています。

 人間の皮で装丁された本が世界には存在しています。
 人皮装丁本は世界に百冊以上あるのだとか。フランス革命の頃に殺された貴族の皮で

もっとみる

【読書ふしぎ体験記】あなた、いったい誰!? ~古本のアンダーラインが気になる~

古本、買ってます?

読書を愛しながら、妙な体験がひっかかってしまう「ALL REVIEWS友の会」の坂元希美です。
新聞や雑誌など旧来メディアで、インターネットで、SNSで日々飛び込んでくる魅惑の本たち。ALL REVIEWS(@allreviewsjp)をTwitterでフォローした日にゃ新刊のみならず、あの日あの時手に取らなかった旧作や古典の名著が押し寄せてきます。読みたい本がどんどん増殖し

もっとみる

二倍買い

読書家にはどうしても欲しい本というものがある。たとえ、それが定価の二倍の値段であっても。

丸善で松坂和夫の「数学読本」第1巻を買った。新品で定価である。「数学読本」は全6巻の数学の入門書だ。そのときは他の巻もすぐに見つかるだろうと高を括っていた。しかし、ネットで数学読本について調べるうちに、その本が入手困難であることを知る。

私は少し前に駅前の書店に4巻が置いてあるのを覚えていた。そのときは、

もっとみる

2019/05/01 HOSHIDO、古書好文堂@福井県福井市〈本屋めぐりレポート〉

福井で本屋巡りをしてきた3軒中2軒の訪問レポです。

ショップ情報

●HOSHIDO(ほしど)
ショップ名:HOSHIDO(旧ホシとドーナッツ)
最寄り駅:福井駅
取扱い:新刊書、古書、CD

●古書好文堂(こしょこうぶんどう)
ショップ名:古書好文堂
最寄り駅:福井駅
取扱い:古書

HOSHIDO

HOSHIDOさんは、福井駅から少し歩いたところにある雑居ビルの1階にある。毎週水曜日にしか

もっとみる