2019/08/18 NewsPicksオリジナル記事感想まとめ

◎注意事項

・あくまで「個人的な意見、感想」です
・記事の詳しい内容は省く方向で、その場の気分で書いてます
・興味がなかったり、時間が無かったりで読まない記事もあります
・問題があれば削除します

本日の内容はこちら

1、【衝撃】通信手段も剥奪。「日常」を失ったカシミールの現在

カシミール地方はカシミアって織物の語源となっているところ。
自然も豊かで、世界第2の高さを誇るK2があるところとし

もっとみる

その牙の行方

8月12日はゾウにとって特別な日である。
 今日はちょっとだけ真面目な話をどうか聞いてほしい。

 優しく賢い大好きなゾウについて、以前もnoteにゾウにまつわる大きな社会問題について紹介したことがある。

 皆さんは「印鑑」を持っているだろうか?
実印、銀行印や認印など… 日本だったら、誰しも1人1本。会社を経営すれば、数本所有していると思う。現に、わたしも請求書や契約用に仕事名義を持っているし

もっとみる

文在寅とヨハネ黙示録

日本が韓国に対してホワイト国優遇解除が正式に決定されました。
その中で、経産省の承認を受けたレジスト20kgが韓国に向けて輸出されたそうです。

その中でも、フッ化水素を韓国が北朝鮮やイランに横流ししていたのでは?という疑惑が払拭されていない状況です。

一連の流れを見ていると、kinaの頭の中にはヨハネ黙示録の一節が流れていくような気がしてなりません。
この世の終わりには偽キリストが出て来る、そ

もっとみる

朝鮮半島と日本人の歴史認識

朝鮮半島と日本人の歴史認識

初稿、2019年8月6日広島忌

書き始めたのは、広島平和記念式典(広島市民の上空でアメリカ軍の原爆が
爆発して大勢の原爆犠牲者が世界初出現した日)だ?!
愚かなアメリカ人が自分達の世界初の暴挙を「アメリカ人の死者を戦争の
早期決着で減らす為の平和の爆弾」だと間違った認識をしている!帝国日本
の大本営は、広島で犠牲者が出ようが長崎で出ようが「ポツダム宣言」を
受理し無

もっとみる

脳梗塞闘病記日々2019(6A)

脳梗塞闘病記日々

ファイルを開いた時、最新更新が一番に見えるように順番を入れ替えまし
た。目次も最新が一番上に来るよう成って居ます!!
2019年6月16日、重たく成る前に新しい文章にします!!!
『脳梗塞闘病記日々2019(6A)』として新規に投稿します。
以前の日記へのアクセスは目次として『自己紹介』に追記の形でリンクを
示しています!!

2019年6月30(日)夏越しの祓、午後

201

もっとみる

イランへの圧力と独裁政権の排除は正しいか

イラン情勢が急速に緊迫化してきました。
報道によると、アメリカはイラン隣国のイラク大使館から大半の人員を出国させたようです。

米、在イラク公館職員に退避命令 イランと緊張激化
米政府は在イラク公館の緊急要員を除く全職員に、同国を直ちに離れるよう命じた。ペルシャ湾岸地域での石油タンカーや施設への攻撃を巡り、イラクの隣国イランとの緊張が高まる中での動きだ。

トランプ政権になって、オバマ時代のイラン

もっとみる

WTO日本敗訴から原発再稼働問題について考える。

WTO日本敗訴には当たらず、韓国に禁輸撤廃働きかけ=官房長官

凄い話だな。国際的な判断よりも日本の政治家の勝手な解釈を正とするってあたま悪すぎるだろ。まさにご都合主義。エビデンス無しで日本国内だけでなく、国際社会で発信をおこなってた事に正直驚きがあった。今回の出来事でエビデンスがないと正式にWTOから国際社会に対して通達されたとも言えるわけだよね。それにもかかわらず根拠なく、安心安全という言葉を

もっとみる
ありがとうございます!サポート支援いただければ幸いです。
6

私たちを育った世代と、令和の大人たちへ

両親、先生方、さまざまな大人たち

長い間そだってくれててありがとう。

お蔭様でこんなに立派な人になりました!

心の底から感謝しています。

しかし

伝えたいことがあります。

それはそれで

いいことではありません。

・・・

生まれて可愛がってくれたり

色々教えたりしてくれたのはいいものの

何かを忘れてないでしょうか。

・・・

食べさせてくれていたけど

栄養バランスを考えたり

もっとみる

国際情勢を語り合う会(2019/03/28)

毎週開催している国際情勢を語り合う会の内容を備忘録もかねて記しておきます。実際に話していた内容にその後発生したことやちょっと調べたことなども入ってます。

①アメリカ イスラエルにゴラン高原の主権を認める
シリアの領土であるゴラン高原は第3次中東戦争以降イスラエルが武力で占領し始め現在にいたります。武力による支配は現在の国際法上認められませんが、今回トランプ大統領は認めることになりました。
背景は

もっとみる