美しさの基準をつくる

美しいの基準が段々と変わってきている気がします。

これまでは「美しいとはこういうことだ」という、みんなに共通の基準があったけれど、

私自身「美しさ」に興味を持ってから、基準がたくさんあることに気づきました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私は最近YoutubeでVOGUEの動画チャンネルを見たり、Twitterのタイムラインに流れてくる「美しさ」に関する記事

もっとみる

0はどこにあるのか?(幸福論)

あ、数学の話じゃないっす。

ネットを開くと、「幸せになりたい!」みたいな言葉とか、「不幸な言葉は使わない!」という決意表明を見たりします。

前向きに生きていくには大事な考え方だと思うのですが、個人的には「幸せでありたいのなら”たまに不幸を味わう”というスタンスでちょうどいいんじゃないか」と思ったりもします。

これ、要は「基本スタンスをどこに置くか」という話なのですが、ぼくはそれを大学の部活(

もっとみる

めんどうな野郎達の「めんどくさい議論」

「この前友達とうどん屋に行ったんだけどさ、そいつが『冷たいうどんの方がうまい』って言うから、なんでなのか聞いたわけ」

目の前に運ばれてきたナポリタンは予想した以上に美味しくて、その前に食べたサラダに添えられていた肉厚のマッシュルームが、そのナポリタンの中にも入っていたことが僕には嬉しくて堪らなかった。
友人はフォーク、僕は箸でそのナポリタンを食べていた。

「ん、ほれで?」

店内の雰囲気も家具

もっとみる

ダラダラ続く恋愛

カレシはいるけど、結婚となると
どうだろう。。。?

そう思ってる人って意外と少なくないんじゃないかな。
と、思うんです。笑

男性も然り、だとは思うのですが
私は女性なので女性の気持ちとして
思うことを綴っていきたいと思います。

いやぁ、実際あったんですよね。
結婚は『 ナイな。』と、思いながらお付き合いしていたこと。。

早く、別れなよっ!
相手に失礼!!
な話しなのですが、きっと

もっとみる

「スキ」って言葉がそもそもどうのって話も絡んでくるけど。

「スキ」ってハードだ。

私はnoteのトップ画面から見知らぬかたのnoteを読みに伺うことがここ最近はめったにない。時間的な問題と、あまりに文章が洗練されているかたのnoteを読むと少なからず不安になるから。

私のような文章で大丈夫なのかな? と不安を感じ、書きにくくなる。

でも今日はなんとなく、新着コラムを上から順番に流してみた。

それで感じたことがそれ。

「スキ」ってハード。

もと

もっとみる

「当たり前」が無くなって気づいたこと

ちょい自慢やけど今まで海外26カ国行ったことある。
もちろんそれぞれの国で「当たり前」がある。
全然違うこともあるし、ちょい似てることもある。
それについて知って行くことが楽しかった。

流石に26カ国行くと、自分の中の当たり前が薄くなった。
最初らへんは「うわ、やば!」とかめっちゃ思ってたことあった。
それは『日本』っていう「当たり前」があったんやと思う。
その日本の基準と比較して「やば!」って

もっとみる

有神論者も無神論者も

生まれながらの人間は、

神を信じるという者も、

神などいないと言う者も、

全く違いはない。

自分の崇拝したい神を都合よく崇拝するか、

崇拝したい神がいないか、

いずれにしても基準は自分であり、

自分が神である。

断る事があなたを幸せにする!?断るコツ

世の中で唯一平等と言えるものが時間です。

性別、年齢、職業、資産、国、資格

どんなに差があろうとも

1秒は1秒

1時間は1時間です。

ビルゲイツの1時間もあなたの1時間も同じ1時間です。

そう考えると時間は非常に貴重な物だと感じて来ませんか?

時間は誰にでも平等なので時間を有効に使える人ほど幸せになりやすいでしょう。

幸せとは何か?

本当にやりたい事に向かって突き進んでいる時が幸

もっとみる

1杯4,000円の酎ハイを飲む女

※これはポジショニングの話です。

めちゃ大事です。
実体験をストーリー形式にまとめてみました。

先日大阪に行った時に、
終電が無くなってしまいホテルも取れなかったので

せっかくだし、
大阪の夜から何かビジネスのヒントを得よう。

と夜の道頓堀に行きました💡

結論から言うと28時までスタバが空いてたので
28時まではスタバに、こもってひたすら作業を
してました(道頓堀行った意味はこの時点で

もっとみる