自分の精神状態を分類してみるという話

自分用メモのような記事です。2019年に入ってからの精神状態は、ある程度は分類できるような気がしたので整理のために書いてみました。ライブ前後などの気分が高揚している状態はもちろん除きます。

【通常】
いろいろ普通の状態。冷静。あまりこの状態でいることは少ない。
空が青かったりというようなことで機嫌が良くなったりする。

【じんわりうつ状態】
過剰に落ちているわけではないが、じわーとうつ気分。

もっとみる

やっぱり私って女だな、と思う瞬間

先日、付き合ってもうじき4年になる彼氏と喧嘩をしました。

というか、一方的に売った。

彼氏とは4年にもなる付き合いなので、
そりゃもういろいろありました。

例えば、

根本的には大人しい彼でも
付き合いたての頃は外向的な人間を演じていました。

だから、酒を飲めばテンションが高すぎてぶっ壊れるし、ノリが良くて周囲の期待に応えてしまう。(私の前ではぶっ壊れた姿を見せない)
記憶が飛んだことも1

もっとみる

無条件で「褒めて」と強いる承認欲求は、受け手にどう伝わるのか?

SNSを活用していますが「無条件に褒めてほしい」という文化が苦手です。

無償であなたを褒めるのは他でもない、あなた自身です。

どうして他人に「褒めてもらうこと」を無理強いするのか理解できない。なので、このタイプの方は基本的にスルーしてしまう傾向があります。
承認欲求は消えないものだと知ってはいますが、理解はできません。

あなたは人から褒められるに値することをしたのですか?

正直、何も達成し

もっとみる
そのハートもっかい押したら消えるからな! 押すなよ!
5

Twitterに対する気持ちの変化。

最近、Twitterを発信メインにしている。

すると、どうだろう。

♡の数が面白い程減った。

しかし、これで良い。

あくまでも今まで、

《♡をしてくれたら♡をする》

そんな"交換条件"によって、成立していたんだなと気付けたから。

中には、大して読んでもいないのに♡する人も居るでしょう?

見返りを求めたりさ。

基本的に【刹那的な言葉の川】だと思っている。

私は、現実の世界でも《狭

もっとみる

双極性女子の日常を綴ります

はじめまして。ririといいます。

双極性障害になって7年、日々の記録ともしかしたら少しだけだれかの役に立ったらいいなと思うことをゆるりと綴っていきたいと思います。

双極性障害になったばかりでどうしたらいいかわからない方、何年も病気と闘っているけどこんなにずっとつらい思いをしているのは私だけかなと思っている方、そんな方に届けばうれしいです。

このnoteでは双極性障害Ⅱ型の話がメインになるか

もっとみる

自分について

最近まで、自分を化け物だと思っていました。人前では、明るく優しくて、面白かったりする、普通の人。
でも、大事な深い仲の人の前だと、おぞましい言動で相手を攻撃する自分になる。
そんな怖い一面を持っている自分を、化け物だと感じるようになっていました。普段は優しい分、その仮面の下は恐ろしい顔をしている自分がいる感覚があり
自分で自分が恐ろしく感じていました。

この5.6年でしょうか。自分がこんな風にな

もっとみる

てんびん座ですもの。

何か新しいものにハマると生活すら後回しにしてのめり込む。

いつからか、わたしはそういう癖が出てきた。

例えば作曲にしても、めちゃくちゃ創作意欲が高まって
トイレと、家族との食事以外は部屋に閉じこもって
時間を忘れて1日で1曲仕上げたりしたこともある。

一本集中しやすいタチなのだ。

最近、とある精神障害者同士の交流の場を見つけたので
面白そうだと思ってすぐに参加した。

そこでは、zoomと

もっとみる

社会が異常者に与える「救い」のあり方

川崎市で50代の引きこもりが起こした殺傷事件。その事件に影響され、40代の引きこもり息子を父親が殺した事件。

これらのニュースに対するコメントの中には、閉鎖空間で狂気を膨張させた引きこもり当事者に対し、「社会がもう少し手を差し伸べていれば…」と悔いる言葉がみられる。

彼らが言う「社会が手を差し伸べる」とは、具体的にはどのようなことを想定しているのだろうか。相談所の数を増やす、支援制度を増やす、

もっとみる

泣きながら、旗を振ってたよ。

人を本当の意味で愛したり、支えることが出来るようになるには、

まず一番に、私が私のことを愛していること。

相手に対して見返りを求めないこと。

が前提となってくると、常に念頭に置いている。

私は基本的にTwitterで、比較的強く前向きなことを呟いていると思う。そして、時に厳しい。

何故かというと、私も私を律しているからだ。

ご縁があり【フローツ】という、メンタルヘルスケアSNSの立ち上

もっとみる