子どもの発熱

別居中の娘、発熱…

長女(中2)が、熱を出して学校を休む、
と、長女から連絡がありました。

私は、
『仕事と、用事を済ませたら連絡するね』
と返事をしました。

連絡すると、朝より熱も上がっている
けど、お父さんに医者に連れて行って
もらい、プリンやゼリーもある、との
ことでした。

(いつも作っていた、5分づき玄米の)
「おむすびあるから、持っていこうか?
 他に何か欲しいものある?」
と聞くと、
「うん。まま。

もっとみる
あなたに幸せが降り注ぐでしょう♪
6

次女の発熱

台風が通過
私の住んでいる地域では
大したことなく
また朝を迎えるころができました

被害にあわれた方もいらっしゃいます
ご冥福
1日も早い日常生活の復帰を
お祈りしています

その台風の接近とともに
次女が発熱

久々の発熱です

子どもの発熱や病院ケガ
いつも慌ててしまいます

慣れるものでは
ないですね

お盆休みで
帰省していた
姪っ子たちと
あそび過ぎちゃったかな

クーラー少し寒かった

もっとみる
❤スキ❤ありがとうございます
3

旅の途中で子どもが発熱、さぁどうする?キャンピングカー旅での休息の取り方【7月12日〜14日 北海道千歳市〜登別市〜札幌市】

ファームインの貴重な体験の余韻を味わいながら、次の旅路へ。2日後に札幌の友人ファミリーに会いに行く予定があったので、十勝から札幌方面に経路を取っていく。途中、千歳プレミアムアウトレットで、娘念願のシルバニアファミリーのお店に立ち寄ったり、サマーキャンプ用リュックを買ったり。今更ながら息子の防寒着も購入。旅を整えながら、進んでいく。

本来ならば明日は日本一透明度が高いという支笏湖で、みんなでSUP

もっとみる

『なんでもない日』に名前をつける、と7月24日の日記

そういう意味合いが強いです。このnote。

毎日更新をはじめて、はや8ヶ月。

たまたまだけど、始まったのは12月4日のこのnote。娘の誕生日の日。

「なんで書き出したんだっけ?」ってたまにふと思い出すことがあって、そのたびに、そうだそうだと納得する自分がいる。

それまでも何度か、ブログを書こうとする自分は常にどこかにいて、その度に「続けられるか?」を慎重に考えてきた。

このnoteを始

もっとみる
『マガジン』に入れてくれると すごくうれしい!
6

息子氏、手足口病にかかる。

生後6ヵ月の息子が文字通り、生まれて初めて流行り病にかかった。
生まれて初めての高熱。生まれて初めての口内炎。
そして親的にも生まれて初めての子ども看護……!

現在、保育園に通わせているわけでもなし、子どもの病気に無知すぎて焦りに焦った数日間。手足口病が毎年子どもの中で猛威を振るっている病気だということも初めて知った。
特に今年は患者数が多いうえ、いつもと症状の傾向が異なるという。

発症から症

もっとみる
子育て頑張ります!
10

💗💚体調不良にハーブティー💚💗

こんばんは✨
結叶凛です😃

今日も、肌寒かったですよね😵💦
季節が夏に向かっている気がしないですね😵💦💦💦

今日は、就職相談会に行ってきました🎶
説明する側も、聴く側も、質問力が大切だなと感じさせられる場面がありました😊

『質問力』と『傾聴力』意識したこと、ありますか⁉️

私は、憧れの素敵なコーチングの先生から学びました🎵

興味がある方は、ご紹介しますね✨😊✨

もっとみる

本気の企業セミナー

NHKすくすく子育て「子どもが急な発熱 仕事どうする?」を見てくださった方々、たくさんの感想や見たよーのメッセージ、ありがとうございました。

親向けの講座
それは児童館やひろば、保育園幼稚園、産婦人科など等で、〜子どもが病気になる前に、なったときに、
親に知ってほしいこと〜
をやってきましたし、今もやってます。

医師向け、医療者向けの講演やシンポジウム
〜親が病気のときに思っていること、またど

もっとみる
わーい、ありがとうございます(⌒▽⌒)
1

なんだか様子が違うなと思ったときは

親はお熱が高いということに目が行きがちです。
お熱ばかりに着目しがち。

8度になったら心配?9度は?何度までなら大丈夫なのー?と体温計片手に、泣き止まない子を前に、あたふたしますよね。 
夜中でしかも大人は自分一人だったりすると、このままずっと上がり続けるのでは?と真剣に悩みます。

お熱の高さよりも親に見てほしいと小児科の先生方がおっしゃるのが、全身状態を見ること。

前に、こんなところを見て

もっとみる
わーい、ありがとうございます(⌒▽⌒)
2

子どもの『いつも』を知る

子どもは、一人ひとり、異なります。

お熱の出しやすい子、下痢しやすい子、肌が乾燥しやすい子、みんなみんな、違います。

お腹が空いたときの泣き方、眠いときの泣き方、
お肌のハリ、お腹のかたさ、頭のかたさ、みんなみんな、異なります。

神経質に目を光らせなくても、わかっていきます。

日頃のその子の特徴をつかんでいく。

生まれたばかりは、難しいでしょう。でも、わかってくる。焦らなくて大丈夫。

もっとみる
わーい、ありがとうございます(⌒▽⌒)
1

保育の意識格差を感じた話

男性の育休など、男性の育児進出へ世論は高まりを見せているものの、まだまだ意識の中ではそれが浸透していない事例がちらほら目についたので、書き留めておく。

発熱での休暇について

子どもの発熱で休む後輩について上司から「どう思う?」と聞かれ…
https://mobile.twitter.com/i/events/1130736600978038784

Twitterのモーメントで流れてきた議案。

もっとみる