尊敬する人を真似て、学んで、褒める

1人でも尊敬する人を持つことはとても大切な事です。

今のあなたにない部分から「真似ること」で、あらゆる気づきが出てくるでしょう。

もっと大切なことは、そこから「学ぶこと」ができるのか?になります。

新たな方法やセンスなどにつなげることができます。

また、「褒める」ことでを言葉にすることも大切です。学ばせていただくお礼も込めることで、「ありがとうございます。」という、感謝の気持ちも伝えること

もっとみる

ペップトーク

子供たちの夏休みも終盤に!

我が家は1人は宿題が終わり、

もう1人は、あと一歩‼︎

どんなラストスパートを見せてくれるか!笑笑

さて、皆さまの9月のスケジュールは

見えてきましたでしょうか

夏休み明けのママカリは「ペップトーク」

以前、こちらのドラマを観た方!

「先に生まれただけの僕」

こちらでも取り上げられた

ペップトークを

ママも学べるチャンスがきた!

是非ママカリでこ

もっとみる

「より大きな課題が解決できれば、自分も社会もハッピーが増す」

LEXUSのウェブマガジン「VISIONARY」にて、山形県鶴岡市のバイオベンチャー・Spiberの取材をしました。「これまで世界になかった選択肢を──
Spiberの挑戦」という記事です。いや〜、これがまた、考えさせられる取材で。今日は語らせて。

「より大きな課題が解決できれば、自分も社会もハッピーが増す」とSpiber代表の関山さん。ものすごくポジティブタイプな方なのかと思いきや、「中学3年

もっとみる

自己否定してしまう人に知ってほしいこと

「俺はダメだ」

「私なんて生まれてこなければよかった」

ついこんな気持ちになってしまうことはありませんか? 

僕はしょっちゅう、そんな言葉を口に出してしまいます。

 

僕は、人に否定されることや批判されるのが

とても苦手です。

 

そう考えて、おやっと思ったのです。

否定と批判、なんだかよく似ているけれど、

言葉が違うから意味が違うようなー?

 

そこでこの2つの意味を調べ

もっとみる

0の発見の スゴさ(数学的視点で人生を見る)

0という概念は、算数(数学)を学ぶ上で、とても大事です。

そもそも0には二つの意味があると言われています。

一つは、302や 2030のように、ある位が0であること。

これは、古代バビロニアでの60進法や、マヤ文明の20新法で

位としての空白を表す0が使われていました。

 

そしてもう一つは、0そのものを数として扱うことです。

こちらは、インドが発祥です。5世紀から9世紀にかけて0を

もっとみる

学び続けるのは、自分らしく居続けいから

こんばんは!

テーマ
学び続けるのは、
自分らしく居続けたいから

このような質問を頂きました

『なんでそんなに勉強するの?』

興味があることに対して
学びにいくことで
選択肢が増える

それは、
自分らしく居るために。
選択肢の自由度が増すことだと思う。

だから、
学ぶにいくことは怠らないし
多くのことを知りたい。

少ない選択肢の中から選ぶより、
多い中から選択したほうが
お得💓

もっとみる

僕は理解するのが遅い

昨日フォローしてる方々のnoteを読んでるときにまたしてもココロの中のもやもやが言葉に置換され「うわぁぁぁぁ~」ってなってるはりぃです。

コレ書けたら確実に丸太を一本降ろせるのだけど量が多すぎて呆然。

とりあえず自分のノート(紙のw)にキーワードは書きました。

これがココロの中でどう反応するか怖くもあり楽しみでもあり(溜息)

今日は別のこと書きます。

僕は学校を含め何かを「習う」という行

もっとみる

思い出す古典

小にして学べば、則ち荘にして為すこと有り
荘にして学べば、則ち老いて衰えず
老いて学べば、則ち死して朽ちず
──佐藤一斎『言志四録』

上の引用は江戸時代の儒学者の言葉で、高校生の頃に読んで、一回で記憶に残った。それだけインパクトがある三行なのだ。
「若くして学べば、大人になって大成する。大人になって学べば、老いてからも衰えない」ここまでは淡々と読める。そんなものなんだろう、と漠然と思う。印象に残

もっとみる

男性女性に限らず意識改革は誰でも出来る。でも誰もやらないよね。だから日本は世界の意識から遅れている。学ばないからね。片付け明日やろうとか想っててもその日来たらまたやろうが多い。それが意識の荒廃です。

なぜ数字を見なければいけないのか〜経過を観察し改善せよ〜

よく数字をみろって言われたりしますよね

それってなんでみなきゃいけないのでしょう?

おそらく
良い結果をだすため

ですよね?

現状を把握するため

ではありません。

では、
数字をみると
良い結果は出るのでしょうか?

結果に繋がるまで
順番に考えていきましょう。

数字をみると
経過を観察できます。

経過を観察すると
変化に気づけます

変化に気づけると
改善することができます

もっとみる