家業学生コミュニティーを作りたい

家業を持ってる学生が集まって情報交換や、家業経営について学び、家業との向き合い方を見つけられるコミュニティーを僕は作りたいと考えています。

簡単な自己紹介

僕の実家は運送業を営んでいます。高校2年の時に家業を継ぐと決め、それから関東の大学に進学することになりました。上京する前、親に「継ぐために大学生の間で何かしたらいいことある?」と聞いたところ

「いろいろ経験してこい」

と言われました。

もっとみる

僕が家業を「継がなくてもいい」って言う理由

実は僕にも家業がある。母方の祖母は福岡の久留米で靴を製造販売、祖父は日本家屋のインテリアを工事する表装業をしていた。家業ではないけれど、父方の祖母は保険や化粧品の販売員で、祖父はタクシードライバーをしていた。思い出してみると祖父母は皆スモールビジネスを営んでいた。

僕が生まれた頃には福岡の靴屋さんは廃業していて、かつて店舗があった場所にはビルが建っていて、祖父母や曽祖母が住んでいた。商店街を歩く

もっとみる

家業を継ごうと思った理由

ぼくはいま、妻の父親が経営する会社で働いている。
ヒューマンリソース部で採用をメインに担当していて、新卒中途、海外での採用、人事制度設計や人材配置などヒト系の仕事と一部ビジネスサイドの仕事もしている。今日はぼくが今の会社で働こうと思った理由を書こうと思う。

◆何でもできると自信を持っていた大学時代

大学時代から振り返る。
地元の高校を卒業後、スポーツ推薦で京都の佛教大学文学部英米学科に入学、英

もっとみる
ありがとうございます、うれしいです!
16

レポート!グラフトプレナー×SLUSHTOKYO Graftpreneur Career Night

グラフトプレナー(家業を活かして新しい価値を生み出そうとしている人たち)のキャリアを後押しするためにSLUSH TOKYOと共催したイベント「Graftpreneur Career Night」。9/25(水)に開催されたイベントの様子をレポートします。

イベントは今回も永田町にあるGRiD1Fのtiny peace kitchenで開催。
身体に優しくて美味しい、お洒落なフィンガーフードが並

もっとみる

レポート!グラフトプレナー×SLUSHTOKYO イベント #16

グラフトプレナー(家業を活かして新しい価値を生み出そうとしている人たち)の後押しや、コミュニティを作るために行なっているイベント「グラフトプレナー × SLUSH TOKYO」。10/7(月)に開催された第16回目のイベントの様子をレポートします。

今回も会場は永田町GRiD 1Fのレストラン、tiny peace kitchen。こだわりの食材を使った体に優しい料理が並びます。

さらに今回は

もっとみる

お茶処静岡における観光地のお茶屋事情

こんにちは。白井製茶園です。

見出しの画像は伊東市のさくらの里から見た大室山です。

みなさんは静岡県と言えば何をイメージされますか?

高確率で、富士山とか、茶畑・茶処といったイメージがわいてくると思うのですが。

他県の方は静岡県トータルでそのイメージなのだと思います。

しかし静岡県民でも伊豆半島最東端伊東市民の自分からしたら
お茶処静岡を自称するのがおこがましいというか
なんか尻のすわり

もっとみる
より良いお茶を作ります!
13

家業ビジネスモデル図解 ワークショップ イベントレポート後編

9/12(木)グラフトプレナーのイベント「家業ビジネスモデル図解ワークショップ」が永田町GRiDで行われました。今回は初の試みとして、『ビジネスモデル2.0図鑑』を出版されたことでも有名な、”チャーリーさん”こと近藤哲朗さんをお呼びし、自分の家業を図解してみるワークショップ!イベントの様子はこちらの記事でご覧ください。

後編のこの記事では、ワークショップを追体験できるようなレポートをおとどけ。画

もっとみる

秋の野草と台風で半壊した小屋の片付け

こんにちは。白井製茶園です。

要らなくなったムシロを畑に敷きました。
稲わらで出来ているので土に還ります。
肥料を兼ねた一時的な雑草抑えになります。

あとそのへんに生えまくるウザい雑草でまた花を立てました。
前も言いましたが、こうするとウザみが消えますね。

あたかも自分で花を立てたかのような言い草ですが、
自分にはそんな能力はありません。

生花はうちの奥様の作品です。

時々畑仕事を手伝っ

もっとみる
ありがとうございます!
15

今は悪い波がきている、良い波がくるまで待とう。
もう少し待てば、きっと良い波がくるはず。

聞いたことがあるようなフレーズではないでしょうか。

あなたは、博打されますか?

例えば、サイコロを10回振るとして、8回連続で奇数の目が出ています。
そんな状況の時、あなたは何を思いますか。

奇数がこれだけ続いているから、この次も奇数かな。
いやいや、奇数がこれだけ続いているから、そろそろ偶数だろう。

もっとみる

家業ビジネスモデル図解 ワークショップ イベントレポート前編

9/12(木)グラフトプレナーのイベント「家業ビジネスモデル図解ワークショップ」が永田町GRiDで行われました。
今回は初の試みとして、ビジネスモデル図解の方法を学び、自分の家業を図解してみようというもの。

今回の講師はなんと書籍『ビジネスモデル2.0図鑑』を出版されたことでも有名な、チャーリーこと近藤哲朗さん。

ビジネスモデルの図解とはコミュニケーションツールであり、関係者との関係性を明らか

もっとみる