山川出版社

【書評】はじめてのエシカル/末吉里花/山川出版社

はじめてのエシカル/末吉里花/山川出版社

前回、「SDGs入門」の本を読んだ時に考えさせられた、SDGs。

様々な事業をSDGsに繋げる考え方を学ばせてもらった一方で、消費者としても地球の為、世界中の全ての人たちのためにできることがあるということも知ることができた。

そこで紹介されていたのが、

エシカルな生き方

エシカルとは、直訳すると、「倫理的な、道徳的な」といった意味が

もっとみる

法的三段論法

英国が、ドイツを攻める。
ドイツが、フランスを攻める。
ゆえに、英国は、フランスを攻める。

これが、歴史に法的三段論法を用いた結果。

歴史的事実は、Natizドイチェが、英国を空爆し陥落間近、Natizドイチェ軍がParisを占領。しかし、レニングラードで、Natizドイチェ軍敗走。第二次世界大戦は、英仏が、ドイチェを攻めた所為。列強国が、後発国叩いた事が原因。英仏露が、ドイチェ、イタリー、ト

もっとみる

はじめてのエシカル(末吉里花)

■ご紹介文

あなたが今日着た服。
どういう経路をたどってあなたの手元にきたか、説明できますか?


本書は、あなたが日々笑顔で過ごせることと、生産者や動物や地球が日々笑顔で過ごせることとを、イコールにしていくことを目指す『エシカルライフ』を紹介する一冊。


消費生活を通じて、人や社会や環境が持続可能な循環社会を構築していくこと。
これを実現するために、「今日できることは何だろう?」
この問

もっとみる