性の多様性~自分らしく生きる~ー北区北とぴあでの映画上映会

昨日東京都北区の王子駅の北とぴあでの「Rainbow Tokyo 北区」主催の映画性分化疾患(DSD)・インターセックス当事者漫画家新井祥先生の自伝的ドキュメンタリー映画「性別が、ない」の映画上映とトークショーに参加して来ました。

私は西日暮里には会社勤めを一時期していたので降りていたのですが、王子駅は降りた事も無い駅でした。

それは何より性分化疾患の当事者さんたちからは「そっとして欲しい」「

もっとみる

多様性を認め自分らしく生きられる社会づくり-横浜市青少年育成センター主催に参加

昨日横浜市青少年育成センター(公益財団法人横浜ユース)主催の「LGBTの理解と支援」『「LGBTの理解と支援」から「SOGI~誰もが当事者」と言う社会に』と言う理解啓発研修会に参加して来ました。

講師は特定営利活動法人SHIPの代表星野慎二氏。

SHIPは神奈川県内のLGBTの活動拠点や相談窓口を開いていて星野代表自身が「ゲイセクシャリティ当事者」でもあります。

この研修会は写真動画はNGで

もっとみる

印鑑登録性別欄削除11市町村にー山梨・さんにちEye

山梨日日新聞からの記事で山梨県内の11市町村の印鑑登録性別欄削除の記事です。

また「性同一性障害や性的少数者(LGBT)の人たちに配慮する」ってLGBの当事者さんに性別欄削除は恩恵はあるのでしょうか?またおかしい報道の仕方ですね。

説明は「性的少数者(LGBT)の中の性同一性障害性別移行者の当事者に配慮した」だけで通じると思います。

どうしてもLGBTを流行にしたかったり言葉を絡めたいメディ

もっとみる

横浜市会での性同一性障害の文言

何度かはてなブログでも書いていますが、私が横浜市会に陳情した平成15年の横浜市議会議員の提出での議員提出議案での「性同一性障害者対策に関する意見書の提出」は政府への要望書提出になっています。

この前後やつい最近まで横浜市在住の性的少数者が活動や陳情をして行く様にもなりました。

そしてこの間の「横浜市パートナーシップ宣誓制度」に繋がります。

まあ横浜市でのパートナーシップ宣誓制度を利用するには

もっとみる

或る流動性者の懊悩

はじめに

 私はGender-Fluidというやつです。

Gender-Fluidって何?

 Gender-Fluid(じぇんだー・ふるーいど; /ˈd͡ʒendǝ ˌflʉːɪd/)というのは,「不定性・流動性」みたいに日本語で訳されるらしい性別の一種です。私が知ったときは日本語版Wikipediaに記載がなかったけど,今はありますね。
 Gender WikiというGender関聯の情報

もっとみる

広報よこはま令和元年11月いそご版

noteにも転載致します。

こんばんわ。

メンタルクリニックと内科病院を梯子して帰ってきたら横浜の広報誌の「広報よこはま11月号いそご版」が入っておりました。

カジノ問題で揺れる横浜市ですが、パートナーシップ宣誓制度で少しずつながら目を見張る事もありました。まずは写真に撮りましたのでどうぞ。

二枚目。

はー。ここまで来ましたね。もう少しですが福祉パスの件でも「当事者一人ひとりに寄り添って

もっとみる

LGBTの使い方ー中日新聞へ申し入れ

はてなブログからの転載と追記分です。

こんにちわ。

名古屋の小百合さんを含めフェイスブックで流れて来た中日新聞の「LGBTに関する記事」での「LGBTと一緒くたに括って書く記事」について、名古屋の皆さんが中日新聞社に申し入れへ行ったそうなのでリンクを貼りますね。

なお中日新聞は首都圏では東京新聞でお馴染みのエリア誌の新聞ですのでこちらにもきちんと意見が通ればいいのですが。

私もブログで「L

もっとみる

私たちの道ー北海道の当事者さんへ

はてなブログからの転載と追記です。

北海道にも性的マイノリティの当事者さんがいます。

私の近くにも性別移行者と呼ばれる当事者さんを始め性的マイノリティの方が繋がり、北海道で理解啓発運動をしております。

そのうち私が逢った当事者さん性別移行者のお友達が北海道に帰って活動していました。

今私が聞く所によると「脳の関係で半身不随でリハビリ」をしているそうです。

病院ではLGBTの認識も薄く色々

もっとみる

ホルモンの副作用ー青木歌音ちゃん

はてなブログに書きましたが、こちらでも転載致します。

何度もホルモンの人体実験を出していますが、私が書いても仕方が無い所があるのでYoutuberの「元男の子青木歌音ちゃん」の動画を見てくれれば判ると思います。

ホルモン治療をしてもあなたが「青木歌音ちゃん」や他のあなたが憧れたりする当事者さんとは同じ様な身体には絶対になりませんので、その点警告しておきます。

もっとみる

ホルモンとメンタル

お早うございます。noteのみに書かせて頂きます。

私は「性同一性障害(性別不合)」の治療として約30年近く女性ホルモンを投与しております。勿論現状は保健適応外ですがGID(性同一性障害)学会で保健適応に向けてのアクションはしている様です。

ホルモン投与は一度治療すればメンタルなどに作用しますから死ぬまでやめる事は出来ません。不可逆的ですから。

性別適合手術でも国内では「前もってホルモンなど

もっとみる