【日記】ドラえもんの出生にヒントがあった。

アメトーーク!ドラえもん芸人を見返す機会があり、その中で『2112年ドラえもん誕生』という映画の場面が使われていた。それをきっかけに、映画本編を見直した。

そうして何のヒントがあることに気づいたか?

はっきり書くのが照れるようなことなので、読み進めていくうちに分かるように書いていく。

ドラえもんは、一生懸命に努力する。だが、その努力は実らない。映画を観た方ならば、「いや実ったよ。一生懸命頑張

もっとみる

丁寧に、感謝の気持ちを込めて掃除しよう

いつでもそうですが、節目の時には大掃除をしたりしますよね。その時、ただ綺麗にするだけでなく、感謝の気持ちを込めて、丁寧に。いつもならあまり目につかないような隅や隠れたところまでを掃除したりしますよね。

丁寧に、心を込めて。

ものや場所に感謝の気持ちを込めて行うというのが心情的にあるとは思いますが、心理的にも綺麗にしたこと、綺麗に見えるようになることで気持ちが良くなるし、物理的にも埃やカビは少な

もっとみる

教養とは他者への想像力だと思う

バングラデシュの大学で、人を待っていた今日の午後。

左右にかたかたする赤いプラスチックの椅子に座りながら、目の前の風景をぼーっと眺めていたら、3歳くらいの年齢の男の子が近づいてきた。
彼はベンガル語を話していたため詳細はよくわからなかったが、多分「お金をください」と声をかけていたのだと思う。私の周りにいた現地の大学生にも声をかけていたが、みんな同じように無視していた。

こういう時、私はどうした

もっとみる

ぼくらは想像にたよりすぎている

「失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ」

発明家、トーマス・エジソンの有名な言葉だ。この言葉は、非常に多くの金言を含んでいる。

失敗に対する考え方、失敗をおそれない心の持ち方、諦めないことの重要性。そしてなにより、行動することの大切さを説いているように思う。

---

想像力は、ぼくたちをどこまでもつれていってくれる。好奇心のおもむくままに、心の求めるままに、どこまでも大

もっとみる

【日記】絆の正体は?

悪い白日夢が過ることが続いている。

桑原弘明さんという作家の方の作品を県立美術館の企画展で見てから、数日経って作品集をネットで探して買い、いつか個展があれば行こうと思っていた。

ふと、個展に他人と行く白日夢を見た。他人はこの作品を知らなかった。それで、実際に見て、他人は夢中になった。「詳しいんだね。すごいね、こんなん知ってて」と私に微笑んだ。

暗澹とした気持ちが去来する。

知らなかったら、

もっとみる

「想定外」っていつでも起きるけど、実際は結構想定出来るよね

こどもは特にいつでも大人の想像している範囲から外れたりする。外れたような感じがするけど、でも実際は予想しようと思えば出来るし、情報収集すれば今の時代、誰かがネットにお悩み相談を投稿していたりする訳で。

知ろうとすれば知ることも出来るし、想像も出来ないことは無いですよね。

聞く、見る話と実際に体験することとは全然違ったりもするけど、心構えも含め、予備知識があるなしでは大きくその時の対応力も違って

もっとみる

codama さんの While a minute, マガジンを購入した人だけが見られるノートです。

【日記】にこにこ

先週のアルバイトの日、教員が研究室の鍵をかけて講義に行ってしまったので、ショートメールで連絡をしてから解錠の連絡が来るまで、大学図書館の雑誌倉庫で文芸誌のバックナンバーを読んでいた。デビット・ゾペティの『いちげんさん』。差別や悪意ではない、見えない区別の意識の犠牲になる主人公。さらには、それを新人賞に選んだ人たちにも作者に対して、その意識が露呈している(これは、当時に文芸評論家の方が指摘していたも

もっとみる

鉄くずと赤褐色の大地

周りには味方のアンドロイドが無残な姿で朽ち果てている、それだけではない敵アンドロイドも同じような姿で転がっている。私たちは姉のエヴァと弟リィンの姉弟アンドロイドとして、この地獄と化した戦場に送られてきた。人間によって。

何百年も前に地球に突如として現れた敵アンドロイドを駆逐するために私たちは、今も戦い続けている。しかし、今日に至るまでに敵の情報については深いところまで分かっていない。何処から来た

もっとみる