技術経営

Day113.通勤したくない

こんばんは。
個人的には未来よりも今、明日が大事です。
でも、未来を考えるお仕事です。

こんな未来に憧れます。
今でもテレワーク、在宅勤務など
取り組んでいるけれども、究極は通勤0。
ハワイにいてもどこにいても、AR/VRで
リアルと同じ感覚でお仕事できる。
これが目指す姿です。

もっとみる

Day110.今夏、1番の本

こんにちは。
今日も甲子園がめっちゃ熱いですね❗️

さて、本日読んだ本の紹介。
めちゃくちゃ面白かったです。
騙されたと思って読んでみて下さい。

小説ではないです。
ゲームのUXを通して人を惹きつける手法を
面白く、楽しく学べるようになっています。

これはどんな人が読んでも楽しめると思います。
詳しくはこちらの読書用のアカウントでnoteしました。

もっとみる

Day108.アンドロゲン不応症とは?

今週読んだ医療系のミステリーで
初めて知った疾患の名前です。
私は知らなかったです。

アンドロゲン不応症
(Androgen Insensitivity Syndrome:AIS)

これなんだ?
と思って自分でも調べてみました。
アンドロゲンは”男性ホルモン”の事。

どういう方かというと
・外見は全く女性。
・女性として育てられます。
でも染色体はXY。

一般的にはXYは男性ですが、そうで

もっとみる

テクノロジー萌え

書名:ザ・テクノロジー マンガでわかる11の最新技術 (NewsPicks Comic)
著者:春夏 アキト , クロウバー
出版社:幻冬舎コミックス
発行日:2019年4月26日
読了日:2019年8月14日
ページ数:213ページ

こんばんは。テクノロジー萌えです。
最新技術に触れるのって楽しいですよね。

私は一応、エンジニアなのでこの辺の技術については
いつも萌え萌えで情報収集していま

もっとみる

Day106.サイコパス

最近は物騒な世の中ですよね。
なんでそんな事するの?
全く理解できない?
それとも理解できますか?

突然ですが
私は、サイコパスでしょうか?
あなたは、サイコパスでしょうか?

実はサイコパスかも?って思わせないサイコパスが
本当に恐ろしいかもしれません。

サイコパスは凶悪犯罪者だけでなくて
一般社会にも潜んでいる。

狡猾、嘘つき、人の痛みを全く理解できない
道徳心なんか知らない、
合理的な

もっとみる

世界の中心でAIをさけぶ

書名:世界の中心でAIをさけぶ
著者:片山恭一
出版社:新潮社
発行日:2019年7月12日
読了日:2019年8月11日
ページ数:208ページ

「世界の中心で愛を叫ぶ」の著者。

🍀感想:よくわからん!

いわゆる人工知能が人を超える
シンギュラリティは宗教であるとの事。
これはどういう捉え方をするかは
人それぞれなので、そういう考え方も
ありのかなと思います。

AIに国境や宗教はないで

もっとみる

Day99.信号機に5G

こんばんは。相変わらず暑いですね。
睡眠の質が下がっているこの頃。

エバンジェリストシリーズは小休止して
表題についてnoteしようかな。

少し調べていたらこんな閣議決定がされていました。

6月14日にIT新戦略を閣議決定。
「自治体が全国に設置している20万8千基の信号機を第5世代(5G)移動通信システムの基地局として活用」
令和7(2025)年度に全国展開を完了。

信号機が基地局となる

もっとみる

Day98.エバンジェリストから学ぶ-2-

こんばんは。

今日は夜、音楽も聴かず、スマホも見ず
夜空を見上げてゆっくり帰ってきました。
なんか星って綺麗ですね。
東京の夜空だけれども、広大な宇宙の中の銀河の太陽系の
地球という中にいる一人の人間。
悩みとかちっぽけだなって思ってきました。

✅プレゼンテーションとは何か

プレゼンは人を動かす事。
そこで人を動かすには

”Perception Change”が必要!

Perceptio

もっとみる

Day94.エバンジェリスト!

こんばんは。
明日は東京会場に行く予定です❗️行く人、もしくは行った人いるかな?!

「伝える」プレゼンから「動かす」プレゼンへ

Microsoftだと”ちょまど”さんが有名(私の中では)。
もちろん、このカリスマエバンジェリストの西脇さんもね!

エバンジェリストってご存知ですか?!

端的に言うと「伝道師」です。
会社の魅力を最大限に伝えるための専門職です。

その企業の商品・サービスを他企

もっとみる

Day90.それできるの?売れるの?文化…

こんばんは。
日本の環境が新規ビジネスが生まれない原因。
最近、ひしひしと感じる…。

①新規ビジネスが生まれない理由

仕事をしていると、新規ビジネスを考えていても
・それはできるの?
・それはちょっと難しいんじゃない?
・そんなにユーザはお金だすの?

まぁ色々なところから突っ込まれる訳です。
(もちろんアイデアがよくない、プレゼンのスキルが低いというのも多分にあるというのは承知しております

もっとみる