不安が募って仕方がない時に読むnote

このブログは、
・大切な人を幸せにしたい人。
・お世話になった人に恩返しがしたい。
・自分の役割を明らかにして、それを人のために役立てたい。
・善き大人になれるように人間力を高めたい。
・人とは違うことをしたい。
・サンタクロースのように与える側に行きたい。与えたい。

そんな人が幸せになれるように書いていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不安。
あなたの不安はどこから来

もっとみる

引き算は『具体的』の続きの話

皆さん、おはようございます。
すっかり梅雨ですね、と思っていたら沖縄はもう梅雨明け・・・早すぎる!

さて、今日は前回書いた『足し算は抽象的、引き算は具体的』の続きのお話です。前回は足し算で中心で、引き算に関してはほぼ触れずに結論だけを示していたので、今回は具体例を交えながら引き算について考えていきたいと思います。

算数や数学の知識はほぼ不要です!
僕自身が文系で、数学を専門的に学んだこともあり

もっとみる

足し算は抽象的、引き算は具体的

皆さん、こんにちは。

皆さんには、普段はあまり気にならないけど、時々「あれって結局何なんだろう」と頭をよぎる謎というか悩みみたいなものありますか。
例えば、「虹の端っこって、どうなっているんだろう」みたいなアレです。

ちなみに虹の端っこはこんな感じらしいです。
ネットで適当に拾った画像なので、真否のほどはわかりません笑

僕がときどき頭をよぎるものはズバリ(何がズバリか分かりませんが)『四則演

もっとみる

抽象的

抽象を表現するにあたって

僕自身が抽象に溺れてしまっている気がする

迷いこむことすら

表現としても

意図しようとも、せずとも

浮遊する片脚の小指は

水をかけずピクピクしている

にんげんにしかできないコト。

こんにちは!プランナーの水野です!
QT by noteの読書リレー、2週目に突入しました。メンバーは、1ヶ月に1回のペースで投稿しているので今月もゆるっと更新していきたいと思います。

今日ご紹介するテーマは、ズバリ「メタ思考」についてです!

少し聞きなれないワードかもしれないですが、俗に言う世の中の「頭の良い人」「才能がある人」「賢い人」なんてワードで括られる人は、大体この考え方を若いうちか

もっとみる

抽象フィルムの先駆者ノーマン・マクラーレン

NoteにはYoutubeやvimeoの動画を貼れるということに今更気がついたのでノーマン・マクラーレンという映像作家を取り上げようと思います。

ノーマン・マクラーレンはスコットランド生まれ、抽象フィルムの先駆者の一人と言える人物で現代の作品にも多大な影響を与えています。このビデオを見ると彼が実験していたアイデアが形を変え今でも使われているのがわかるのではないでしょうか。

マクラレンがアニメー

もっとみる