言語化能力をいかに鍛えるか

僕は自分の言語化能力が人より発達していると思ったことがなかった。作家という自分よりすごい人に囲まれていて、逆立ちしても勝てないと思うことの方が多い。

でも、このブログを毎週、更新するようになり、より多くの人にそのように評してもらうことが増えた。そこで、僕の言語化能力はどのようにして磨かれたのかを振り返ってみた。僕の場合は、学習によるものなので、他の人も模倣できる。

僕の言語化能力、編集者の基礎

もっとみる

「走ること」と「書くこと」

ま、これについては名著があるわけですが、、

やはり、「走ること」と「書くこと」って、相性がいいように思います。

パソコンの前で座りっぱなしで働いていると、まあ、体のいろんな箇所に不具合が生じるのですが(首とか肩こりとか)、正しい姿勢で走ることによって歪みがリセットされるように感じます。

あと、骨って、負荷をかけないとカルシウムを吸収できないそうなんですよね。どんなに牛乳飲んでもお魚食べても。

もっとみる

ブログに「バーニング劇場版」(2019)の感想を書きました!
村上春樹の短編小説「納屋を焼く」を、イ・チャンドン監督が映画化した韓国映画です。
http://aozprapurasu.hatenablog.com/entry/2019/09/16/213434?_ga=2.220312088.1037417569.1568260454-1906099834.1397489967

トーク版
https://radiotalk.jp/talk/176275

ひと探し

羊をめぐる冒険もダンスダンスダンスも人探しをしたり、しようとしたりしてるんだけどさ、読んでる分には「はよ探しはじめなよ」とか思うんだけど、いざ自分が主人公の立場だったらと思うと、わたしも探せないんだよな、断りもなくいきなり消えちゃった恋人探すの、怖いよ
不幸になっていてももちろん悲しいし、なんか幸せになっちゃっててもそれはそれでさあ...って
幸せになっちゃってる失踪した恋人を捜し当ててさ、再会し

もっとみる

村上春樹が描く「孤独と共生」~卒論(75,512文字)公開する~_7

一連の公開済みは村上春樹についてひたすらに長い卒論にまとまっています。

2‐5‐5 弱さ=歪み

四作品を通して、「弱さ」が重要な要素として登場する。これは、『ノルウェイの森』における「歪み」と同様の意味ととれる。

「俺はきちんとした俺自身として君に会いたかったんだ。俺自身の記憶と俺自身の弱さを持った俺自身としてね。君に暗号のような写真を送ったのもそのせいなんだ。もし偶然が君をこの土地に導いて

もっとみる

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

性懲りもなく村上春樹である。

 休日、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を朝食後に読み始めたのだが、なんと1日であっという間に読んでしまった。村上春樹ではおそらく最短記録である。「1Q84」「騎士団長殺し」は少なくとも一月以上はかかっている。Twitterには、この小説について「もしかしたら一番好きかも」なんて書いてしまったが、よくよく考えると、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の

もっとみる

テーマパークで、ひとり(村上春樹風) #旅する日本語 #心安

園内をトンボが飛んでいる。天気が良くテーマパーク日和だ。

老夫婦の旦那さんは僕に言った。
「写真を撮っていただきたいのですが」「写真」
僕はカメラを受け取った。

×××

彼はデジカメの写りを確認した。

「綺麗に撮れているね、ありがとう」僕の制服を見て、「遠足で来ているの?」
僕は首を振った。「修学旅行で来たんです」「修学旅行」

浦安のテーマパークは人でいっぱいだ。やれやれ。
僕は地元の何

もっとみる
スパイスマジックカルカッタ南口のドーサもおいしいです
5

カキフライについて、あるいはこどものバイエル

カキフライは大学時代に好んで食べた。私はカキが好きで、でも生で食べるのは怖く、また学生の身分で気軽にそう何個も買える値段ではないため、消去法として比較的安価なカキフライを食べていた。

大学時代に食べたカキフライの中で一番記憶に残っているのは、駅前のデパートの最上階にあるレストランで食べたものだ。三個ほど皿に載ってやってきたが、大きく、熱く、おいしかった。そのレストランからはその土地で有名な山が展

もっとみる

夢のロジックについて

占いは「夢のロジック」を使っている、と思う。夢のロジックというのは、スティーヴン・キングとか村上春樹とかデヴィッド・リンチとかポール・オースターあたりから学んだもので、多分言葉としてはリンチが言っていたんじゃなかったか。

目が覚めている世界では現実世界の論理や物理法則があり、眠っている夢の中では夢の世界での法則がある。現実世界を物理法則が支配しているように、夢の中の世界も完全なデタラメではなく、

もっとみる