ミヤザキタケルが選ぶ!5月にWOWOWで観たい映画28選

ミヤザキタケルが選ぶ!5月にWOWOWで観たい映画28選

5/11 5/15 5/26
アメリカン・アサシン / マイケル・クエスタ

5/8 5/27
歩いても 歩いても / 是枝裕和

5/10 5/13 5/20
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています / 李闘士男

5/19 5/23 5/30
ウインド・リバー / テイラー・シェリダン

5/6
海よりもまだ深く

もっとみる

樹木希林さんの演技がグッとくる「海よりもまだ深く」

9月15日、女優の樹木希林さんが亡くなった。樹木希林さんと言えば、わたしにとって是枝監督作品の印象が強い。

「万引き家族」「歩いても 歩いても」「そして父になる」「海街diary」……。どれも、本当にその人が存在するかのような自然な演技が大好きだった。

海よりもまだ深く

樹木希林さんが出演する映画のシーンで印象的だったのが、2016年公開の「海よりもまだ深く」。

この映画は、元妻(真木よう

もっとみる

映画『海よりもまだ深く』

映画『海よりもまだ深く』の主人公は、50歳にして「俺は大器晩成型だから」と嘯く自称小説家。
一度、文学賞を獲ったことがあるが、その後は泣かず飛ばず。
新作を書きあげることもできず、「小説の取材のためだ」と、周囲にも自分にも言い訳して探偵事務所で働いている。
妻には愛想を尽かされ離婚し、安アパートで一人暮らし。
一人息子のための養育費の支払いが滞っていて、妻からは「払わないなら月に一度の息子との面会

もっとみる
ありがとうございます!ぜひまた読みにいらしてくださいね
18

大人になれば 56『唐組『秘密の花園』・小沢健二『魔法的』・海よりもまだ深く』

月は人をドキドキさせる。
それが太陽との違い。

少なくともぼくは。
月光はぼくをふらふらと誘う。その気にさせる。
冷たくあしらう。照らす。そこにある。

月の光は太陽の反射だ。
それ自体は何も発さない。熱を持たず、命を生まない。ただ夜を照らす。偽物。レプリカ。擬い物の光。

ぼくは誘われてしまう。まるで夏の蛾がコンビニの誘引灯に集まってしまうように。そういえば、蛾は夜行性のはずなのに何故コンビニ

もっとみる

お金では買えない豊かさ。映画「海よりもまだ深く」

★★★★★(満足度:五つ星)

<あらすじ> かつて小さな文学賞に輝いた売れない作家は、三行半を突きつけられた妻子と再び暮らすことを願っている。“復縁のきっかけ”を画策するが意図しない方向に進んで行ってしまう。

貧乏と貧困は違う。

小説の取材と称して探偵事務所で働いていますが、実際は養育費はもちろん水道光熱費さえ払えない貧乏生活。借金してまでギャンブルをする主人公はその日暮らしの毎日で、家族と

もっとみる

「団地映画」の佳品〜『海よりもまだ深く』

キャッチコピーは「夢見た未来とちがう今を生きる、元家族の物語」。

かつて文学賞を取ったもののその後は鳴かず飛ばずでギャンブル依存症になっている主人公・良多(阿部寛)。いつか団地生活から抜け出せると夢みたけれどこのまま一生を終えそうな母(樹木希林)。幸せな家庭生活を夢見たものの果たせず、良多を見切った元妻(真木よう子)。

そうした大人を見て育ったからか、少年野球のチームに入っている良多の息子(吉

もっとみる

『海よりもまだ深く』を観ました。

なにもない日常や「今」に宿る幸せを、とても丁寧に描いていて、私の中の海よりも深いところが、ぽかぽかと暖かくなりました。

私たちに平等にある「日常」の拾い方が、是枝監督はとってもうまいですよね。1日が24時間しかないというよりも、86400秒もあるよね♪ってゆう肯定的で素敵なとらえ方とでもいいましょうか。

例えば、焼き肉・お寿司・うな重・バーベキュー、最高に美味しい。いつもよりイベント感が増した

もっとみる

「海よりもまだ深く」

原題:
監督:是枝裕和
製作国:日本
製作年・上映時間:2016年 117min
キャスト:阿部寛、樹木希林、真木よう子、池松壮亮

 映画を観る前には先入観無しに作品に触れたい為、意識して情報には触れないにようにしている。観終わって監督のインタヴュー記事を読んだが今一つ響くものが無い、例えば『これまでで一番自然に作ったからだと思います。自然に作るとこうなる。もう、「こんなの映画じゃねえよ」って言

もっとみる

【第468回】『海よりもまだ深く』(是枝裕和/2016)

冒頭、親子2人は団地の狭い一室で会話をしている。親子と言っても樹々希林と阿部寛ではない。母親・淑子(樹々希林)と姉・千奈津(小林聡美)の2人である。娘は台所にどっしりと場所をとったテーブルに座り、ハガキの宛名書きをしている。母親は娘と背中合わせで筑前煮を作っている。親子の距離感はことさら近い。それは団地が狭いことに起因する。やがて母親は筑前煮を作り終えると、テーブルに千奈津と横並びで座る。2人の女

もっとみる